_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1909.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1538.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1424.JPG

女性に恵まれている。恋人が絶え間なくいるとかでなく。人生のターニングポイントで力をくれたり背中を押してくれるのがほとんど女性だ。高校へ進学する際、将来は芸術やクリエイションに携わる仕事に就くようサジェッションしてくれたのは女性教師だった。大学時代のバイト先の上司も頭が良くて人間性豊かでリーダーシップがあって「デキる女性」の鏡のようだった。いまの僕は彼女をお手本に仕事をしたりしなかったりしている。現職を勧めてくれたのも職業訓練所の女性講師だった。困ったとき相談にのってくれるのも、弱ったとき助けてくれるのも女性だ。職場のよき相談相手も同い年の女性。クロスロードにいる僕を適切な方向へ導いてくれている気がする。女性の親戚ばかり集まる会にも男の僕だけ呼ばれるし、中学時代の女子会のメンバーのひとりでもある。男性も女性も、女性からしか産まれない。