※この話しは過去に書いたものです!!





遂に、俺の母に、母の目に奇跡が起こった!!

xx1TSccMN2.jpeg
俺の母の事は、俺のブログを読んでくれてる人達は知ってると思いますが、母は糖尿病を患っています。


この8月末の俺が仕事の休みの日に、いつものように、まとめ買いするために買い物に行って家に帰って来て、買って来た物を冷蔵庫に直し終わった時、母が笑いながら「メガネが壊れたよ!」って言った!!

俺があわてて見ると、メガネのフレームが外れてた!!

そう、母は過去に白内障を患ってもうすでに両目の手術も終わってるけど、その頃からメガネを使うようになった。

もう長く使ってたから「近いうちに新しいメガネ、作ろう!」って言ってたけどずっと行けてなかった。

でも、その時はメガネがその一つしかないから、すぐメガネ屋に行った。

そこで新しいメガネを作るために、視力検査をすると、右目は悪くなかったけど、左目が0.1も見えてなかった。

メガネ屋の店員から、「一度眼科受診して下さい」と言われた。

数日後、母の掛かり付けの総合病院の内科受診の日に、眼科受診した。

その結果、左目の視力は0.03と判明し、更に詳しく検査したところ、糖尿病による合併症で網膜症による黄斑浮腫という診断が出た。

簡単に言うと、網膜が腫れているため、視力が落ちてるってことらしい!

この病院ではこれ以上の治療が出来ないため、他の眼科を紹介された。

その時その眼科医は母に笑顔で「又、前のように、見えるようになりたいね!」
って言ったら母がその眼科医に負けない位の笑顔で「はい、見えるようになりたい!!」
って言ってた!!

そして眼科医が「よし、じゃあ頑張りましょう!」ってやっぱり笑顔を絶さなかった。



その紹介された病院は、その眼科医が開業してる病院で、とにかく、右目もそうならないように、両目のレーザー治療が行われた。

この治療は9月に入ってから、なるべく母に負担がかからないように、3回に分けて行われた。

その後、視力の低下している左目に手術が行われた。

手術って言っても、黄班浮腫(網膜の腫れ)を抑えるための注射だけどね!

あっ、もちろん日帰りでね!

その日は他にも手術する人が何人かいて、母の注射そのものは5~10秒位で終わるらしいけど、母が手術室に入ってから出てくるまで、1時間半位掛かった。

左目をガーゼで覆われ、眼帯したまま母は笑顔で俺のほうに戻って来た。

そして、眼科医が「無事に終わりました、今日は風呂に入ったり、顔を洗ったりしないで下さいね、ガーゼ保護、眼帯もそのままで明日の朝9:00に又来て下さい!」ってやっぱり笑顔だった。

だから、俺も母も笑顔で「はい!」って答えて家に帰った。

翌日朝、約束どうり俺と母はその病院に行った。

そしてその眼科医が母の眼帯とガーゼを外した!

「はい、ゆっくり目を開けて下さい!」
って言われて母は目を開けた!

「あっ、ちょっと明るいね!」って母が笑顔で言った。

眼科医がいつものように、目を見る眼鏡台に母を促した。

母の向こうから眼科医が母の目を見て
「右向いて、左向いて、上向いて、下向いて、真っ直ぐ向いて!!  はいいいですよ!」

って言って、眼科医は笑顔で「少し良くなってるね!良かったね!」って言ってくれた!

母は笑顔で「はい!ちょっと見えるよ!」
って喜んでた!

眼科医は「今日は目薬出しますので、又、一週間後に来て下さい、もうちょっと良くなると思いますのでね!」って言ってくれた!

俺と母はもう大喜びで、笑顔弾けてた!

って言ってもね、視力的には0.03から0.07位まで回復した程度だけど、母はそれが嬉しいみたいだね!

_20191005_151843.JPG

やっぱりそれは、笑顔の奇跡だね!!

そして又、今日その眼科受診に行った。

そして眼科医が一言言った!
「もっと見えるようになりたいですか?!!」

母が笑顔で答えた!
「はい、なりたい!」

眼科医が又、笑顔で母に問いかける!

「もう一度、注射して見ますか?!!
やってみないと結果は解りませんが、今より良くなるかも解りません!」

母が笑顔で答えた!

「はい!、やります!」

その母の一言で、眼科医は今後の日程を決めてくれた!


昨日我が阪神タイガースが奇跡のCS進出を果たし、ラグビー日本代表が優勝候補の一角格上のアイルランドに奇跡の勝利を果たしたね!




この笑顔の奇跡はまだまだ続くよ!




今月末に又、新たな笑顔の奇跡起こすよ!











笑顔!!


STA!!




【笑顔STA日記部】










みんなで南三陸ねぎを応援しよう!!
botglDOFx0.jpeg
YoWHPfD19A.jpeg
tZjSpT4gPr.png
fpJhWEMbls.jpeg



by
Merryhiro