月別アーカイブ / 2009年10月



肌寒く感じるなと思ったら、もう10月も終盤。
日々の早さに戸惑いさえも感じますね。
時間だけが過ぎているのに、私は何も変わっていないような…

経験だけが糧になるのだとしたら、そんな私にもひとつ成し遂げたことがありました。
今年4月号からミセスで連載させて頂いた『春香さんのきもの入門』。
毎号、お着物選びから参加して、取材に伺い、撮影で着こなし、原稿を書くという
とっても充実の内容でした。
最初、本当に私が好みでお着物を選んでもいいのかなとか、
私が帯や小物をコーディネートしてもいいのかなと、
誌面で初めてのスタイリング参加に自分自身がたよりなく思うこともありましたが、
ミセス編集部の方、きものをご提供下さっている『銀座もとじ』の方々に助けて頂きながら
毎号連載を進めて行くことが出来ました。
また、毎号取材先のお店では、ご丁寧な説明をして下さり、とっても勉強になりました。
普段あまり勉強(予習)しない私も、取材前には資料を読み、現場でお話を聞く。
そのスタイルも本当に新鮮で、学ぶことは楽しいことだと改めて気づいたりしました。

連載に関わって下さった皆様には、本当に感謝しております。
この場をおかりしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

一通りきものにについて学び、12月でこの連載は終了しますので、
原稿書きも今月で終了となります。
そう思うと、いつも向っているパソコンにさえも感慨深くなるものですね。
文字数を調整するために、いつも原稿用紙(笑)
こんな感じで書いていました!

12月号、宜しかったらご覧になって下さいね。
(発売はもう少し先になります)

先日、舞台鑑賞へ。『奇跡の人』
初演の時から、いつも観たいなと思いつつ見過ごしてきてしまった舞台。
ようやく観れました。しかも前から4列目という見やすいお席でした。
10代の女優さんも出演されていて、純粋に若いって素晴らしいなと。
久しぶりに目の当たりにした溌剌さに、元気づけられたり。
内容にはもちろん感動しきりで、隣の友人と泣いてきました。
最後は立たずにはいられない感動に包まれ、会場は観客総立ちです。
観客総立ちの舞台は、日本ではそうありません。
ブロードウェイとかだと、終わった瞬間、当たり前のように皆さんが立たれますが、
日本ではあまりそういう会場に居合わせたことが無かったから感動も増します。
そして、出演者の方の多くが感極まって泣かれていたから、そこにも感動。
演劇以上のリアルな感情が伝わって来て、胸打たれました。
取り繕わず一生懸命に舞台に向き合っている方々なんでしょうね。
素敵な時間を与えてくれて感謝ですね♪




手作りお持たせ。
今回はシュークリームを作りました♪
最近、もっぱら手作り派な私は、
友人宅の食事にお招き頂いたお礼にデザートをお土産にしています。
子どもはホイップクリームが大好き♪

シュークリームって、
ダブルクリーム派(カスタードと生クリームは別)と、
そうじゃない派(名前が思いつきません…いわゆる、最初から二つのクリームをあわせたもの)
がいますよね(笑)
私の好みは前者かしら…食べてしまえば同じなのですが、別々の方が楽しい気がして(笑)
ですので、個人的な見解から両方用意して、箱に詰めてお持ちしました。

子どもたちは、やっぱりダブルがお好きみたいです♪
喜んでくれたので嬉しい限りです。
今度は何を作ろうかしらね。そういうことを考えるのも楽しい年頃です。

さて、10月も最終週。
頑張りましょう!!

春香

兼六園にて。


今年の秋は、金沢を訪ねる機会に恵まれました。
金沢では初めて21世紀美術館へ行き、大人気の横尾忠則展を鑑賞してきました。
そして、兼六園にもいき、和の空間に浸ってきました。

金沢といったら、ロケ地としての想い出が沢山。
意図した訳では無いのですが、いつかのロケコースをそのまま辿っていました(笑)
兼六園、ひがし茶屋街、加賀温泉まで足を伸ばして旅館「無可有」。

中から見る光景。
ひがし茶屋街の入り口。
加賀棒茶のセット.


