月別アーカイブ / 2019年06月


昨日は「ストロベリームーン」と呼ばれる満月の夜でしたね
月光浴は楽しめましたか?

今回は美文字のコツの5回目です

今回は、バランスや配置が
難しい「ヘン」
『しんにょう』の書き方

しんにょうは「てへ」


[しんにょう]が巧みだと
「いかにも字が上手な人」という感じがします
数字の3のように書くと簡単なのですが
あまりかっこよく見えません


しんにょうは
「て」
にひげを付け
その下に
ややつぶれた「へ」
を書いて
最後に跳ねるようなひげをつけるときれいです
「へ」の書き始めが左にはみ出しても大丈夫。
「へ」をぐにゃっと曲線にしないのがコツです



gnFuake2Yi.jpg






【漢字はやや大きめに】

文章などを書く時
漢字・ひらがなの併記がほぼ全てですね

併記の場合
漢字は
ひらがなやカタカナより
やや大き目に
書きましょう。
画数が少ないひらがなは
大きく見えてしまいがちです
文字サイズに少し差をつけることで
大きさの印象を揃えることができます

また差がつくことで文字に躍動感が生まれて
少しかっこよく見えます


gkpvOuwyoQ.jpg



こんにちは
心心花です
今日は「美文字のコツ 3回目」


【ひらがなの丸い部分はひしゃげる】


「は」・「な」・「よ」・「ぬ」
などの
小さな丸い部分がある
ひらがなは
丸い部分がひしゃげると
見た目がよくなります
そして
円を描いて戻ってきた先が
文字全体や円の下のラインと自然と揃ってバランスが取れます(下線のラインを揃えてね)


MwLA2boh4Y.jpg



↑このページのトップへ