みんな、どんなChristmasを過ごしていますか?



私はね



何度も
JESSの写真やムービーを見返しては
「Christmas一緒に過ごしたかったなぁ」って
思わず寂しくなってしまう日でした。



嘘というか、なんて言うか


なんかChristmasだから


今日は変に皆の前で強がるのも嫌で。





今日はJESSに届けたい想いを綴ります。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7544.JPG

JESS

ホンマに天使のよう。

可愛過ぎるよ。



見た目も中身も全てが可愛過ぎた。






君が天国へ逝って今日で10日が経ちました。
 


いま幸せですか?

楽しく遊んでますか?

まぬには会えましたか?

それともまだ私の近くにいるのかな?





私はと言うと。




君がいなくてとっても寂しいです。



君を心配させないように
また、周りにいる大切な人達を心配させないように


どうにかこうにか平然を装うけど


うまく出来ません。



君のいない世界に挫けないよう
心無い言葉に負けないよう


どうにか自分を奮い立たせて、歯を食いしばって
前を向こうと進もうとしているけれど



どうしても君に会いたくて
後悔が消えなくて
情けないけど涙とサヨナラ出来ずにいます。



おかげで私の目は腫れっぱなしです。笑


今日も撮影やったのに。笑




まだ10日しか経っていないのか。   と
ふと思ってしまうほど
君が天国へ逝ってしまってからの時間は
冷たく、残酷で、、、とても長く感じています。




でも心配しないでね。

私は大丈夫。




どうか君には幸せに包まれていて欲しい。


辛い、寂しい、悲しいよりも
この想いが私の1番の強い気持ちです。




私は、君と離れてしまったショックで
なにも上手に出来なくて。

むしろドジってばっかりで。



情けないね。




気が付いたら
君と私との間に愛がなかったと
世間に言われてしまっています。


ごめんね。



でも安心してください。


ちゃんとわかってくれている人もいます。
支えてくれる人もいます。


それに後からでも
気付いてくれた人もいます。



こんな報告しかできないと


君は私を心配して逝くべきところへ
辿り着けないのではないかと不安です。




後悔が残り過ぎている君と過ごした最後の日。





あの日以降はせめて


君のために
どうにかしたいって気持ちが
生き急いで誤解を招いてばっかりです。



ごめんね。



だけどねJESS

君は知ってると思うけど
私この先に何があっても絶対負けない。

支えてくれる人も沢山いる。



どれだけ辛くても苦しくても
これだけは約束する。


君が悲しむような事だけは絶対にしないよ。



だから
君には何も心配しないで欲しいんだ。



これも私の勝手な願いだったらごめんね。



みんなが教えてくれたんだけど
虹の橋🌈って素敵な所があるみたいだね?




そこで待っててね。


必ずそこへ迎えに行けるように

私はこの世でやらなければならない使命を
きちんと果たすと、君に約束します。



そこにはChristmasってあるのかな?


わからないけど
また会えた時は一緒にChristmasも過ごしたいね。


いや、君がいれば
毎日がChristmasみたいなモノだね。





わざわざ言わなくてもわかってると思うけど
伝えたい事は何度でも伝えるよ。



JESSだぁ〜いすき!!



不思議だね。


会えなくなってからも愛は増すばかりです。


そして永遠です。

今もこれからもずっと愛しています。




後悔がどうしても消えないけれど
この後悔は、
あなたを本当に愛している証の傷。





二度と同じ過ちはしないように
そして今迄以上に



毎日に感謝して生きます。





赤ちゃんの君から沢山の事を学びました。
いや、現在進行形で沢山学んでます。




実はね

君の写真やムービーを寂しくて見てはみるけど


まだ、しっかり目をあてられないんだ。




君にどうしても会いたくなってしまって
とてつもなく胸が痛くなるの。



姿形ではなく

君の魂を愛しているはずなのに。




まだ姿形にこだわってしまい
可愛すぎる君に
たまらなく会いたくなって
寂しくなってる私を見てると


君は悲しむのかな?
心配で虹の橋へ行けないのかな?


