このブログを訪ねてくださった皆様、ありがとうございます。
秦建日子です。はたたけひこ、と読みます。男性です。未だに間違われるので念のため(笑)
舞台の劇作・演出でキャリアをスタートさせ、
テレビドラマや映画のシナリオ・ライターになり、
映像の演出も少しずつ始め、
作詞もし、
小説家にもなりましたが、
ついに映画監督にチャレンジすることになりました。
それも、親戚ひとりいない、まっさらの初めましての街で、映画を撮ることになりました。
なんでそうなったかという経緯はおいおい書きますが、とにかく撮るのです。
シナリオ、私。
監督、私。
相棒は、劇団「秦組」でずっとタッグを組んでいる音楽家の立石一海。
そして、映画制作の経験ゼロの「桑名映画部」。映画部は、2015年の9月1日現在、47人プラスちょっとの冒険好きな老若男女が集まっています。
そう。映画制作というのは冒険です。特に、大きな会社でもなんでもない私たちが、自腹覚悟で映画を作るというのは大冒険です。過去に破産者は何人も出ています。
でも、人生は一度きり。なので私は、出来る冒険はしたいのです。
というわけで、秦と立石と桑名映画部の冒険の記録を、今日からここで新しく「期間限定ブログ」として始めます。
このブログの最終回は、映画が無事完成して、日本中で公開され、原作小説もヒットし(小説も書きます)、DVD になり、そしてどこか大きな会社が放映権や配信権を買ってくれ、出資してくださった皆様に利子をつけてお金を返せることが確定する日の予定です。もちろん、映画が何らかの理由でクラッシュして多額の赤字だけが残ることが確定してしまう可能性もあります。そうは絶対にしませんが。でも、まあ、人生何が起きるかわかりません。その赤字を全部背負って私は破産……そういう最終回の可能性もゼロではありません。そういうリスクを引っ括めて、映画『クハナ!』の制作ブログを、これから不定期に更新していきたいと思います。
※たまに、全然関係ないことも書きます。
※『アンフェア』シリーズ原作、「刑事 雪平夏見シリーズ」の最新刊『アンフェアな国』、全国の書店で絶賛発売中です。お見かけの際はぜひ手に取ってみてください……とか。

01-825x510