※この話しは過去に書いたものです!
それからこの話しに登場するSatoruは俺の一番古い友人、親友です!!


DSC_1243.JPG
ガキの頃、俺には秘密基地があった。

引っ越しを転々とし、よくばあちゃん家に預けられたが、俺は何処にいても秘密基地を作った。

そんな秘密基地の一つ、そう俺が小学校4年になる頃、転校した時に住んでた家の近くに俺は、秘密基地を作った。

そこは、白い石がたくさん積み込まれていて、その奥に古い建物があった。
そう、そこはロウ石工場だった。

そこのおじさんと俺は、いつしか仲良くなり、その敷地の一角に俺の秘密基地が出来た。

俺は、学校が終わると毎日のようにその秘密基地に行った。

そのロウ石の欠片で、基地の中に絵を書いたり珍しい形のロウ石を集めたりしてた。

ある日、学校の友達が学校が終わってから俺の後をついてくる。

気付いた俺が振り向くと「何時も、何処にいくの?」と聞いてきた。

「いいか、絶対誰にも言うなよ!約束するならついて来いよ!」

と俺が言うと「解った、約束する」と言うので俺の秘密基地にSatoruを案内した。

そして、Satoruと二人だけの秘密基地になった。

そんな秘密基地に、俺は、40年ぶり位にふらっと行ってみた。

父方の婆ちゃんの墓参りのついでに行ってみたけど、もうそこにロウ石工場は無かった。

まあ、墓参りは定期的に行ってたけど
秘密基地に行くのは久し振りで、何故かふっと思い出して、今でもその近くに住む
従姉妹の家からふらっと歩いて行ってみた。

町並みもすっかり変わって、俺は、道に迷いそうになった。

でもね、そのロウ石工場の有った所の空気は、あの時のまま変わらなかった。

その道中の空気もそうだった。

その日は、久し振りにSatoruと会って旨い美酒を呑んで、メシ食って〆にはラーメン食って、想いで話と秘密基地のいきさつなど
話した。


Satoruは未だにあの、ロウ石工場のロウ石を大事に、幾つか持っていて、その中の一つを
今日の記念に俺にくれた。

ロウ石を見るのも久し振りな俺は、めちゃくちゃ嬉しかった。

それから、そのロウ石は俺の宝物になった。大事な。

そうして感動しながら俺とSatoruは、〆のラーメンを食いながら、苦しそうにむせはじめた。

俺も、Satoruもしばらくむせ続けた。
そして俺とSatoruは顔あげて、目に涙を溜めて
両方の鼻の穴から、ラーメンを垂れ流して
声にならない声で「苦しい😣」と言った。


そのあと、思い切りむせて、鼻のラーメンも出して、「ああ、死ぬかと思った!」

とまだ涙目で言ってた。

その後俺も
Satoruも涙目を擦りながら、爆笑😁してた。

ウヒャハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!

そんなSatoruと今でもあまり会うことは出来ないが、ずーっと大事な悪友かつ親友です。

奴に会うと、やっぱり笑顔が生まれる。

男同士の、汚い笑顔だけど。

そんな俺の想いでの秘密基地の話しでした。


くだらない話し、最後までお付き合い
ありがとーございました!😅

終わり



笑顔!!

STA!!

【#笑顔STA日記部】







みんなで南三陸ねぎを応援しょう!!
ApViRVC_Ls.jpeg
J4h9omblzW.jpeg
Wuuc0ocg9o.pngWZyjTF4bkx.jpeg





by
Merryhiro