月別アーカイブ / 2018年12月



感性を磨く

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

フローリストにに欠かせないもの。
フローリストだけでなく、人としても大切なもの。

その一つに
「感性」
があげられます。




では、感性とは一体なんでしょう?



人の持つ知覚的能力で
物事を受け取り感じる力。



人の気持ちだったり、
ファッションセンスだったり、
インスピレーションだったりします。

この感性が豊かであると、
人への配慮ができ、
愛情に溢れ、
心豊かになれるのです。




では、どうやって感性を磨くのか?




色々な手段がありますが、音楽を聴く、
映画を見る、
新しいことを始める、
見知らぬ所に行く。

未知のものから刺激を受けて、感性を膨らませるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろんな体験をしてみましょう。


相手の言いたいこと、こちらの伝えていことを身体で心で表現するのです。




文字を書くと言う行動によって心を整えるという方法は、
文字の書き方を改善することによって、心を整える力を少しづつ、つけていくと言う事です。
一朝一夕に完成するものではないし、身に付きません。


怒りを感じている時
または
喜びを感じている時
その次の場面で
心をニュートラルなポジションに戻せるようにする事です。

ニュートラルに戻せるようになると、戻せない時と違って、
人生のエネルギー効率が違ってきます。



例えば、キーボードで入力している時。
無意識に手がホームポジションに戻るような感じ。
上手く付き合えない厄介な自分の感情と上手に付き合っていくには
訓練【=筆跡改善】を通じて付き合い方を鍛えていくといいです。

↑このページのトップへ