それが凄く不安です。





でも気持ちは
どれだけ強がってもバレちゃうのかな?   とか



そんな事ばかり考えている私は
君の望む私ではないよねきっと。



でもね

強がりながらやけど、ちゃんと生きてるよ。


それが今私が君に出来る唯一の事。







ごめんね。


誤解を招く私の文章能力は
まだまだ改善されてないね。笑





まとめられないんだ。

伝えたい事があり過ぎて。



でも
今日はこの辺にしておくね。




また君にこうして気持ちを伝えるときには


もう少し安心して聞いてもらえるように
また明日からも頑張ります。



JESS

Merry Christmas。


潤奈より 愛を込めて。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




今日だけは、何かを誰かに伝えるなら
JESSに伝えたかったから。




この続きと言うか


なんで今ここにあえて


気持ちをそのまま書いたかの理由は
また別の日に書くね。




みんなも素敵なクリスマスを過ごしてね。



亡くなったJESSの骨を、ネットで売ってる?



バカバカしい。



これまでは自分自身の事や
自分の経営する会社の事だったから
行き過ぎた発言に対して、
説教も含め言い返してきた部分もあったけれど


今回の件についてはあまりにも
酷過ぎる




もしも私が傷付くと思って
面白おかしく書いているのであれば

全く傷付きません。


もし、本当に今ネット上にある噂を信じて

犬殺し だとか

飼ってた犬の骨を売ってる とか

JESSの死を売名行為に使っている とか

私が最低な人間だと
本気で思って私に書いているのであれば


私から言わせれば
相手にする事が出来ません。


なぜならば

全く私の事を知らない人間
私と関わった事もない人間
人の傷みがわからない人間に

ネット上で事実とはかけ離れた事
1つの大切なをネタにし
しまいには

エルボでチャンピオンになれるよ。
とまでコメントしてきたりなど


面白おかしく騒いでる様にしか
見えないからです。



これは、私とJESSに起こった事だからという
個人感情は抜きにしても


ハッキリ言って 

常識も無ければ、モラルも無い
ただの嫌がらせでしかないです。



私はネットを活かし仕事をしている立場であり
活動を始めて4年ちょっと
ずっとネット上における言葉の暴力に対して
間違っている事は間違っていると
言い続けてるけれど



それを私は今後も
変える気はありません。




JESSの事を本当に心から想い
私を批判しているのであれば

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7464.PNG

こんな、くだらない絵を付けてコメントするか?



私は正直これを見て
何も考えずに面白がっている様にしか見えないし
批判してくるあなた方の暇つぶしにされているとしか思えない。



今迄も色々な誹謗中傷や
単なる暇つぶしにされているな、と思う様な事は
Twitterやツイキャスや掲示板などでも
沢山あったけれども


今回は直接相手にしません。


なぜならばだから。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7465.PNG

↑これらを見ても哀れにしか見えない。

私とJESSしか知らない時間があり
私は責任を持って注意を計らい
大切に愛を持って育てていた。



この場を借りて、胸を張って言います。


失った今も
心からJESSを愛してる。


どれだけ気を付けていても
ダメな事もあると経験させられた。



だからこそ本気で後悔もしている。



それは、JESSを大切にしなかったからではなく

目を開いて息をしてない状態でも病院に連れて行っていれば変わってたのかな?

私のその場の判断ミスだったのかな。

私がパニックにならなかったら助けられたかな?

タイミングが1秒でもズレてくれていれば、こんな事にならなかったのかな。

と、そういう後悔。




でもJESSと過ごした時間で
彼を大切にしていた事に関しては
自信がある。 



ここまでなったから
あえてもう一度だけ書くけれど

あれは紛れもなく
不慮の事故だった。





決して故意的に殺してない。





だから何を騒がれても

その言葉たちに対してはって感覚です。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7467.PNG


誤解があるようだけれど
未だに吹っ切れてなんかないですよ。


あのBLOGに書いた時間は

JESSが死んでしまったという事実を
受け入れられずに、
どうにかまだ生き返らせる事は出来ないかと

探したり考えたり神に祈ってしてしまうほど
私はパニック状態で、酷く取り乱していた。


友人が駆けつけてくれた時間が
事故が起きて、約1時間後だったため
その友人が冷静になれるよう
投げ掛けてくれた愛の言葉で、
ようやく現実に目を当てられたという意味。



文章をよく読んでもいないのか
伝わらなかったのかわからないが


上辺で勝手な解釈で他人を傷付ける。


そして会った事も話した事もない相手の事を
異常なまでに追求し、無駄に知りたがる。





私からすればそれらこそが
命を浅はかに捉えている。



しかもネタにし、騒ぎ立て、
架空の話まででっち上げ

そんな事をしている
あなた方の方がよっぽど 最低だ。




タレントや芸能人
インフルエンサーや配信主

見られる立場の人は
これらに耐えなければならないのか?



