月別アーカイブ / 2016年03月

チケットノルマがあって騙された!!
なんて話をたまに聞きます。

さてこれどうなんでしょう。
例えば初めて舞台に立つ子なんかがその後暴露します!!って感じでSNSに流したりするのですが、なぜそんなもの(チケットノルマ)があるのかお伝えします。

ネームバリューがある劇団、有名人でもノルマがつきます。
目に見える場合と、または目に見えないノルマがあり、この人ならだい大体800以上は見込めるだろう。
といった具合に試算して制作さんが席をコントロールしてくれてます。

さて専門学校なんかの公演。
生徒が主役、集客力未知すぎるでしょう笑 

試算が出来なきゃ赤字まっしぐらです。この世界において演技力=強さではなく、集客力=強さになるので、まず、どれくらいの人をあつめられるだけのカリスマがあるか分からないうちはチケットノルマがつきます。

だけどももはやこれ詐欺だろ!ってやり方をする場所も確かにあります。
だからそう言った人達は大声で批判していい。いくらに対していくらのキックバックが設定されているかも記載してください。 後実際に集めた数。

下手でも観に行きたい人っていますよね。
それが集客力であり、需要なのです。

演技力=需要
これだけで考えている人は挫折を味わいやすいのできをつけましょう。


毎年、ここ毎年、3月11日が近付くと思い出す。

波の音を聞いただけで過呼吸を起こした子、静かに抱き合う学生達。

 
 僕には、どうしても許せない事がある。


 プロデュースしたなかで先に釘を刺していたにもかかわらず、芸術を謳って本番に勝手にアイドルの曲中に津波の映像を流し込んだ雇い主。

 全く関係も心も無いのに、チャリティーと銘打てばステータスに繋がると勘違いした主催者。

 被災地を想って描いたなどといいながら中身のない、被災地を背負えば誰もがヒーローになれると勘違いした表現者。


人の死、壊滅、混沌を笠に着て自身の利を一方的に得ようとした人間は確かに、それも多く存在した。


僕は忘れない。


↑このページのトップへ