残念でならない。

騒音寺の歴史で最も長く濃厚な時期を共に過ごしたドラマー、よく笑い、喧嘩もした。

今、俺は何も言えない。

思うのは、キャリア最後のバンドとして匕首蝮に加入して良かったこと。

サウザーの叩く音色によく合っていたし、なにしろ今までやってきたバンドの中では最も生き生きしたサウザーが見れたから。
 
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2056.JPG
世話になったな。

淋しいけど俺はまだまだこの世で濃厚な時間を過ごさせてもらうよ。

2003年の暮れ、騒音寺は「社会の窓から」を皮切りに「まにぐるま」という新境地に到達できたのもサウザーのおかげ。
 

感謝。安らかに。


またな、サウザー。



なんで死んじまうんだよ。



なべ

↑このページのトップへ