月別アーカイブ / 2018年12月



書は心をあらわす


気品あるオトナ女子に欠かせないアイテムの一つに「書」があります。
「書」と言うのは、手書きの文字。自分で書いた文字のことです。

手書きの文字を誰かに褒められた事がありますか?
「書は心をあらわす」と言われるように「書にはその人の人となり」が現れています。字にはお人柄があらわれるものです。


品格のある大人の嗜みとして欠かせないのが文字の美しさ。美人で評判の人からら渡された手書きメモが「汚文字」だったらがっかりしてしまいますよね。


手書き美人はメリット多!

信頼度UP! イメージUP!



メールのやり取りが多い暮らしの中でも、祝儀袋、お礼状、書類など、手書きを必要とするシーンもあります。


手書きの文字は、美文字でなくても良いのです。
字は自分らしさを伝える個性なのですから。
お手本のような美文字はハードルが高いですが、殴り書きをせずに心を込めて丁寧に書くことが何よりも大切です。


いずれにしても手書きが人に与える印象は大きいもの。「字が汚いとガサツな人間だと思われていそう」と心配する声も多く聞きます。手書きが少ない時代だからこそ、私達大人も意識的に字を丁寧に書くようにした方がいいのです。


気品のある人たちは、内から輝き、世に光を放てる煌(きら)めく人たちであります。

そのすべては、あなたの意思次第で変えられます。



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1721.JPG



「メラビアンの法則」って聞いた事ありますでしょうか?


"メラビアンの法則とは
人が他人を受け入れるまでにどんな判断がされるかを表す法則。"



法則では、

外見・服装・表情などの見た目で55%

話し方・声の大きさ・抑揚で38%

話の内容で7%


ということは
見た目や話し方が悪いと93%の人に受け入れてもらえないということですね。


人から好印象を得たいのならば見た目を変えましょう!


学生のみなさんにとって就職活動は、これからが勝負です。
インターンシップも始まり、社会に出ると言う事がどんな感じであるかが垣間見れ、不安や心配事なども出て来るでしょう。
今までのようなアルバイト気分ではいられない、いてはいけないと言う現実に直面します。
でも、どうぞ心配しないで。

誰もが通って来た道です。

もちろんご両親やご兄弟も。教授だって。
心をフラットにして、いざ!進みましょう。


心をフラットにできる方法?


ドリカムの歌「決戦の金曜日」にもあります
"『ダイジョウブ』って3回手の平になぞって飲み込む"
字を書くと案外心が落ち着くものです。


YouTube
youtu.be










美文字教室

もやっておりますが。

誤解無きように申し上げますと


筆跡診断の時に書いていただく
ご自身の手書きの文字には
美文字は不要なのです。



綺麗に美文字に書こうと思うことをやめると
その字に
あなたのクセや
人間性
感情
があらわれます。



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1523.JPG


品格のある大人文字
美文字の書き方教室やっております




↑このページのトップへ