〜幸せ運ぶお片づけ〜
毎日の暮らしを
もっと素敵に!もっと楽しく!

整理収納アドバイザー
防災備蓄収納マスタープランナー
金井康子です

昨年末に京都市の防災センターに
行ってきました。

防災の仲間とスケジュールを合わせて
12月26日という年末ギリギリの日程で。

防災センターの「見て、聞いて、体験する」
多彩なプログラムの中を順番に見て回り
ました。

4Dシアターの立体映像では、地下街の浸水
を体験しましたが、雨量の多い集中豪雨など
地下には絶対行ってはならない!と改めて
思います。

消火器コーナーではモニターに映し出された
模擬火災に向かって消火器を噴射します。
意外と簡単に使えるものだと確認できました。
しかし、生涯使うことがないように祈ります。


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2349.JPG

震度体験コーナーでは、震度7の揺れを体験。
久しぶりに震度体験をしてみて…
震度7の揺れが突然来たら、本当に人間は
何にも出来ません。
自分の身を守るのがやっとです。
ただただ揺れが収まるのを祈りながら
待つだけです。

そして最後に、今回私が1番印象に
残ったのが風の体験です。

風速32m/sの強風。

ゴォーーッと、風の音が恐ろしくて💦
想像を絶しました。
恐怖を感じるとしか言いようがありません。
一度機会があれば是非体験してみて下さい。

私達は台風が近づくと、外に出ることはしない
ので、リアルに風を体験すればこんなに恐ろしい
状況になるのだとよくわかります。

風速32m/sの強風でこんなに恐ろしいのに
昨年の千葉県を襲った『令和元年台風15号』
では、最大瞬間風速(日本気象庁)57.5m/sを記録
しています。
電柱が倒れ、鉄柱が倒れ、屋根が吹き飛んで
しまったあの状況です。

2018年に関西を襲った『平成30年台風21号』
では、皆様も記憶に残っているかと思いますが
関空連絡橋にタンカーが衝突したあの時で、
最大瞬間風速(日本気象庁)58.1m/s です。

自然の力に人間は到底かないません。
しかし、事前に備えることで被害を小さくする
事はできるのです。
台風なら事前にわかるので、少しでもモノや
心の準備が出来ますが、地震は突然やってきます。


Md11eyJusJ.jpg

『災害は忘れた頃にやってくる』

だからこそ、日頃から少しでも備えておく
ことが必要なんです。
自分の命を守るために。
家族の命を守るために。

機会があれば、是非体験してみてください。
私達は次回、神戸の防災センターで
津波体験をしてきます。

「京都市民防災センター」

「あべのタスカル」


1月28日は
『防災備蓄収納2級プランナー認定資格講座』
を大阪府中之島図書館で開催いたします。
1日講座で防災をしっかり学んでいただけます。


4月からの防災オリジナル講座では、関西初の
ポリCOOK (ポリ袋クッキング)を開催いたします。
合わせて、防災の正しい知識とともに防災グッズ
もご紹介いたします。

詳しくはホームページから♬