月別アーカイブ / 2017年10月

お米が、ね。
新米が届くまで、は、ね。

サンプルをもらった、なまり節入れて、雑炊にしてん。

まぁ。

まーまー、うまいな。

と、うどん。

適当に作っても、
やはり、わしの料理は、
芯を外さない。

そりゃ、そうか、

こんなもん、誰だって作れるわな。

(曲もそうだけど、)

まあまあうまい。の、、連続だな。

適当に書いても、

それなりにかっこいい。

なんでだ、

なんで、適当に、やるんだろ。

いや、、そうじゃねーだろ。

適当になんかやってねーだろ?

適当にやった風にして、ハードルさげとるだけなんだろ。



なら、これがわしの本気なんか?


そらそーだろ。




こんなもんなんか?


こんなもんなんか。。



そーじゃねーだろ!


本質は、?


本質とは?


ただの言葉だろ、そんなもん。


言葉に縛られて、どーする。


わしは、

十全と、

わしであれば、いいのでは?



わしは、わしを全うしなければ、


え、
なぜ?

『シナケレバ』?


とらわれてる。




うーん。


とらわれてる。









↑このページのトップへ