スルーすればいい
ブロックすればいい
傷付くならやるな?


ふざけた事を言うんじゃないよ。




TVを通じて発信されること
ネットを通じて発信されること
これらの中には
真実とは違う情報が流されてしまうことがある

それらを中心に飛び交う誹謗中傷
心ない言葉を発信する人間の多くは
相手への興味関心が浅く
起こった事態に対して
愛を持って寄り添うわけでもなければ
知ろうともしていない

無責任に文字にし投げつけ
相手がその言葉を受け取った瞬間
同じ時間、何を想い生きているのか



人として間違っている誹謗中傷をしている人間は
自由に人を傷付け


言われる側が対処するのが
見られる側の当たり前のリスク?


バカげてる。



これは例え話やけど

自分の子供が、
クラスの友達に嫌がらせを言ったら
言った子には注意もせず自由にしなさい。

でも
言われた相手には我慢しろと言ってるのと同じだよ。





相手が誰であろうと
誹謗中傷をする側も
責任を持って言葉を吐くべきだ。



責任がどういうことか、わかる人であれば
自分の目でも見ていない
自分の耳でも聞いていない事に対して
こんな暴言を吐く事はしない。




私は他人を無駄に傷つけない。


だから責任の意味は
あなた達はよりは、常に心得ている。




最後に

心無い誹謗中傷を下さる方々へ


私は今回の件と本気で向き合い
命について本当に改めて考えさせられました。


あなた方が言及するが本気なのであれば
土足で人の心を踏みにじる時間を過ごすのでは無く

限りある命を大切に過ごして生きて欲しいです。




人は誰しも生きていれば
必ず間違いをする生き物。


この私からのメッセージで1人でも
意味のある時間を過ごしてくれる事


本当に間違いに気付き
人の温かみや、幸せを感じて
生きてくれる事を私は心から願います。





突然すぎて


このBLOGを書いて私自身も心の整理をしたいと思います。


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4255.JPG

このウサギちゃんは🐰私が貰いました。




JESSは

来た日に初めてオモチャになった
お気に入りの私の新品パンツ。笑

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3424.JPG

本当に大好きだったなーこれ。
よく抱きしめたり顔を突っ込んで寝てました。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3975.JPG
いっぱい笑わせてくれたねJESS。




それとJAからもらったお友達

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5374.JPG
この子と




れおくんが2年前の私の誕生日にくれた
この

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6105.JPG

ディズニーのタオルが最近お気に入りだったので

この3つを持って今日の朝、天国へ逝きました。




彼との出会いは11月5日

突然


本当に飼うつもりなんてなかったのに
ピーン!と来ちゃって
翌日迎えに来ますと本当に不思議な出会い方をしました。


いま思い返しても
あの日なぜフラッとあのお店に入ったのか
今もわからないけど。   必然だったよね。



そして
JESSとの楽しくて幸せな生活が
始まったのは11月6日から




だから、
一緒に過ごせたのは、たったの39日でした。




あまりにも短過ぎる。



でも、こんなにも辛い。


やっぱり絆や愛は長さじゃないよね。 濃さだよね。



しかも本当は今日12/16は
JESSの4ヶ月の誕生日だったんだ。


1日足らず。


最後のお風呂はバラを飾って🌹入ったこのお風呂
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7051.JPG

お風呂は3回かな。


可愛くて可愛くて。


気持ち良さそうだった。
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4312.PNG
JESSが何かをするのが嬉しくて。


ごはんを食べるのも
お水飲むのも
トコトコ歩くのも
クンクン甘えるのも



たまにヤンチャして私の部屋の中用の
モコモコ靴下を持ち歩いたりするんだけど
大きさが変わらなくて

どっちが運ばれてるのって。笑


全てが可愛くて、愛おしくてたまらなかった。




初めて一緒に寝た日


_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5257.JPG
私は寝たフリだけど
お家に慣れて欲しくて仲良くなりたくて
ゲージ以外でもお昼寝出来るように初めて練習した日


