賛否両論あると思いますが私の意見を書かせてもらいます。

最近ネットニュースで話題になったりしてますが、9/1に子供の自殺が多かったり
いじめで殺害や自殺などあったりしています。

私が思うのは、
中学校という凄く小さい社会さえ我慢すれば高校、大学、そして本当の社会と言う無限大の可能性や解放、楽しさが待ってるのに、凄く悲しい気持ちになります。

でも分かるんです、私も耐えられなくて死を考えたことがあるので。

尚更、中学生は感受性が強いし今はネット社会だし。

私の時は、
イジメとはまた違うかもしれませんが
中学の時にも高校の時にも『鬱病』になっています。

中学一年生まで天才てれびくんで活動させてもらって、中学二年生で昼ドラのこどもの事情に出させてもい、
そこから芸能界の休業をさせてもらいました。


中学1年の夏、父親が病死したのにも関わらず、目の前で亡くなってるのを見てるのにも関わらず、
本当に死にたくて死にたくて仕方ないと思ったことが沢山あります。

私も感受性が強いので尚更な所もあると思いますが。でも1番辛いのは、この辛いことを誰にも相談できなかったことです。

どんなに年を取っても、
思い出させないようにしてるだけで、嫌だったことや辛かったことは消えないです。

今日は避けてきた過去や、中学生失格の後の話も書きたいと思います。


私が生きる中で死にたくなった出来事は大まかに分けて3つあります。
まず一つ目の話をします。

私の中学校には『他校生との恋愛禁止』という規則がありました。
中学1年の冬、それを破って他校生の彼氏を作りました。
そして学校には相談室という教室があります。私は自分の他に他校生に彼氏を作ってる友達と一緒に軽い気持ちで相談室に入って恋愛相談をしました。

あーした、こーした、とかたわいもない恋愛トークだったのですが翌日には全担任、学年主任、生徒指導などすべての先生に会議でなのか話をされていました。

ここがまず始めに学校や大人に対する人間不信になったところです。

今考えれば社会ではこういうのは多いかもしれません。
例えば、私がマネージャーに『事務所をやめたい』と伝えれば、翌日にはゼネラルマネージャーなどの耳には入ってると思うんです。

でも、この時の私は相談室の先生に凄く不信感を抱きました。
こっちは信用して相談したのに。
なんのための相談室なのか。
全くわけが分かりませんでした。


その翌日に私と、一緒に相談室に行った他校生に彼氏がいる友達は別々で先生に呼び出されました。

ここで違ったのが扱い。
友達は『一応規則では付き合ってはいけないので、はやく別れてくださいね。』としか言われず、その後
『で、橋本さんなのですがどれくらいの頻度で会っているのですか?』
と聞かれたそうです。

理由は芸能界に入っていて特殊だから、というのと、下品なのですが彼氏と頻繁に会っているから果たしてどこまで済ましてるのか。という理由です。

私は差別されてるように感じました。

『スキャンダルされたらどうするんですか?』
『会う時交通事故に会ったらどうするんですか?』
『彼氏さんもあまり評判はよくないみたいですし・・・』

私レベルがスキャンダルされてフライデーとかに載ると思いますか?芸能界の何を知ってるんですか?
評判は良くないって・・・、学校もちゃんと行って部活もちゃんと頑張ってるのに?上履き踏み潰しただけで評判が悪いんですか?悪いの基準てなんですか?

もう頭にははてなマークが沢山ありました。


でも先生の立場になったらまた変わってくるんですよね。
規則は規則、守らせなければいけないものだし忙しい中私の問題を解決しなくてはいけない。




雑誌の撮影でメイククレンジングがちゃんと出来てなくて、マスカラ落とせなくて学校行けば呼び出され、
テストには仕事が入って先生から『テストがあるって分かってるんだからNG取ってください』と言われ、、NGって言ったよ、でもNGの日がNGなんだもん!!みたいな(笑)

学業と芸能界の両立は完全に自分の中では厳しいことでした。
だから自分の中で、芸能界を続けるなら東京へ。続けないなら地元で。と区別をつけなきゃいけないけれど、
それもそうそう簡単にできる話ではないので。


部活でもジャージのチャックを開けていいのは中3だけという中学独特のルールを知らず、
すぐ目をつけられたり、嫌味を言われたり、調子に乗ってると思われたり、それで部活を辞めたりと、
この小さい社会で生きていかなければいけないことに嫌気が差していました。

