明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって良き一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

新しい一年の始まり、いかがお過ごしでしょうか?
もうお仕事が始まった方も多くいらっしゃることと思います。

2012年の始まりを東京の自宅で迎えました。
結婚後は毎年夫婦どちらかの実家へ帰省していたので、東京で過ごしたのは久しぶりです。

いつもと変わらない環境の中、産まれたばかりの娘と一緒に家族3人で迎えたお正月。
たいそう感慨深いものになりました。
その後、両親も孫の顔を見に上京。
数日間一緒に過ごし温かいお正月となりました。



妊娠中にお正月用にと書いた書道をリビングに飾っています。
娘がまだお腹にいる間に、幸せを願い記念になるように書いたものです。
『瑞鳳飛来』と書いてあります。

今年は、いつも年賀状デザインを御願いしているデザイナーさんのすすめもあって、
お世話になった方々へのご挨拶の年賀状にも書を取り入れてみました。

一日一日と変わる環境、心、肉体・・・
決して同じ一日はなく、あらゆるものが変化し続けています。
書道はその瞬間の奇跡の証であり、ありのままの姿。
だから大切にしたいものであり、自らを振り返る材料となります。

今、一日一日を成長し、目まぐるしく変化していく娘と一緒に時間を過ごす中、
書道とは違い、存在の瞬間を形に残せないからこそ心に留めておくこと、
記憶に鮮明に刻み込むことの大切さを改めて実感しています。

娘の未来を見つめて過ごしていくこれからの時間。
その一年が新たに始まった2012年。

どんな一年になるのか楽しみです。

もちろん、お仕事も楽しみながら頑張るのが今年の目標です。
今年もどうぞ宜しく御願い致します。

春香