月別アーカイブ / 2017年08月


8月になりました‼️
春名風花ちゃん(かわいい)が出演する
「バルバトス」の本番が
近づいてきましたようっ✨


「セイラム魔女裁判」という
実際にあったことを
元にした舞台なんだけど、
難しいので予備知識を書いておきますね✨

【セイラム魔女裁判とは】

現在のアメリカ合衆国ニューイングランド地方のマサチューセッツ州セイラム村(現在のダンバース)で1692年3月1日にはじまる一連の裁判をいう。 200名近い村人が魔女として告発され、19名が処刑され、1名が拷問中に圧死、5名が獄死した。無実とされる人々が次々と告発され、裁判にかけられたその経緯は、集団心理の暴走の例として引用されることが多い。(※Wikipediaより)



ひゃー
怖いねぇーーーー( ´ཫ` )

大勢の人間に集団で
「あいつは悪い奴だ」
と言われてしまうって、
こういうことなんだよね。

最初はほんの1人の
些細な勘違いや
小さな悪意のイタズラが
面白おかしく噂になって

疑いの目で見ているうちに
よく知らない人まで
だんだん、そんな気になってきて

「言われてみれば昔から怪しかった」
「あの人が悪い事をしているのを見た」
とか、言い出して
妄想や想像や思いこみで
いろいろなエピソードの尾ひれが
雪だるま式にふくらんで

「どこそこに書いてあったから正しい」
「みんながそう言ってたから正しい」と、
人から人へ噂が回るうちに
どんどんと証拠が捏造されて
噂が信ぴょう性を増していく。

スマイリーキクチさんの事件とか、痴漢冤罪とか、ネットリンチとか・・・

「1人の人間の信用」は
「集団の噂」の前には
あまりにも無力なんだ、と思わされてしまいます。

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

この裁判では約200人の人が悪魔だと言われ
そのうち20名ほどの人が、無罪の訴え虚しく
命を奪われました。

それを扇動した
魔女狩り少女たちの中心となった
アビゲイルは、わずか11歳ーーー
日本で言うと小学4年くらい?の
少女だったそうです
ヒィィィィィィィィィィィィィィィィィ😱
(さすがにちょとアレだからかバルバトスではもう少し年齢あがってるよん)

そこに明確な悪意があったのか?
それとも本人にもどうしようもない
集団ヒステリーだったのか?
真実は分かっていないけど、
結果的にこの少女たちの訴えによって
人々が大量に処刑台に送られたことは事実。
もう、資料をいろいろ見れば見るほど

おいどっちが悪魔だよ💢
おまえが悪魔じゃないのかよ💢

って思います・・・



ぼくの役それなんですけどもね笑笑

(   ˙˘˙   )ハハッ


www
嫌いにならないでねー‼️


まぁ考えようによっちゃ
それだけ村人を動かせるって事は
たぶん相当、魅力的な少女だったわけで

かわいいぼくにはぴったりの役ですね

tT11Scb5G_.jpg
( ´∀`)フハハハハ

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

まぁ、それはさておき
かなり難しいです😖


でもでもオッ
まったく理解出来ない人間を
演じる事ができたら
きっと成長できるはず・・・


さぁ、今すぐここ↓から
チケットを予約してねぇ

魅力的に演じてやろうじゃーないの👍✨

虜に‼️虜にしてくれるわ‼️‼️みにくるがよろし‼️‼️‼️笑笑




ふうこ✧(・`ω・´)b

何でだろ・・・
朝からTwitterでいろいろ書いているのに
お仕事の原稿が一行も書けていません

なんでなんでー
仕事とか、宿題ってなると
なんでこんなに筆が重くなるんだろう
ねーーー😢

はあぁ
_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5693.JPG

一行も原稿書けてないけど
もう舞台稽古行かなくちゃなので
行ってきます。笑笑

うっわあああぁぁ
カミナリすごい‼️⚡⚡☔⚡

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

明日とあさっては収録‼️

こんなにすごい人がたくさんいる世界で
細々と、16年間も途切れずに
お仕事がいただけていることが
本当に本当に嬉しいです。
この先どうなるかは
まったく分からないけれど、
いつまでもいつまでも

このお仕事が出来ていたらイイなあ・・・‼️

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

ではでは、稽古行ってきまーす
zhuAhqwqtj.jpg

あれ???

関係ないけど、

そういえば、ぼく芝居の中で彼氏出来たことなくない??www


おおおおお・・・

お芝居の中でも
リア充になれていない・・・

こんなに長年お仕事してるのに・・・

仕事の中でも彼氏出来てないなんてどういうことなの?!(´Д⊂ヽビェェェン


ふうこ  ☂ヽ、`ヽ、



ふうこヽ`、ヽ`☂o(・ω・。)`ヽ、`ヽ、



↑このページのトップへ