1匹の犬が僕に尋ねた
どうして人間は争ったりするのワン 僕はまだ答えられなかった
まだってことは大人になれば答えられるのかと言われたら大人もわからない
犬さん達は争ったりしないのかなあ 争うというよりも争われてる人間に
僕は犬さんが好き いつもそばにいてくれるから ママもそばにいてくれるから大好き
人間は自分にとって都合がいいか悪いかで判断する最低の生き物だ

1匹の猫が僕に尋ねた
どうして人間は人をバカにしたりするのニャー 僕はまだ答えを知らない
まだってことはいずれ答えを知る時が来るのかと言われたらわからない
人はプライドで出来ている 誰かを見下したりすることで体が出来上がっていく
そうやって子供から大人に 大人からの大人になっていくにつれて溜まっていく
溜まったプライドというのはなかなか放出されず みるみる塗り固められる
しかし自分で固めたつもりでも周りから見れば剥げ落ちていたり 真っ黒に汚れている
それに気がつかないまま大人と呼ばれる子供が生まれる ギャーギャーうるさいのは汚れた大人になってしまったのかもしれない

1人の丸山さんが僕に尋ねた
どうして丸山は仕事してないの 僕はまじで知らない
まじってことは本気と書いてもいいし書かなくてもいいのかと言われたらわからない
丸山はなにもしてない 働く意欲はある でも人が怖くて踏み出せない おい丸山
お前は犬と猫どっちが好きだ 両方好きか なるほどなるほど
お前が見ている世界ってのは1%にも満たない まだ知らないことばかりだ
犬や猫が教えてくれた人間に対しての目線 つまり角度を変えてみろってことだ
お前は真っ直ぐにしか光がないと思ってるだろ 他に光が漏れてる場所があるだろ
左見たり 穴掘ってみたり 空高く飛んでみろ まだ見たことない景色があるだろ
だから丸山もうすこし もうすこしだけ頑張ってみないか
お前がみた景色 僕まだみたことないから今度教えてね 約束だよ