_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4586.JPG



こんにちは。


コスプレが得意なフレンズ、早瀬みるです。








先程Twitterに投稿したので知っている方もいるかもしれませんが、なんだかんだ一番聞かれることが多い楽天カードの件についてお話しようと思います。











皆さんは私が去年このようなツイートをしたのを覚えていますでしょうか?









この1件のせいで私の人権は最下層にまで転落しました。




コスプレを始めて、「あっ、〇〇のコスプレの人ですよね?」って声を掛けてもらうはずだったのに、イベント等参加しても会う人会う人に「うわ楽天カードに落ちた人ですよね?(笑)」と半笑いで話しかけられるようになりました。
コミケのサークルで、会いに来てくださった外国の方に一生懸命覚えてきたカタコトの日本語で「ラクテンカード!ザンネン!」と声をかけられたことは今でも忘れられません。








プライベートでも普通にカードで支払いをした友達がハッとした顔で「あっ…なんかごめん…」と申し訳なさそうに声をかけてくるまでになりました。鬱病になるかと思いました。







まとめサイトでは「コスプレイヤーが楽天カード落ちた件wwwwww」的な悪意丸出しのタイトルで記事が乱投され、勝手に蚊帳の外で「職業として認めてられていない職についてカード審査の対象になるのか」という議論が成されていて、社会問題的な観点で意見を述べる人達で討論が白熱する中「普通に恥ずかしいからやめて」という気持ちでいっぱいでした。









楽天カードに落ちた時あれだけ嘆いてはいたものの、別にそこまでクレジットカードが欲しいと思っていたわけではありませんでした。

ただ、スナイパーや忍者でも受かる楽天カード(笑)に落ちたことで「社会的にメチャクチャ信用に欠ける奴」という烙印を押され、それがただただショックでした。世界中の誰からも信用されていないような気がしました。












そんな私ですが性根から腐ってしまったわけではありませんでした。


私が今年の初めに2017年の抱負として発信したツイートです。






名誉回復のため実は再審査が許されるまでの期間と言われている六ヶ月間をじっと待っていました。

いてもたってもいられなくなり藁にもすがるような思いで道端の盲導犬に募金をしたり、仕事に疲れてそうな人に「肩もみしようか?」と声をかけたりしました。普通に嫌がられました。



過去の反省点やTwitter等で頂いた意見を受け、今回はコスプレイヤーではなく親に養われながら静かに息をしている引きこもりの自分の現状を綴りました。ただのクレジットカードの審査なのにまるで自分の人生をなぞっているかのようで自然と涙が出てきました。







申し込みの翌日、楽天からメールがきました。





















JdYWAXW_47.jpg






落ちました












実は先程のツイートの直後でカード審査を申し込んだので1ヶ月ほど前には結果が分かっていたのですがあまりにも堂々とリベンジを宣言してしまっため、恥ずかしくなって落選したことをなかなか言い出せずにいました。

キャスやTwitterのリプライでキラキラした目で「楽天カード、どうでした?」と私のカードの再チャレンジについて聞いてきて下さる方もたくさんいました。普通に無視をしました。








(ごめんなさい。)










結論
職業がコスプレイヤーとか関係無しに普通に自分の社会的身分が底辺だった説








以上です。







余談ですが実は楽天カードに受かった暁には記念にツイッターのアイコンも変えようと用意していました。

わざわざ楽天カードを画像検索して素材と背景を透過して自分のアイコンに合成しました。


_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5127.PNG


今となってはただのゴミになりました。














私がコスプレイヤーをやめ社会人になった時、今度は1人でこっそり再リベンジをしようと思っています。
 




長文御精読ありがとうございました。






早瀬