DSC_0437.JPG
インフルエンザになった。ここんとこ毎年感染している。今年は夫と二人そろって三連休を過ごしたあと、夫が三日間の出張に出かけたというタイミングで発症した。なんか風邪っぽい?寒気がするし、足の関節が少し痛む。その程度で病院へ行ったので、念のためと言われ受けた簡易検査で検査キットを見てた看護婦さんはフフと笑って、「5分待たずに出ましたよ。A型です。軽いですねー」と感心したように言った。
出張中の夫に電話すると、まず「どこでかかったんや!」と怒られ(理不尽)、次に「明後日までに治せ!」と無体なことを言われる。とりあえず、夫は元気なようだ。ってことはあれだ。明後日まで何も気にせず休んでよしってことだ。会社に連絡を入れて(すみませーん、インフルエンザでしたー、いやー、ワタシ元気なんですけどねー、そうですよねー、うつしちゃダメですものねー、はーい、5日ほどお休みいただきますー)、スーパーでアレコレ買い込んで、引きこもる準備を整えたら、完・全・休・業!家から出られない以外自由!さすがに初日こそ、発熱と関節痛があったけど、あとは猫と昼寝してもよし、制作に打ち込んでもよしのリフレッシュ休暇だった。
かかりやすく症状の軽い私のインフルエンザ、来年もこんな感じでお願いしたい。しかし、ほんまどこで感染したんやろ?

DSC_0407.JPG
あけましておめでとうございます。年末年始、夫と二人で山に行って来ました。最近は、山に登ると言うより専ら行くと言った方がいい山行です。写真は、一月一日に撮った北八ヶ岳のにゅうから見たかなたの富士山と御来光から二時間程経ったお日さん、山頂を目指すでなく、御来光を拝むでなく、ただ雪山を歩いてきました。
山では衣食住のほとんどを自分たちで賄います。テントで寝て、持って来たものを食べ、持って来た服を重ね着して寒さをしのぎます。テントの中も氷点下になるので、プラスチックボトルに入れた水も置いておくと凍ります。凍らさないために、一つはお湯にして予備の靴下をカバーにして簡易湯タンポに、もう一つはフリースを巻き付けて枕にして寝ます。テントが氷点下でも、シュラフにくるまって太腿の間に簡易湯タンポを挟むと暖かでまさに極楽、行ってQの天国じじいの気持ちがちょっと分かります。
山行時、なんでもかんでも持って行くとその分快適に過ごせますが、荷物が重くなってしんどいので、年と共に軽くするようになりました。ご飯はお湯を注いで食べられるアルファ米に、おかずもそのままや湯煎したり、あとはフリーズドライのお味噌汁などに。飯盒とかフライパンとかアレコレ持っていかなくなりました。今回はお正月ということもあり、真空パックのローストビーフでした。さて、湯煎して食べようという段で一つ課題が浮かびました。パックのまま湯煎すると、開けた時のソースの始末が気がかりです。ペラペラのまな板はあるけど、お皿はありません。テントの中でやるには難易度高そうです。冷凍庫にいるようなものなので、ローストビーフはソースもろとも凍ってます。まずはガチガチの塊をスライスしてから温めた方が安全ではないか?しかし何で温める?鍋で直接?いや、湯煎だろ?では小物類を入れるジップロックで?耐熱性は?夫と二人あーだこーだやった結果、凍ったままスライスした肉をアルファ米の袋に入れて湯煎することに。なければないなりに知恵をしぼるもんですね。無事に美味しくいただけました。
私は山に行くと、足りないものが何もないという感覚になれます。今、手にしているものだけで十分に事足りる感覚。そのために山に行くのかも知れません。


181031_hirono_001.jpg
第58回日本クラフト展に二点応募したら、一つ落選で一つ入選しましたよ!で、こっちは落ちた方。実は、入選したやつより作るの大変だった。「ハニカム構造でお皿」という基本は同じなんだけど、単色で作りたい気持ちがずっとあって、今までもいくつか作ってた。透明とか白一色とか、ピンクでグラデーションとか。ただ単色にするとどうしても平坦で面白味がないものになってしまう。でもハニカム構造を際立たせるにはやっぱ単色で作ってみたい。そこで今回は単色、でも濃淡をつけて変化をつけたらどうだろう?ってことでやってみた。
下は白の不透明の球面になったパーツ、その上に緑で透明の板ガラスを乗せて焼いてみた。上のガラスは下の球面のポコポコに沿って融けるので、緑のガラスに薄いとこ厚いとこができて、それが濃淡になる。いいんじゃない?ちょっと面白くなってきた。でも、一枚で魅せられるほどではないし、同じの作って並べてもも一つインパクトが足りない気がした。下の白のガラスを半透明に変えたり、半透明と不透明を混ぜたりとアレコレ試行錯誤したあげく、最初の白でパーツサイズを変えて複数枚作ることにした。方針決定!ここからひたすらパーツ作りが始まった。ちっさいのを271個、一回り大きいのを169個、作って並べて数えての繰り返し。途中で上の緑の色が気に入らなくなって、色を変えて作り直して、ああだこうだ結局締切直前までじたばたしてしまった。
てことで、これは落選した方の話。あげく完成したら風邪ひいて、その間に猫も変なかさぶた作っててというのはまた別の話。

↑このページのトップへ