ウェディングドレスブランド『ビアンカローザ』2010年9月展示会が東京で行われました。
今回で5回目の発表作品となります。



展示会場には、大きなタペストリーポスターが貼られ、
写真のようなブースにドレスが並べられます。

営業・販売はデザイナー契約をさせて頂いているドレスメーカーさんにお任せしておりますので、
展示会会期中、ずっと立ち会っている訳ではないのですが、
新作ドレスの様子が気になるので展示会場に行き、それと他ブランドさんのドレスを拝見して勉強してきます。

今回も素敵なドレスが沢山展示されていて、本当に勉強になりました。
展示会を見終わった後、ドレスのデザインや素材の傾向などをメーカーの担当者さんと話し合って
次回の発表のヒントを得て来ました。
ブライダル業界だけに身を置いている立場ではないので、
私にとってこうした機会は大変貴重な時間です。

一つの事だけを専門的に行う立場であると、専門性は高まり易いのですが、
私の様に異業種であるモデル業との両立となりますと、新しい風という意味ではその相乗効果が期待出来る反面、
専門性を身につけるのに少し時間を要してしまいます。
手探り状態で始めたデザインのお仕事も、メーカーの方に教えて頂いたり、専門学校などで得た知識で補って、ようやく思う様に把握出来る様になりました。
何をするにも、時間をかけて焦らずに取り組む事が大切なんですね。
また、幾つになっても、新しい事を初めるのに遅い事はないのだと実感しました。

石の上にも三年ってよく言いますけど、あながち間違いとは言えませんね(笑)
昔の方はよく言ったものですね。

さて,ドレスの一部をご紹介します。

総レースのドレス。
バックスタイルは華やかです。



私はドレスに限らず、相反するものとのバランスの中でうまれるものが好きです。
このドレスは、正面は総レースのシンプルなラインのスカートで清楚でクラシカルなイメージ。
バックスタイルは華やかなボリュームを持たせ、
レースを施した大きなリボンとトレーンをあしらって洗練された豪華さのあるドレスにしています。

大人キュートなボリュームドレス。
ボリューム感のあるバックスタイル。
二次会にはミニスタイルも素敵です。


大人の女性の優雅さとキュートさを併せ持ったドレスを作りたくてデザインしたドレスです。

優雅な女性が無邪気に笑う。
そんな姿が美しい。

のでは???と、自分の憧れを投影したドレスでもあります(笑)
大輪の花に包まれたようなたおやかな幸福感と、ミニスカートの持つ溌剌でキュートな幸福感。
厳かな挙式と二次会でのイメージチェンジや、披露宴のお色直しでのイメージチエェンジに
オススメさせていただきたい一着です。(同じデザインでカラードレスもあります)

作っているときは、このような感じでイメージの世界で妄想?想像?しています。
花嫁様への夢は膨らむばかりです。

今回の発表作も多くの花嫁の方のお手元に届きますことを願って。。。

春香