この小さい田舎の片隅にあるこの更に小さい中学で3年間過ごすのが凄く苦痛で、毎日毎日先輩に何か言われないかビクビクしてたりもしました。

それと彼氏のことが重なって学校へ対する反発や強くならなきゃいけないと思って変わりました。

状況は全く違いますが、イジメはずっとビクビクしてしまうと思います。
その中に、諦めもあると思うんです。
打破したくてもやっぱり180度自分が変わらなきゃ打破出来ないんです。
でもその変わることが凄く凄く難しいんです。




その後になりますが、二つ目。
この時は14歳の頃で芸能界も辞めて、
清純派から何故こんなに変わったのかとネットで叩かれていました。
世間でいう不良やDQNになっている時です。

ネットの叩きもそうですが、
一番信用していた当時の親友が
私があまり連絡出来なかったという理由で、私の一番嫌いだった子に私が相談してた全てのことを話したりしていました。

また彼氏のブログが私のアンチで荒らされたり、電話番号晒されたり、家族ともうまくいかないばかりで

ネットの叩き、人間関係、彼氏のブログ、無言電話、親のことが全て重なりここで初めて鬱病になりました。

精神科に行き、薬を出され、
週一の無意味なカウンセリング。

私の抱えてるものはどれも話してスッキリする話じゃないのに、本人達と話さなきゃ時間が経たなきゃ解決しないのに。
ネットなんてこうなった自分が悪いんだからどうすることもできないのに。

ただただ無力な自分が悔しくて悔しくて。友達にもネットにも怯えて、寝れたと思えば無言電話が沢山来て。
もう芸能人でもなんでもないのに、元芸能人ってだけでここまで叩かれるなんて分からなかったし、
その時に改めて自分が築き上げてきた芸能のものを知ったり、沢山ファンがいるということを思いました。
(余談ですが、実際自分ではどのくらい知名度があって、人気があって、など客観視出来ないので全く分かりません。)


私の鬱は感情コントロールが出来なくなったり、ひたすらポケーとしてたり、自分でもこれが鬱なのかなんなのか全く分からない状態でした。

死に感して凄く軽く感じてて、
生きてることが苦痛なのかも分からず
親や親戚に止められながらも死ねないのに二階から飛び降りたら死ねるのかと思って飛び降りようとしたりもしました。

これが怖いところなんです。
今は死に対する恐怖どころか、病気とかにもなりたくないしって思うのに
この時は全く何も思わないんですね。

この『今』が辛いのかも分からないし、
泣いても解決しないから涙も出ないし
感覚が完全に麻痺している状態なんです。


死にたいのかもわからないし、
環境に流されてるのかもしれないし。


一人になりたい、そっとしておいてほしいのに、親はやはり凄く心配してくれる。
難しいことに、その心配がありがた迷惑でまたストレスを溜める。

親が目を離してる間に飛び降りてるかもしれないし、親からしたら不安で不安でたまらないのに、私は一人になりたい。
死なないから一人にしてって何度も叫んだりしてました。

この頃はもう自分も、精神的にも全く何が何だか分からない状態ですよね。


鬱っていうのは自覚症状が全くなかったので(思い込みもあると思うのですが)
いつ鬱になってていつ鬱じゃないかわからないんです。
鬱と言われたけど、言われただけで実は鬱ではないかもしれないしって今でも思います。


私はなんで死のうとしてるのか、
今の現状から逃げたいから死にたいのか、
それすらもよく分かりません。

でも全ての考えが変わった今は、
あのくだらない環境に命を投げるのがアホらしいと思うんです。
あんなにしんどかったのに。もう無の状態だったのに。
なのにあの環境のために死ぬとか『ww』って自分で思うんです。


不思議ですよね。
自傷行為でリストカットをしてる人が多いと思います。
理由はそれぞれあると思います。

私は一度、心配されたい、生きてる実感が欲しいという理由でリストカットに興味を持ちました。

したけど痛かったので血が出る前の擦ってる状態でやめました。(笑)
生きてる実感はよく分からなかったけど、リスカというか腕を傷つけたことにより彼氏などから心配されたかったです。

でもこれも今思えば
あんな男のためによく自分の身体傷つけたなー。とか、
男に振り回されるより男を振り回すべきだよなー。とか
凄く思考が変わるんです。

恋愛なんて何度もするのだから。



それからも中学三年に上がって、
私がいないときに学校の先生は朝のHRで『入試もあると思うし、高校入りたい人は橋本さんは近づかないこと』と言われたり、どっちみち学校へ登校しても一人だし、ただただ日が過ぎていくのを待ちました。


イジメがありました→親に言います
親に言ったら親はどうゆう対応をするのか。
学校に連絡します、教育委員会に連絡します。
生徒呼び出して話聞きます。とかで解決かと思ってるのか。

