月別アーカイブ / 2009年07月



今日も、夏の盛り。
ついに、これまた禁断の抹茶フラペチーノ(byスタバ)に手をだしてしまいました。。。
どうして禁断かは、ご想像の通りです。。。

久しぶり、一年ぶりに口にしたら、甘〜くて美味しいですね♪
まず最初に一気に飲んで、ストローで吸い込む時に、これって顔の筋肉使っている…
頬のシェイプアップね…って、自分に言い聞かせて、後は,ゆっくり。
抹茶、クリームそれぞれの本来の味を堪能しつつ、抹茶とクリームとの絡みの配分を調整して、
幾通りかの味を楽しみました。
この夏、最初で最後ということで(笑)
私の夏は終わった…そんな、私的なご報告。

さてさて、ちょっと書いた書作品を飾ろうと表装に出していたものが届きました。
数ヶ月前に書いていたので、実は、少し忘れかけていたのですが、
取り出してみたら、なんだか意味深な熟語が現れて、思わず、笑ってしまいました。

「走馬看花」
物事を急いで慌ただしく、大雑把にしか観察せず、理解の程度が浅いこと
「雲中白鶴」
雲間を優雅に飛翔する白鶴のイメージから、品性の優れた高貴な人物・婦人をさす

上は、まさに私のこと???と思い当たる節、多いにありです。
下は、まさに憧れと言わんばかりの意味を持っています。

当時、なぜその言葉を選んだのか、単に深く考えていなかっただけなのかもしれませんが、
直感的に選んでいたものでした。
こうして冷静にみると、急に意味を持ち始めてしまった言葉と、書。
そこにたくされた想いは、重すぎます、、、(ギャグではないです)

当初、飾るはずでしたが、夏の暑さのせいか、私の今の気分ではなく、
しばしの鑑賞期間を得て、お蔵入りになりそうです。
お蔵は、私の場合ミニストレージですが。。。
冷暖房完備で湿度もなく、書の保存には適しているのです。
また、数年したら、三十三歳の成長の記録として懐かしみたいと思います。

新しく、何か創作しようかな。。。
今度は飾りたくなるものを。。。
この夏の記憶に。。。

春香

人様のお肉で夏を乗り切る…


こんばんは。
子どもたちも夏休みに入り、すっかり夏モード全開ですね。

いきなりのお肉写真。
過日に見たものです(笑)
200gだったような…トッピングのガーリックスライスとレモンスライスがなんとも美味しそうで!!
これを目にしたら夏を乗り切れそうな、そんな絵ですよね。

といっても、これは私が食したものではなく、
あまりにも美味しそうだったので、お隣から失礼して他人様のお肉を撮影(笑)

私は、80gのミニサイズをいただきました。
以前にもお話ししたかもしれませんが、以前はお肉をほとんど口にしなかったのですが、
最近食べられる様になり、ついには人様の分まで美味しそうと思うようになり、
人の成長?進化?はなんだか面白いものです。

さて、今日は、来月発表のドレスの打ち合せをしてました。
まだ未発表なのでお写真はお見せ出来ませんが、
とっても素敵な仕上がりに、気分が良いです。
もちろん、展示会までに修正を加えなけらばならない箇所もありますが、
展示会当日にはなんとか間にあいそうです。
製作する過程の中で、最初のデザイン画から少しずつ変化したりもするのですが、
最後はきちんと想い描いていた最善の終着点に到達するから、実に楽しいものです。
また、一緒にお仕事させて頂いているビアンカローザスタッフの方のアイデア、
縫製スタッフの方の最高の技術も、ドレスを最高のものへ導いてくれています。

最後のチェックは、もちろん自分で試着。
モデルだからかもしれませんが、自分自身で着用すると本当に良く分かるのですよね。
私のこだわりは華のあるデザイン+動いたときのシルエット+着心地です。

8月発表の次は2月の発表が決まっています。
そろそろ、そちらのデザインだしも始めないとです、、、次はどんなドレスにしようかしら。

打ち合せ後、次の約束迄に時間があったので、代官山のカフェでお茶&夜ゴハン。
其処は数年前、かれこれ9年くらい前、一生に一度だけ(笑)
それも、少しだけ出演させて頂いた映画のロケ場所。
そんな懐かしいカフェで過ごしました。

その頃のこと思い出して、その時間経過の早さに少し感慨深くなったりと、
とたんに精神的に忙しい一日。
昔のことでも、けっこう覚えているものですね。
大事な撮影日の数日前に,別の撮影で右足を剥離骨折したため、座りシーンでしたが、
足を引きずりながら撮影現場に向ったこと。
等身大の私でいいからって、衣装が私物のコーディネートだったこと…etc

