月別アーカイブ / 2019年09月

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7934.JPG
生きてれば、辛い事の方が多いかもしれません。
辛くて、苦しくて、今、もうやだ!死にたい!
と、思ってる人へ、私の自殺未遂経験を書きますから、それが、うまく、伝わってくれるのを願います。

私は離婚して、着の身着のまま、荷物は小さなバック、中には少しの、お金と、携帯。
他の荷物は、旦那さんに、全て捨てられました。
そして、少しの間、実家に居ました。
親権を旦那に取られ、子供たちに会えない。
気が狂いそうでした。
あぐらをかいて、座ってる、父の背中に向かって

子供に会えないんじゃ生きてても意味無い!!
死んだ方がいい!!
子供に会いたい!!

父は

分かるよ!分かってるよ!だからって死んでどうするんだ!!

しかし、私はそれから、父が仕事に行った後、1人になった時に、合計5回自殺未遂をしました。

そのうち3回は救急車で運ばれました。
方法は、ドラッグストアで簡単に手に入る薬です。
ハッキリ言います。それでは、とても苦しむだけです。
だからって、即死ならいいの?
それは答えられません、私は未遂なので。
ただ、病院での、処置の、拷問か??
って経験をした私だから、絶対に、自殺はやめて下さい。苦しむだけです。
今以上に苦しみます。本当です。
両方の鼻の穴に、ストローより太いチューブを
胃の方まで突っ込まれ、何時間も、真っ黒い、イカスミのような液体を身体に入れられ続けます。
その苦しみは、例えようが無いですが、私は
2度とやりたくないです。
集中治療室で、何度も何度も、水が飲みたい
もう、喉がカラカラで痛い
それでも、2日間、水も飲ませて貰えません。
3日目の夜に、やっと食事が出てきました。
そんな思いするなら、生きてた方が良いです。
今。あの時、死ななくて良かった!と、心から思います。
今、死ななくても、いつかは死ぬんです。
だから、死なないで下さい。
日本には自殺予防に、月一回10日に、命の電話がありますが、私が思うに、それでは足りない。
年中無休で、対応しなければ、命は救えない。
だから、私は、今、自分に出来ること、伝えること、
辛いでしょう、だけど、まず、誰かに相談して下さい。
ネットで、検索すれば、色々出てきます。
だけど、お金に余裕が無い場合、有料相談は、やめて下さい。無料の相談も、数カ所あります。
住んでる市役所でもいいです。
相談窓口があります。もよりの警察署にも、市民相談窓口があります。
どうか、死なないで下さい。



#自殺 #死にたい #助けて #相談 #死なないで #もう一度考えて #自殺未遂 #命 #自分を大切に #諦めないで #ありがとう #感謝

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8144.JPG
ばあちゃんだって、文句言うし、愚痴も言います。
リアル友達も、知り合いも、いますけれど、
ブロ友って、いいな、て、思うから、やってます。
良い事も、悪い事も、あるのは、どの世界も同じで。

現に、リアル病気友達と、ケンカ中で
連絡を取ってません、笑
いつも、顔合わせて、いつも、話をして
それでも、ケンカになります
毎回、会う度、電話とかで
ばあばは、神経痛だもんな、あははは!って
辛くて、電話すると
知らねーよ
寝てろよ
じゃあな
意外と、こんな人居ます
親戚なのに?って思う事もあります
あらーそうー、お大事にー
特に、いつもいつも、ばあちゃんが、痛い痛い
って聞いてる人間ほど、冷たく感じる時もあります

知ってるよ、痛いんだろう?寝てれば?

みんな、みんな

寝てれば
寝てれば
寝てれば

ああそうですか!もういいよ!って
なる事もあります。

ブロ友さんは
さり気なく
ばあばさん、少しでも良くなるといいね
辛いよね
大丈夫ですか?
無理しないで、下さいね


言葉だけの、世界でも
それで何度、私は救われたか
救われているか

ごめんなさい。
それが、言いたかっただけです。


#ブログ #友達 #言葉だけでも #救われる #ありがとう #感謝 #離れていても #絆 #繋がり

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8171.JPG
最新のニャンコ写真はアップ出来ないのは、ご了承下さいませ(^ω^)


ばあちゃんの子供の頃には、近くに無かっただけか?
男性も女性も子供も、床屋に行っていた。
中学の頃だったか、やっと駅近に、美容室が出来て、しかし、みんな、美容室とは言わない

パーマ屋さん

その頃、ばあちゃんは、桜田淳子さんが好きだった。
クッククックークッククックー青い鳥〜〜
と、良く歌っていた
だから、その頃、ばあちゃんは、パーマをかけた事が無い。桜田淳子さんがショートだったからだ。笑
山口百恵さんファンは、似せてパーマをかけていた様な気がする。
いつから、美容室と、言うようになったか覚えてないが、たぶん、今は、ヘアサロン、と言うのかな??
が!しかし!もっと古い人が身近にいた、、、

ばあばちゃん、オバさん、今から、かみゆいやさん行くわね

え?なんて?なにさん?え?

かみゆいやさん!頭!

あ、あー、あー、はいはいはい

髪結屋さん

ええええええええ!(◎_◎;)
オバさん?江戸時代の人???


キャッシュレス時代
ばあちゃんの記憶では、クレジットカードも、銀行のカードも無かった。
ATMって、いつからあるんだっけ?って感じです。
給料は、封筒に入れてあるのを渡され、その後、銀行や、郵便局に、通帳を持って、預けたり、引き出したり。

しかし、クレジットカードは無いけれど
似たような買い物を昔もしていました。
大きなスーパーは、遠くに行かないと無いので
普段は、近くの、肉屋、魚屋、八百屋さん。
その中に、今で言う、色々売ってる酒屋さん??
みたいな、お店で、まわりの人も、ばあばも、

ツケ

で、お米、醤油、お味噌、などを買ってました。
だから、その店の人は、誰々さんちの、お給料日を、全て把握していた、今思うと、凄いなあと、、、

こんにちは〜〜お味噌下さいな〜〜

はいはい、ばあばさん、お味噌ね

店主が、机にある紙に、サラサラっとメモって

それが、よくある買い物でした。
品代は、まとめて、給料日に払いに行きます。


次に機会があれば
昭和のミニスカート、いつ流行ったの?
ばあちゃんのまわりでは、1人も
ミニスカート履いてませんでしたよ!
長いスカートと、ズボンでしたよ!
タイトルで、書けたらいいなあ〜と思います!!


#昭和 #時代 #キャッシュレス #給料 #昔話 #懐かしい #記憶 #過去 #思い出 #髪結屋 #美容室 #パーマ屋 #商店 #ツケ払い #ありがとう #感謝

↑このページのトップへ