天草シオンだ。



今日は山林にてロケがあった。


少々長めの休息が訪れし際、
大和と共に付近を散策した。

トレーニングではない。




木々の間を縫って飛び回りし愛らしい鳥を、
存分に眺めるための散歩だ。



辺りは随分寒くて手がかじかんでしまったが、
緑の小鳥とまみえることができた。

高く透明なさえずりがこだましていくさまは耳に美しく、
いつまでも尽きることのない至高の音楽であった。



天草もその音色を真似て声を重ねた。
小鳥と向き合い癒しを得るのは、
我にとって素晴らしきことだ。

久々にそのような時間を過ごせたことを
嬉しく思う。




エンジェルにも心安らぐひと時が訪れんことを。