人は、どんなに強がっても過去の記憶や想い出と共に生きるのだなとしみじみ。
未来に向う人生を後押しするのは過去なのかもしれないと、また、しみじみ。

そして、そんな中、手にしていたのは宮本輝さんの「骸骨ビルの庭」。
まだ,読み始めたばかりです。
本の一気読みもしますが、この読みかけの期待感と
いつも心のどこかで本のことを気にかけているひとりにんまり感が好きなので、
たらたらと読みたいと思います。

それでは、またお便りします。

春香




日本列島も南の方から、徐々に梅雨が明けてきましたね。
この梅雨はレインブーツが大活躍。
街でも、女性たちの足下はレインブーツが目立っていましたものね。
レインブーツ…言い換えれば、ただの長靴。
これだけ長靴が支持される時代がやってくるとは思いもよらず、
いい時代の到来に感謝した梅雨でした。

7月、待ちに待った季節。
2月に発表させていただいたウェディングドレスのレンタルショップへの入荷が始まりました。
そこで、『ビアンカローザ』を全ラインナップ取り扱っている「アンケリーブライズ」へ。
お店はお洒落な街、自由が丘にあります。http://www.annekelly.jp/
以前、自由が丘周辺に住んでいたことがあるので、私にとっては居心地の良い懐かしい街。

初めて訪ねたお店は、とっても素敵な外観。
店内には優しい気分でくつろぎながらドレスを見られる空間が広がっています。

店長さんとウェディングドレスへの情熱を語り、
またビアンカローザのウェディングドレスにまつわるお話しをしていただきながら
ちょっとうるうるして…感激したり。

少しだけ、お話しさせていただきますね。
挙式控えた花嫁さまが、お母様と一緒にドレスを探されていて、
色々なお店で試着をしていたのですが、なかなかしっくりくるドレスに出逢えなかったとのこと。
そんな時、こちらのお店でビアンカローザを試着して下さったそう。
試着室からドレスを纏って鏡の前に立った娘さんのお姿を見て、お母様が感激の涙を流されたそうです。

そんな嬉しいお話しに、とっても感動しました。
そして、選んで下さったドレスは、私が自分の披露宴で着用したものと同じデザイン。
そのことも、嬉しかった。。。
同じドレスを着て、一緒に一歩を歩み始めた女性としての見えない繋がり。
その繋がりに、幸せを感じました。

写真を通じて、人の心と繋がり、
ウェディングドレスを通じて、人の心や、大げさかもしれませんが、人生とも繋がる。
そんな仕事に携わることが出来て、とっても有り難いと感じ、
人間ひとりひとりの人の心をとてつもなく尊いと感じます。

また、他にもドレスを着て下さった方からの手紙を拝見させていただき、さらに感激。
デザインした私に寄せて下さった温かいメッセージにも感謝です。
この場をおかりして、お礼を申し上げます。

今度はお店の前にあるカフェでお茶をしましょう!!と、店長さんとお約束してお別れしてきました。
お店の前のカフェも、自由が丘っぽくって素敵でした!!


バックスタイルが魅力的なドレス
大きな鏡の前で試着した姿をチェック出来ます。
色々なドレスが揃っています



また来月8月に,新作の発表も控えています。
来週のサンプルチェック、どんな仕上がりになっているのかとても楽しみです。
また、ご報告しますね。

春香

新宿駅西口


新宿駅西口。
新宿の街はもちろん、その場所自体がとっても好きではありますが、
こうして駅西口すぐ近くのビルの上層階から眺めると、新宿駅の景色に圧巻です。
今さらですが、駅の構造に感激です。
そうですね、ロータリーあたり、感動ものです。

この写真を写したのは、数年前に西口すぐ傍らに建てられました、モード学園のビルの上層階。

ちょうど今月から掲載されています、レリアンの広告撮影のロケ地です。
あの鳥の巣のような個性的な外観のビル。
建設途中から不思議な外観デザインが目を引きずっと気になっていたものの、
学園関係者でないと入れないだろうと諦めていたのですが、
ロケ場所となり、内心ワクワクしながら足を踏み入れたのでした。

洒落た内装デザインはもちろん素敵で、ここで学ぶ学生さんが羨ましいくらい。
高層ビルですから、景色も最高でした。
私だったら外ばっかり眺めて、きっと授業に身が入らないことでしょうね。

広告に使用されている場所の景色も、「ここは何処?」って思うくらい。
http://www.leilian.jp/
ご覧になってニューヨークあたりと間違えて下さると、嬉しいです(笑)

撮影のため、普段行かないような場所に行くことは多いのですが、
ここは行けて良かった場所のひとつ。

新宿バンザイ!!ですね。

春香

↑このページのトップへ