秦組「らん」の一般発売日が迫ってきました。
4/1(金)です。

まだ余震が完全に収まったわけでもなく、
福島原発は危機を増しているかのようにも見えますし、
被災地の艱難辛苦を思うと、とても胸が痛みます。

が、それでも、小説家は小説を書き、シナリオライターはシナリオを書き、演劇人は公演を打たなくてはと思っています。
こういう時だからこそ、自分の仕事をしなければと思っております。

大勢の方に観ていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。