性格とは
先天的に持っているもの
すなわち個性です
人格とは
後天的に身につけていくもの
社会生活に適応するための社会的・表面的な人格のこと
個的人格(ペルソナ)です
性格は一貫性があり
人格は場面により演じ分けるものです


性格を変えることはできませんが
人格は変えることができます



一般的に評価されるのは
性格ではなく
人格です

人格が認められてから初めて
本来の性格に興味を持ってもらえるのです
最初から本来の性格に興味を持ってくれる人など皆無です




人間関係の中から生まれるストレスの原因は
前述の個的人格だけを見て
性格を見ていない事に起因します


手書きの文字には
人の内面
性格が現れます
筆跡診断をそのストレス解放の一助として
ご活用ください