そこからは本当に私にずっと付いて回って
甘えん坊で1人で居られなくて

可愛かった。



このパジャマ
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7290.PNG
JESSが大好きだからこれ着れるだけ着てた。

よく寝るんだこのパジャマを着てると。





楽しかった思い出が沢山あり過ぎて。


JESSには沢山の幸せを貰いました。





そんなJESSは、もう私の元から旅立ってしまった。



「毛は何色になるんだろ〜?」

「ワクチンが終わったらお散歩しようね〜」

「食べれるおやつも増えるんだよ〜」

「どれくらい大きくなるのかな〜?」



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7289.JPG
(↑私の家に来て初めての朝)


って、沢山の楽しみを残したまま。





死因は事故死。


しかも
私の右ひじに、後ろから突っ込んできちゃって。

そのまま苦しむ事もなく
眠るように意識を失ってそのまま。


朝ごはんを食べさせて
久しぶりにinstaのstoryにその様子を乗せたの

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7285.PNG

この後本当に
わずか15分後くらいの出来事。



JESSの食器を洗って
キッチンでタバコを吸いながら
仕事の連絡を返してる間

 

ずーっといつもの様にクンクン言いながら



「かまってよ〜♡」って

チラチラとキッチンの方へ何度も来てて



私も

「はーい♡JESSちょっと待ってね〜♡」と


いつも通り返事をして




手を洗いながらリビングにいるJESSに

「おてて洗ったら、そっち行くよ〜♡」



って言って



手を洗い終えて



リビングのじゅうたんに座った瞬間



私の右ひじに突進して来てぶつかって。

そのまま。






いまだにその、ぶつかってきた感覚が抜けない。




私はパニックなりながらも
さすりながら「大丈夫だよ大丈夫だよ」って言って

 