そうじゃないんですよね。

親に言えないのは
心配かけたくないから
言ったら先がどうなるか分かるから
だから言いたくないし言えないんです。



先生に言います→生徒呼び出します
           ↓
様子見ます

先生の解決したい気持ちはあっても悪化の可能性もあるんですよね。
解決法がやはり分からない先生も沢山いると思うんですよね。じゃれあいなのか、イジメなのか。

先生も学校という小さい社会で生きているから、先生同士のイジメも中にはある訳で、先生の中でも優れてる先生や見て見ぬフリをする先生などいろんな先生がいると思います。
仕事と言えど先生という肩書き、自分のプライベート、生徒のことや部活や担当教科。沢山のことに追われてどれも削ることってきっと凄く難しいと思います。


ではイジメの解決法ってなんなのか。
多分ないんじゃないのかな。
自分も周りも変わらない限り。

ママ友でもイジメもあるとニュースになってました。親の年齢になってもこういうのは続いていくのかと思います。

幼稚園でも、小学校でも、中学生でも、高校でも、そして社会でも。
少なくなっていっても無くなること自体は厳しいと思うんです。
そしたら止める勇気が大切になってくるんですよね。


もうこれは人間の動物的本能なのではないのか。と思ってきます。




ここの中学三年までの生活は中学生失格にも書いてあると思いますが、書かれていないその後の話。高校の話や状況の話ですね。


ここで三つ目です。
やっと中学という小さい社会から解放され、高校は自由のきく定時制に入りました。

私はその時、ブログをやっているのと、元芸能人ということと、目立っているから という理由で先輩にすぐ目をつけられました。

目をつけた理由は『オリエーテーションにガンつけたら(睨んだから)』という理由で。
私、オリエーテーション出てないし・・・と思いながら、とりあえず私を懲らしめたい気持ちでいっぱいなんだな、と思いつつ。

そこからも気にせず普通に学校へ向かって帰るときには先輩が10人駅で待ってる。

こんな漫画みたいなことがあるんですね。


はー、またビクビクしなきゃいけない。でも強くいなきゃ。という変な葛藤もありました。

地元へ帰れば『ガンつけたこと謝らないでムカつくから今から家に行く』とか。

もう家族にも迷惑かけたくないし、
高校からリセットしようとしていたのにこのざま。


ここで中学から一番仲よかった先輩が私を裏切って懲らしめようとしてくる先輩に寝返っていたこと。
住所も教える、やっちゃおーぜー!とか言ってる。
一番信用していた人が私の全てを相手に話してるのが悲しくて悔しくて仕方ありませんでした。


そこから何故私は不良になったのか
なぜ我慢して我慢して『普通』でいられなかったのか
そもそも 普通 とはなんなのか
普通にしてても目をつけられてしまってたのではないか
色々なことを考えてここで再び鬱病になりました。


自ら先輩のところに出向けば10人待ってる。喧嘩するならタイマン(1vs1)でと言えばタイマンは嫌だ、やるなら10vs1と言ってくる。
上の先輩に連絡したら、何故連絡するの!?一人じゃ何も出来ないの!?と言ってくる。

世間から見ればDQNの戯れごとなんだと思いますが、私は完全にイジメと捉えました。


素直にすみませんでした、と謝れば
翌日には何事もなかったようにブログに載ってたあの化粧品やっぱりいいの!?とか言ってくる。



この理不尽で理不尽で理不尽で・・・
地元独特の変な社会にも嫌気を差してたし、そこにいる自分が一番嫌だし。
このまま自分がここにいても自分が一番ダメになるということに気がついて

