先日のお話。

タクシーに乗った時に息子がおもちゃをなくしてしまいました。

息子いわく、シートベルトの穴の所に入ったと。

指の先くらいのすごく小さいおもちゃで、
きっと他人からするとゴミみたいなものなんだけど、息子がけっこう大事にしてるのをわかってたから、iPhoneのライトで照らしたりして、私なりに探してみたけど、全く見つからない。

そんな時、今まで寡黙だった運転手さんが、
「車をお止めしたら、僕が椅子の下を上げてお探ししますので。 もし、それでも見つからなければ、今日洗車するので、隅々までお探しして、見つかれば、忘れ物センターに届けておきますね」 と言って下さいました。

めちゃくちゃありがたい。 けど、一生懸命探してもらって見つかったおもちゃが、指の先くらいのゴミみたいなおもちゃだった時の申し訳なさったらないな。と思い、
「いえ!大丈夫です!また買えばいいし、すごく小さいおもちゃなので」 と言うと、

「いえ、それでもお子様の大切にされているおもちゃですので。椅子も全部上げれば見つかると思いますので!」 と運転手さん。

そして、目的地に到着して、本当に椅子を全部上げて、椅子の下に収納されているハシゴや荷物の間を必死で探して下さる運転手さん。

でもなかなか見つからない。

本当に申し訳なくて、
「あの…もう、本当に大丈夫です😣」と言いかけたその時、

椅子の1番下にコロンと落ちていた、ちっちゃーいおもちゃ。いや、むしろよくそんな所まで落ちたな。というくらいの場所から登場。

と同時に「あったーーー!!!よかったーーー!!!お子様喜んでいただけますね!!」と、今まですごく大人しい雰囲気だった運転手さんが、私よりも大興奮して喜んでくれて。

多分私よりもはるかに若い男性でしたが、
こんな温かい人がいるんだなぁと泣きそうなくらい感動。

人の対応って、本当に人それぞれだなと思いました

彼から接客や人の心の大切な部分を学ばせてもらった気がします。


なんか、とても感動したので、残しておきたかったお話でした

_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8785.JPG












instagram follow me♡

FROM FIRST Musee WEB STORE