皆さま、こんにちは

今日は生理2週間前から、私が行なっている美肌対策をご紹介します。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8612.JPG
なぜ、生理2週間前なのか?

それは女の子が赤ちゃんを産むために備えている女性ホルモンが、生理前の2週間と生理後の2週間で、分泌される種類とその働きが変わるからです。

生理前に分泌される女性ホルモンはプロゲステロンといって、排卵された卵子がいつ着床してもいいように、子宮内膜を厚くしたり、栄養を蓄えたりしてくれます。
基本的に体内にいる子供を守るために分泌されているので、この時期は戦闘態勢になりやすく=イライラしやすくなったり、男性ホルモンの働きのように皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。

生理直後からの2週間は、エストロゲンと言って子宮内で卵子を作ると同時に、異性に魅力的に思ってもらうために、肌を綺麗にしてくれたり、髪をツヤツヤにしてくれたり、ハッピーな気持ちにさせてくれる働きをもった女性ホルモンが分泌されます。(別名「美のホルモン」)

➡︎つまり、常に美肌を目指したいなら、生理前と生理後に合わせたケアをするといいんですよ

と言うわけで、さっそく生理2週間前から私が行なっている美肌ケアをご紹介しますね

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

その1
過剰な皮脂分泌の抑制=ビタミンB群の摂取
9bDT_JW5Ty.jpg
定番のチョコラBBプラスを愛飲中
先ほど、生理2週間前は皮脂が過剰に分泌される傾向にあるとお伝えしました。そこで、皮脂の過剰分泌を抑制するビタミンB群を生理2週間前からはサプリで摂り始めるようにしています。
(普段はお料理やフルーツからのみ)

その2
美のホルモン・エストロゲンのサポート=大豆製品の摂取
xarcoqB_Un.jpg
コスメキッチンでご紹介頂いて以来、ずっと冷蔵庫にストックしてある蒸し大豆。スーパーに売っている一般的な蒸し大豆よりも大豆の旨味が濃厚で、一度食べたらこれしか食べれないかも
生理2週間前から、美のホルモン・エストロゲンよりもプロゲステロンの方が優位になるので、陰ながらエストロゲンのサポートをするべく、イソフラボンが豊富な大豆製品を積極的に摂ります。
私の場合は、豆乳を飲んだり、野菜に蒸し大豆を混ぜたりして食べてます。

Qサプリとかで摂らないのかどうか?
エストロゲンとプロゲステロンが2週間ごとに優位性が変わるのは自然の摂理なので、サプリまでとってしまうと、そのバランスが崩れ、却って肌トラブルを招いてしまうので食事からゆるりとがおすすめ。

その3
メラニン色素の活性化抑制=紫外線対策の強化
OT0BjXJOqr.jpg
 ミネラルUVホワイトセラム / ETVOS
UV対策のできる美容液。朝の洗顔後に日焼け止めをするのはもちろん、美容液にはこれを使ってがっちりガードします。
BPmglPUCWQ.jpg
日焼け止めのようなきしみ感が気にならず、塗った後はしっとりしますよ
生理2週間前は、プロゲステロンの影響でカラダは守りの体制に入ってます。通常、紫外線からダメージを守るために肌はメラニン色素の生成をしているのですが、その働きがいつもよりも活発になります。
そのため生理前に関しては、日焼け止めと日傘できちんと紫外線対策をしましょう。陽を浴びたなと思った夜は、コットンに美容液染み込ませて、集中的なコットンパックもおすすめですよ

以上、私が美肌になるために、生理2週間前から生理にかけて行なっているセルフ美容でした

生理前のPMSや肌トラブルに悩まされやすい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね

それでは、また更新します。

日中美容研究家
濱田文恵

▼好きなことを仕事に♡美容好き必見▼
∞好評発売中∞
『運命をこっそり変える』(セブン&アイ出版)