歩き疲れたら、すぐ休憩して、お茶を頂いていました。
どこに行っても風情があるので、まったりした気分になりますね。




そして、今回のお土産は九谷焼です。
年齢的になのでしょうか。最近は和の器も気になり始め、すこしずつ揃えています。
この旅でも素敵な器を見つました。
お茶碗は縦長のフォルムが手にちょうど良く、カラーも明るいので食事の度に気分が盛り上がります(笑)
大皿は、何をのせても豪華に見える!!ので、最近、我が家の食卓の中心を飾っています。


秋の味覚。銀杏、栗、松茸。
梅酒と梅の実



加賀温泉では、建築家・竹山聖さんの建築による「無可有」へ。
実は、ここもロケで訪ねたことがあり、懐かしい場所。
当時と変わらない素敵な雰囲気で、ゆっくり安ませていただきました。
秋の味覚を満喫し、緑に包まれて清々しい時間を過ごしました。

館内には、原研哉さんの作品がありました。
其所にあることは知らず、偶然だったのですが、初めて拝見できて良かったです。
「白」って本をお書きになられていて、サイン本を持っているのが唯一の自慢です(笑)

ここでのお土産は、自家製梅酒と梅の実。
旅館の多くは、自家製の梅酒があります。
これも、旅館のひそかな楽しみのひとつ。梅酒好きとしてはお土産に選びました。

また、敷地内にある茶室でご主人がお茶をたてて下さりました。
が、学生時代に少しだけ習ったはずの作法は忘却の彼方…
ダメですね…いつか学ばなければと、また目標が出来てしまいました!!

そして、朝、ヨガのレクチャーがあり、参加してみたりもしました。
が、低血圧の私は朝からヨガをすると、クラクラしてしまいます。。。
よく、朝ヨガは気持ちいいし、身体にも美容にも良いと言われるのですが、
私には無理だったのかな…と、少し意気消沈なことも。

帰りは、空港までの道すがら、魯山人の寓居跡へ。
ずっと魯山人に憧れている私は、ちょっと興奮しましたね。
そして、どうしたら近づけるのだろうかと、しばし遠くを見つめることに。

遠くを見るより、目の前にあることですよね。
と、自己完結して、また日々を迎えています。

皆さん、秋の思い出は作りましたか?
素敵な秋をお過ごし下さい。

春香



気がつけば10月も中旬。
お元気ですか?

私は、日中は変わらず撮影や打ち合せをし、夜は出掛けたり、なんだかバタバタしておりました。
色々なことがあったので、どれをどのようにお伝えさせていただこうかと思っています。

広告撮影では、秋の彩りに溢れたお花を頂きました。
定期的に撮影されるカネボウ化粧品の広告。
毎回スタッフの方が素敵なお花を贈って下さります。
いつも季節を感じるお花。
このお花は、抱えた時にふわっと甘い香りが漂って来ました。
不思議と秋の甘さをたたえた香りに、とてもいい気持ちになりました。
まさに癒しですね。今は自宅のリビングを華やかにしてくれています!!




今回もご好評いただいております、ディノスのコラボレーション。
皆さま、本当に本当にありがとうございます。
先日、遅ればせながら、コメント動画もアップされました。
http://www.dinos.co.jp/c3/005062185/1a2/
http://www.youtube.com/watch?v=tqLYaJJHwoI (You Tube)
いつもは、音の無い私(笑)
動画ですから、音あり、動きありの映像となっています。
慣れないコメント撮りなのですが、全てアドリブ&一回撮影という久々の緊張。
自分自身見直してみますと、反省点は多々ありますが、
商品の良さと楽しい撮影の雰囲気がお届け出来ればいいなと感じています。
よかったら、ご覧になって下さい。




秋の色をもう一枚。
これは、ミセス11月号のおきもの連載です。
この差し込む日差し、この着物の色が本当に素敵だと思い、写真からも秋を感じています。
実際に着用したのは夏頃。この頃は、このきものに今ほど秋らしさを実感していませんでした。
今、秋の空気に身を包まれていると改めて秋らしさを感じるから不思議なものです。
視覚だけでなく、肌を伝う秋があってこそのこの感覚。大切に感じ取りたいものです。

先週は、何故かギターづいていた私。
お誘いを受け、パット・マルティーノさんのライブに出掛け、
また、渡辺香津美さんのライブにも出掛けてきました。
ライブで生の演奏をお聴きするのは初めてで、お誘いを受けなければお二人のライブの素晴らしさを知らないで一生を終えるところでした(笑)
ギターを自由に操る男性は魅力的に映りますね。
繊細であろう指の動きや、まるで身体の一部のようにさえみえるギターとそれを構えた自然な雰囲気など、
本当に憧れます。
特に何かを生み出す手に惹かれる私にはとても良い刺激になりました。

私も、自分の手に馴染む何かを見つけたいものです。
今、欲しいものは、何かを生み出す手。そう改めて実感した日でもありました。

また、お便りします。

春香

↑このページのトップへ