無事故で生きている。

米米倶楽部とか、

SMAPを、聴かなければ、そう、在れる。

ドライブかかってる。



まぁ、言うけど、






死んでほしくないひとが、



死んだ。


笑えなかった。

順番がちがう。っても思ったし、

自己犠牲って言葉が、
元カノみたいに、わしにまとわりついた。、、

孤独だった。


笑った。

孤独で、笑えて、笑ってるけど、孤独だった。

笑うことが彼を悼む事になるって、わしは自分を誤魔化した。




あれからも、いつからも、わしは、孤独だって、誰にもいえなかった。


ここに書くことで、楽になれるか、試してるところだけれど。


死んだひとが、いつも、あなたのなかにいますよ、

とかいうのは、ウソだ。

ウソというより、悪だ。

死んだ人は、どこにもいかない。


ただ、焼かれて、骨になって、少し低い土の中に入るだけだ。



彼は、死んだだけなのだ。