月別アーカイブ / 2007年07月

今日の昼間、ご縁があって、とある韓流ドラマの大スターと握手してきました。
笑顔がめちゃめちゃスウィートで、「なるほど。これが武道館を楽々満員に出来るスターの笑顔か」と深く納得しました。ホント、蕩けてしまいそうなスウィート・スマイルでした。

夜は、下北沢に新しく出来た小劇場「楽園」へ。
ぼくプロデュースの舞台が、明日から日曜まで始まります。
今日はその仕込み。照明&音響チェック。

明日も、朝から劇場入ります。(連ドラ執筆のためにノートパソコン持参で!)
どうか、たくさんの方がいらしてくださいますように。
劇場にてお待ちしています!

連ドラ、7話の構想に入ってます。
さて、どっちの方向に展開していくべきか。。。

悩む。
苦しい。
苦しいけど、でも、ちょっと楽しい。
でも、やっぱり苦しい。
でもでも、この「展開」というやつは、脚本家にとって、唯一無二の領域だったりするわけです。
だからこそ、ここが踏ん張りどころ。

企画コンセプトとか番組タイトルとかキャスティングは、概ねプロデューサーさんの領域だし、一つ一つのシーンに関しては、監督さんとキャストさんの意向が大きく物を言うし。でもね、大きなドラマの「うねり」みたいなものは、やっぱり脚本家のものでありたい。

そんなことを考えつつ、今、うんうん唸っています。
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、「秦が書いてるって感じがするよ」と言われるような、一筋縄では行かないドラマを目指したいです。

久々に、「完投」を目指してます。
途中でクビにならないためにも、とにかく、下手なものは出せません!(笑)

そうそう。ダブル主演の大女優さんに「あんたにかかってるんだからねっ!」と、厳しくも温かい激励を何度もいただきました。「今んとこまでは、面白く書けてるから!」 ありがとうございます。

ドラマは、10月期です。

情報解禁になったら、このブログでも詳細、お伝えします!


ビッグバンドの練習に行く夢をみました。

ぼくは、稽古場の片隅で、顔面筋肉痛になりながら、覚えたてのテナー・サックスで、「枯れ葉」を吹いていました。

と、とてもとても美人のアルト・サックスさんが、テーマを一緒にハモッてくれました。
初心者で、個人練ばかりのぼくの、サックス人生初ハモり。

と、それを見て、なんとなんと、シブいベースのお兄さんが、ぼくらの「枯れ葉」に、ウォーキング・ベースをつけてくれました。

と、それを見て、なんとなんと、粋なドラムのお兄さんが、ブラシでさりげなく入ってきてくれました。

アルトのお姉さんが「アドリブも行け」と目で合図してくれるので、見よう見真似で「アドリブらしきもの」を必死で吹きました。

と、なんとなんとなんと、格好いいトローンボーンのお兄さんたちが、アンサンブルでパッキングを!!!

嗚呼! その時の、気持ちよさといったらもう!!!

皆さん、ライヴが近いのに、初心者のぼくに一曲付き合っていただいて、本当にありがとうございます。優しいったら、ないです。



おっと―――いや、夢なんですけどね(笑)

だって、私、今、連ドラ執筆の真っ最中で、と同時に、自分がプロデュースの舞台の本番が来週に迫っていて、とてもとてもビッグバンドの練習場に遊びに行く余裕なんてありません。
もし本当に行っていたとしたら、かなり問題です。

だから、「夢」です。

久々に、気持ちのいい「夢」を見たのです。

来週も見たいなー。来週はさすがに無理かなー。


↑このページのトップへ