親にも言わず、友達にも言わず
私は番号など全て変えて
全てをリセットしたくて東京へ家出をしました。


これは考えてたのかも分からないです。
やり直したい、人生をやり直したいと必死で考えることすら出来なかったです。
もう思考がずっと停止してるんです。

私の中にまた誰かがいて、
その人が勝手に色々やってくれてるような、
そんな感じなくらい感覚も感情も思考も麻痺していました。



結局私がおかしかったのか、
周りがおかしかったのか、
環境がおかしかったのか。

何がこうさせて何がどうなったのか
色々な糸が交差しすぎて
何が正解で不正解かも分からないし
そもそも正解なんてあるのだろうか。



私は完全に崩れてました。
ひたすら、ただひたすら
環境のせいにして、周りのせいにして、
私は何もしてないのにこのおかしい理不尽な世界に本当に悔しさを感じました。

この精神が崩壊した数年間、
傷ついた数年間、本当に勿体無くて悔しくて悔しくて仕方ないと思いました。

でも、それがあるからどん底まで落ちたから、這い上がれたんです。

思い出したら悔しくて仕方ないのに嬉しい気持ちもあるって何故か不思議ですよね。




でも不思議なのは高校に入ってからは、
中学と違って自殺を考えなかったこと。

死にたい、消えたい、と思っても自殺をしたいとは思わなかったこと。

何故なのかは分からないけど、ニュースでも高校生の自殺より中学生の自殺の方が多い気がします。


私はあのまま自分を押し殺して芸能界をしているのも死ぬほど嫌だったし、
こういうことになったことにも死ぬほど後悔しました。


分からないことだらけなんです。



私は嫌なことから逃げたのか、
リセットをしたのか。

世間からは逃げたって思われるのか、
リセットしたと思われるのか。

それが分かるのは未来なんです。
逃げようがリセットしようが
その後の行動が大切なんです。



数年経った今は驚くほど死に対しての恐怖が強く、健康体でいたい気持ちが強くあります。

コンビニ弁当やマックばかり食べてた中学時代から、
今はオーガニックや自炊に変わってたり。


全ての呪縛から解き放たれてから
人にも優しくできるし、
家族にも優しくできるし、
毎日が楽しいんです。


また不思議なことに、
当時一番嫌いだった友達が親友になったりするんです。




振り返って思うのは、
私はずっと私をやり直したかったんだ、ということ。
いつでもいつでもリセットしたい。

若いうちならなんでも出来るって若い時に沢山言われてきたけど、
限界だってある訳だし大人の言うことは信用ならない。

全てが全てなんでも出来るかと言われればそうではないかもしれませんが、少なからず私は自分の限界までやってきたつもりでいます。



そしてやはり思うのは
傷ついた傷はずっと残ること。
身体の傷も残るかもしれないけれど、
心の傷の方がずっと残ります。

何をしようとしても過去が襲ってきたり、今でも悔しいことを考えたら足がすくんでしまったり。

すごく昔の小学校や幼稚園で嫌な思いをしたこともずっと覚えてます。

私はこの出来事は墓場まで忘れないと思います。

でも、
過去は過去であって今ではなくて。

何もかも時間が解決してくれると言うけど、解決してくれないものもある。

起きたことは起きたことなんです。



中学という小さい小さい社会で
先生も信用できない、親にも言えない
友達も信用出来ない、死にたい死にたい。

高校という小さい社会でリセットしたい。リセット出来ない。

栃木という小さい町を出て
都会に言って次こそリセットしたい。
今までの私を捨てたい。


私は許されたかったのか、
好きに生きたかったのか、
分からないけどこのくだらないルールとかイジメとか人間とか、全て嫌だったんです。



全てを踏まえて私が学んだことは
大人になるにつれ、イジメが『好き・嫌い』に分かれていく。
私があの子嫌いだからいじめよう、とはならないんですよね。
君はあの子苦手かもしれないけど、私はあの子好きなんだよねってなるんです。
かと言ってそこからのイジメもあるのかといえば、大人になれば無くなっていくんですね。
付き合う人間を選ぶというのも大切です。
八方美人な人が多い気がしますしね。
八方美人は良い悪いさておき、
人間関係が上手いとも思います。

そしていい年してもイジメをしてる人は
確実に孤立して皆から見捨てられます。




そして人間不信で学んだのは
人間同士の程よい距離。
近すぎず遠すぎず、自分も損をしない。
そんな関係です。



でも振り返っても1番しんどかったのは
感受性が強いせいか中学生の頃。

中学という小さな小さな社会を抜ければ
少し楽になります。
高校というまた小さい社会に入れば
環境も変わります。
それでもダメなら自分が変わるしかないんです。
強さも大事。




忘れないで欲しいのは、
今そうやって悩んでるのは自分だけじゃないこと。
他にも同じような悩みで悩んでる人は沢山いること。
自分だけって思わないこと。

下がって下がってどん底に落ちたら
あとはもう上がることしか出来ないんです。

今テレビでニコニコしてる人達も
中には昔は色々あった方々も沢山います。

自分だけじゃない。
乗り越えれば本当に自由になれるんです。



死を考えているなら
死の前に何かを行動してほしい。

もう何が何だか分からないくらい、
昔の私みたいに死を軽く捉えて死のうとしてるなら
無駄に経つ時間の前に、
図書館へ行ってみてください。
趣味を探してみてください。
視野広げてみてください。



今の私は少なくとも
ONE PIECEや銀魂が完結するまでと
モンハンやFPSのシリーズが出続ける限り
絶対死にたくありません。



長くなりましたね。
見てくれてどうもありがとうございました。





皆、頑張れ。