肌寒く感じるなと思ったら、もう10月も終盤。
日々の早さに戸惑いさえも感じますね。
時間だけが過ぎているのに、私は何も変わっていないような…

経験だけが糧になるのだとしたら、そんな私にもひとつ成し遂げたことがありました。
今年4月号からミセスで連載させて頂いた『春香さんのきもの入門』。
毎号、お着物選びから参加して、取材に伺い、撮影で着こなし、原稿を書くという
とっても充実の内容でした。
最初、本当に私が好みでお着物を選んでもいいのかなとか、
私が帯や小物をコーディネートしてもいいのかなと、
誌面で初めてのスタイリング参加に自分自身がたよりなく思うこともありましたが、
ミセス編集部の方、きものをご提供下さっている『銀座もとじ』の方々に助けて頂きながら
毎号連載を進めて行くことが出来ました。
また、毎号取材先のお店では、ご丁寧な説明をして下さり、とっても勉強になりました。
普段あまり勉強(予習)しない私も、取材前には資料を読み、現場でお話を聞く。
そのスタイルも本当に新鮮で、学ぶことは楽しいことだと改めて気づいたりしました。

連載に関わって下さった皆様には、本当に感謝しております。
この場をおかりしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

一通りきものにについて学び、12月でこの連載は終了しますので、
原稿書きも今月で終了となります。
そう思うと、いつも向っているパソコンにさえも感慨深くなるものですね。
文字数を調整するために、いつも原稿用紙(笑)
こんな感じで書いていました!

12月号、宜しかったらご覧になって下さいね。
(発売はもう少し先になります)

先日、舞台鑑賞へ。『奇跡の人』
初演の時から、いつも観たいなと思いつつ見過ごしてきてしまった舞台。
ようやく観れました。しかも前から4列目という見やすいお席でした。
10代の女優さんも出演されていて、純粋に若いって素晴らしいなと。
久しぶりに目の当たりにした溌剌さに、元気づけられたり。
内容にはもちろん感動しきりで、隣の友人と泣いてきました。
最後は立たずにはいられない感動に包まれ、会場は観客総立ちです。
観客総立ちの舞台は、日本ではそうありません。
ブロードウェイとかだと、終わった瞬間、当たり前のように皆さんが立たれますが、
日本ではあまりそういう会場に居合わせたことが無かったから感動も増します。
そして、出演者の方の多くが感極まって泣かれていたから、そこにも感動。
演劇以上のリアルな感情が伝わって来て、胸打たれました。
取り繕わず一生懸命に舞台に向き合っている方々なんでしょうね。
素敵な時間を与えてくれて感謝ですね♪




手作りお持たせ。
今回はシュークリームを作りました♪
最近、もっぱら手作り派な私は、
友人宅の食事にお招き頂いたお礼にデザートをお土産にしています。
子どもはホイップクリームが大好き♪

シュークリームって、
ダブルクリーム派(カスタードと生クリームは別)と、
そうじゃない派(名前が思いつきません…いわゆる、最初から二つのクリームをあわせたもの)
がいますよね(笑)
私の好みは前者かしら…食べてしまえば同じなのですが、別々の方が楽しい気がして(笑)
ですので、個人的な見解から両方用意して、箱に詰めてお持ちしました。

子どもたちは、やっぱりダブルがお好きみたいです♪
喜んでくれたので嬉しい限りです。
今度は何を作ろうかしらね。そういうことを考えるのも楽しい年頃です。

さて、10月も最終週。
頑張りましょう!!

春香