2018年9月22日、検察庁被害者相談アドバイス通りお店を変えてみてとの事、私も、それは、何よりお店にご迷惑になるので、心がけております。やっと、心身振り絞り子どもの文具が買いに行ける。いつもは、高松市東店に文具は買うのだが、変えて、朝日町の文具専門店にする、暫くし、子どもや私の周りをウロウロが、棚の間から見てくるが誰しもする事、子どもが長年になるとわかるので、「ママ座っとき」と言ってくれる。その場で座る、長引きそうなので、少し早いが卒業生の色紙を座って選ぶ、気に入ったので手に取ると、ウロウロしていた人が、猛スピードで私の手に取ったものを見に来る、という事はレジの支払いで一つ手に取り背後に着くか、後の棚に来て合計でも聞く人がいるんだなと、やっぱり、支払いに行くと、一つ慌てて手に取る人、「ママねもう5年もレジの支払いタイミングで背後に着く人たちがいて苦しくなるほど辛いの」と聞こえるように言うが、ニコニコして、背後にはつかないが、後の棚にいる。
私や、あなたや、誰しもする事。しかし、目的にされる4年半以上は辛い事。

2016年11月13日、夕方、高松市今は無いが今里店、私が店に入るとその人が来る、野菜売り場から、肉、ずっと、店のハシからハシまで私の後について来る。私が取る物取る物見る、私が、おとり捜査の達人ですか?と聞くと、離れたとこから見る。県警本部に相談すると、日々同じ事をする身分を名乗らない人が、買い物観察や、レジの支払い背後につく人が、倍増し、すれ違う観察も増える、誰しも行うワザワザ私を目的とし、身分がわからないのが、それが嫌だと言ってるのだ。身分を名乗らない自由には勝てない。2017年9月17日、pm12:40同じ店、同じ人、私のカゴの中を2回覗き、店を出ていく。その前に別人が私の買い物を一つ取るのをずっと見て店を出る。入れ替わりです。警察庁、警察はそういうところではない。証拠を撮りなさい。令状のない不正のGPSや集団ストーカーを支援する所ではない。
身分を名乗らない人、給金を貰ってるなら仕事の人が身分をだし、世の中の防犯になるのに。結局、2019年1月先月、家の横で子どもといたら、ズット私達がいなくなるのを待つ人がいて、どこか行き、また、私達がいなくなるのを伺うので、私達は長年騷がれたから、不審者だ!と気付き、すると、去る、うちは通報すると知ってるから、そして、ここは学校が目の前にいくつもあり、近くの交番にパトロールをお願いしました。

2014年6月高松北署に相談に行き、録音器具を貸してほしいと伝えると、予算が無いと、断られる。
2014年7月9日am8:45騒ぐ男が家の横で、臭いがせんだけましや。
2014年7月20日pm7:40頃、北署に言いやがって、家族全員一発でやるからな!と叫ぶ。翌日、21日、pm5:45家の近くで、アホアホ!2014年12月3日、子どもが幼稚園から連絡があり早退迎えに行く、家の前の自販機で、騒ぐ男がいない時、同時にくる黒の軽ワゴン。しかし、騒ぐ男がいる時は家に向う前に慌て去る。翌日出かけず、5日夜、高松市屋島ホームセンターで買い物をし、私の車の向いの車が家の前の自販機にタイミングで来る、黒軽ワゴンと気付くと、ハイライトをを照らされる、40秒以上、私がなにかした?でも、誰しも行う事。同年12月14日、騷がれているだけにマスクをして、高松市商店街の靴マートに行く、暫くし男性、2階に行き騷がれてるだけに、その人が来るので1階に下りる、髪右頭に6ミリのホクロ。買い物出来ない。

↑このページのトップへ