月別アーカイブ / 2008年03月

桜の匂いの香しい春ですね。

この度、皆様にご報告があります。

一昨日3月29日に入籍致しました。
お相手は作家として活動している平野啓一郎さんです。

これから、お互いに支え合いながら歩んでいこうと思っておりますので、
どうか末永くお見守り下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お祝いのお言葉を贈って下さった皆様、どうもありがとうございます。
とってもとっても嬉しかったです。


春香

私、ようやく歌舞伎座デビューしました。
いつか歌舞伎を観てみたい,いつか歌舞伎座に一歩でいいから足を踏み入れてみたいと、
長きにわたり焦がれ続けていたそのデビューの瞬間。
先日、遅ればせながらも実現した次第です。

今さらで,本当に恐縮ですが、歌舞伎座って素晴らしい建造物なんですね。
もちろん新しいホールも豪華で洗練されていて、なかなか素敵ですが、
歌舞伎座ほど人々の気を染み込ませた劇場はそうそうないですものね。
こればかりは、どれだけ近代的で素晴らしい劇場でも太刀打ちできないなぁ、と改めて感じました。
歴代の役者さんの魂や汗、それを観ていた数知れずの観客の心を劇場が吸い込むためには、
時間という人間の技術では創造できないものが必要不可欠ですからね。
初めて身を置いたそこは、本当に気高くて、崇高な場所である気がしてなりませんでした。

お席は、なんと花道のそば。
手が届きそうなほど近くをお通りになる歌舞伎役者さんの一挙一動に釘付けでした。
そして、専門用語でどのように表現するのか分からないのですが・・・、
目だけ動かすあの演技には大感激。
真っ白くお化粧されたお顔の中、ちょっと血走った白目に囲まれて、
ぎらりと輝きながら意思を持って動くその黒目は鳥肌がたつほど魅力的でした。

また男性の役者方の美しい女形の演技には、女である私さえも「女」を感じました。
女性らしい仕草や、身のこなしは優雅の極致。
それらは、努力して身につけるものなんだなと、しばし反省モードにさえなりました(笑)
女性の美しさに(本当は男性ですが。。。)惚れ惚れするこの快感はなかなか良いものです。
美しいものを目の当たりにすると、本当にテンションが上がります。
また、時間を見つけて歌舞伎鑑賞を楽しもうと心に決めた、デビューでした。

いよいよ桜の開花の頃。
新しい季節が始まるのですね。
楽しみです。。。

春香

今日は春を思わせる陽気でしたね。
マンションから一歩外にでると、昨日までの空気とは少し違う空気を肌で感じ、
タクシーに乗り込むと、なんとクーラーをかけているとかで…。
新しい何かがあると、それまでのことはすっかり忘れてしまうのが常。
昨日までの寒さをすっかり忘れています。
きっと、また薄ら寒さを感じた頃、今日忘れたばかりの寒さについての記憶が戻るのでしょう。

週末に連続してライブに行っていました。
ロバータ・フラックの声色の豊満な貫禄にシャンパンを飲みながらポカ−ンと時間を過ごし、
セリーヌ・デュオンのパワフルな歌声に、かつて友人一緒にCDを毎日聴いていた、
若かりし時代の想い出を呼び覚まされました。
日頃お目にかかれないアーティストのお姿をライブで拝見出来る事は、いいものですね。
パフォ−マンスをしている人には、とにかく惹かれます。
その日のために何をしているのかは存じませんが、
これまですべてが集約されたその時間は本当に貴い時間。
それを観客という形でしかありませんが、共有している気分を味わって、心底満足してます。
これから暖かくなることですし、また時間を作ってお出かけしたいですね。

暖かく…に関連して(笑)
ディノス『Cara』2008夏号にて、コラボレーション第2弾が発表になりました。
昨年12月にハワイロケを行い,撮影してた気持ちのよい写真が掲載されています。
よかったらご覧になってくださいね。(ディノスオフィシャルサイトでもご覧頂けます)
サイト内のオフショット動画コーナーでは、いつになく浮かれまくりの私。
ハワイの気候の気持ち良さも、沸点を超えると、人々を陽気にするものなんですね。
とにかく上機嫌でふわふわ♪
飛んで行きそうな感じです。お恥ずかしいくらいに。。。

ハワイロケ本当に楽しかったです。それも皆さんに伝わることを願って!!

そして、女性雑誌『GRACE』(世界文化社)4月号より、毎号表紙を飾らせて頂く事になりました。
これまでとはまた少し違った新しい世界観を、お伝え出来たら良いなと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

春香

↑このページのトップへ