亜ぁ、、

明日から何を楽しみに生きていけばいいのか。

この先は、ただ暑いだけのあの忌々しい、『夏』がやってくるのを黙して受け入れるしかないのか。

想像しただけで、やりきれない。