師走の候
あと少しで今年も終わってしまうので
手帳を新しくしたので
ここで来年の抱負をしたためておきたいと思いましたので
こちらにも。



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1479.JPG

〈味方にしたら心強い人〉

味方にして心強い人はごくわずかなものです。
けれども、敵に回すと厄介な人は多い。

それは、誰かを助けることよりも傷つける方が簡単だから。
だから、私は味方にして心強いと思われるような人間になろう!と思う。
それだけでも相当な価値のある人間になることができると思うから。



人は、情報の80パーセントを視覚から、つまり目から得ています。

ということはひらめき電球
できるだけ頻繁に合格
最低でも1日1回は、
自分の願いを意識的に見ることはとても大切なのではないでしょうか。


「書く」ことの効果

書いて視覚化することで、あいまいだった希望や目標が明確になります。


手を動かして書くことが脳に対して大きな刺激を与え、目標達成のために働いてくれる潜在意識に落とし込む効果を生み出します。



さらに、紙に目標を書いて、できるだけ毎日見るようにすることで、自分が今どこに向かっているのかを、忘れなくなるという効果もあります。




潜在意識は
あなたの目標を達成するために
必要な物・人・情報などを引き寄せ始め
シンクロニシティという意味のある偶然の一致現象を起こしてあなたに気づかせてくれます。






わたくしごとですが。

私は1日の終わりに

「良かった事リスト」を書いてます。

今日一日の中で良かった事を3個書きます。

そして、そこから願い事へと発展させてしまっています。



「目標」

なんてシャッチョコバッタ言葉を使うと

かえって悩んでしまいそうですが

「良かった事を3個書く」

から始めて、良かった事から自分の願い事が書けるようになることもありますよ。



こんなにオトナになると、子供の頃のように簡単に願い事が書けなかったりしますでしょ?



書く事に慣れる

から始めるには、一日の中で楽しかったり、あ〜良かったなぁ♫♡って思った事を書く方が取っ掛かりやすいですね。





_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1671.JPG




寝る時間になっても眠れず
羊を数えてみたりする子供時代……
など一度も送ったことの無いわたしですが。
最近ときたま眠りにつくのに時間がかかる事があります。

そんな事を独り言っぽく言ってみたら、親切ステキ女子が、超絶すごく超人の様に速く眠りにつけるというモノを教えてくださいました。

それがこちら!




ぜひお試しください!

↑このページのトップへ