実家のワンちゃんが
癲癇で発作を起こしてる時に似てたから
動かしちゃダメだ!って思ってその場でさすって。


すぐに目を閉じちゃって。


救急車なんか来てくれないし
TAXIを読んで待って病院行くのは
間に合わないと咄嗟に判断して



息をしなくなったJESSに
人工呼吸と心臓マッサージを40分くらいずっと


「JESSお願い逝かないで」

「お願い。息してお願い。」

「潤奈の声聞こえる?」

「嘘だって言って。もうおふざけやめて。」

って何度も何度も言って。


「ごめんなさい。」と泣き崩れてしまった。



眠ってるようにしか見えないJESSを抱き上げると

もう骨が無いんじゃないかってくらい
力が全く入ってなくて



お母さんに泣いて電話して


FUZIKO姐さんに来てもらって


私は取り乱しまくってたけど
FUZIKO姐さんが冷静に対応してくれて
火葬の手続きとかしてくれました。


そしてFUZIKO姐さんが話してくれた言葉で
もう更に泣いちゃって。

「JESSは寿命だったんだ。最後に大好きな潤奈に見送ってもらえて幸せだったよ。自分で最後を選んだんだよ。」



って言われて。


もう最初は本当にごめんなさい。

って。



すごく気を付けていたのに


まさか
最後が私の右ひじなんて。って
自分の事を責めまくってて。


リビングに来なきゃ良かったとか
1秒タイミングがズレていたらとか


もう後悔しかしてない私に


「体のある最後の1日に後悔して自分を責めてる潤奈を見てJESS喜ばないよ。」って。




そうだよな    って頭では受け入れた。

JESSの死を受け入れた。


事故が起きたのは09:35頃


受け入れられたのは11:00頃




泣きながら電話でお母さんに言われるまま
保冷剤を用意して
JESSの毛布を掛けてその上にJESSを寝かせた。



前は医療ミスだけど18歳の頃
”まぬ”というワンちゃんも2ヶ月足らずしか一緒に居れず天国へ逝ってしまったから
 


だからJESSは本当に
毎日毎日に感謝して、すごく気を付けて、
いろいろ調べて大切にしていたのに。って後悔が
やっぱり消えなくて


ダメだ。  愛を伝えなきゃ。って




情けないけど
ウィスキーをロックで1杯飲んで。







やっと少し力が抜けて


そこから今朝までずっと語りかけてた。



抱いては冷やして。

だんだん硬直していくJESSに本当に涙が止まらなくて。

撫でたりキスしたり。できるだけ沢山。




私必ず毎日何回も言ってた言葉があって

「JESSだ〜〜いすきだよ♡」
「JESS可愛いねぇ♡」


これ必ず言ってたから。


もう何百回言ったかわからないくらい

朝から朝までずっと、沢山語りかけました。



あれが楽しかったね〜♡とか

あの時は本当に笑っちゃったね〜とか

あの時めちゃ可愛かったよ〜〜嬉しかったよ〜


色んな話を本当に22時間くらい。





途中


皮肉にも
JESSが亡くなった昼過ぎに


JESSの為に頼んでいた
おやつやトイレシートやら大量に届いたりね。



未だに玄関から動かせてない。




それも話したよね。

これどうするのー。
トイレシート私が使えばいい?笑  ってさ。


なるべく明るくいつものように

そしていつも以上に愛を伝えまくって。



今朝、火葬をする瞬間までずっと。



最後に、また冷たいJESSにキスをして
ありがとうと言いました。




骨になったJESSは本当に小さくて。



もう涙止まらなかった。

止めるもんでもないしな。






今は部屋の中についJESSを思い浮かべちゃって


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4887.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4346.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4323.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4324.JPG

本当に可愛かったなぁ。




あそこでお人形さんみたいに座ってこっちをよく見つめてたなぁ。とか

キッチンをリビングから覗き込んでたなぁ。とか

あそこで良く寝てたなぁ。とか



正直まだまだ辛くて。



でもJESSから貰ったもの教えて貰った事
絶対に無駄にせず
天国から見てるJESSの為にも
強く生きていなければと。

ちゃんと思ってる。わかってる。



でもねJESS

やっぱり あなたに会いたいよ。


_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7286.JPG

ひざに乗って欲しい


あなたに触れたい


抱きしめたい


ふわふわの可愛いホッペにちゅーしたい


一緒に寝たい


大きな耳を寝かせてシッポを振って甘えて欲しい


声が聞きたい




直接いつもみたいに
「JESSだ〜〜いすきだよ」って言いたい。



でも、もう叶わないね。


いつか会おうね。



それまで潤奈は
あなたにも、まぬにも教えて貰った

毎日に感謝する事。

大切な人を本当に大切にする事。

誰かを愛する事。

伝えるって事を絶対にやめません。



全てが天使だったJESS。
本当にありがとう。






あなたはもう天国で幸せにしてくれてるのかな?

そう願ってるよ。



お散歩に行けなかったけど
天国では沢山あのウサギのような可愛い走り方で
好きなだけ冒険してね。



私が18歳の頃に天国へ逝ってしまった
”まぬ”兄ちゃんに遊んでもらえてたらいいなぁ。







私の待ち受けは

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7282.PNG

ずっとこれだったんだけど

見ると泣いちゃうけど変えないよ。





あとね


本当に変な話なんやけど


JESSが亡くなる3日前から実は私
朝だけ凄く具合悪くて


生まれて一度も鼻血出た事なかったのに


3日連続朝顔を洗うと鼻血出てたの。


それがJESSが天国に逝った次の日
というか今日からピッタリ止まっちゃった。




JESSが持って逝ってくれちゃったのかなって。



小さくて何もわかってないふりして
なんかJESSは全てわかってて
私なんかより全然逞しかったのかもね。





本当に眠っているような顔でした。

笑顔に見えちゃうくらい。


最後の最後まで本当に可愛かった。




沢山の素敵な時間をありがとう。



あまりにも急で


あまりにも短過ぎたけど



これを書いたからには、  私も前へ進むからね。



潤奈の事は心配しないで天国で楽しくすごして下さい。




愛らしい人懐っこい、あなたの事だから
きっと天国でも沢山の方に愛されるだろうね。


寂しがりのJESS。


私もとても寂しいけど、いつか必ず会おうね。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7293.PNG

またこうやって遊ぼうね。

じゃれようね。




出逢ってくれて、

私を選んでくれて、

本当に本当にありがとう。









可愛い可愛いJESS


_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7294.PNG


愛しています。  永遠に。


↑このページのトップへ