皆さま、こんにちは

昨日はお友達のmoekoちゃんの企画で、中華系の美容女子会に参加してきました💕
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4122.JPG
中国はもちろんのこと、台湾人やマレーシア人も💄共通するのは美容が好きなこと。

ランチをしながら、美容情報をシェアしあいます💕印象的だったのは皆さま本当に良いものがなんなのかを知りたがっていたことです。

やっぱり日本に限らず、どこどこのブランドだからじゃなくて、肌に使っていて本当に安心安全なところはどこなのかを知りたいと思っている方が増えているんだなと思いました。

さて、私からは夏にちなんで私の日焼け止めの選び方を皆さまにシェアしました✨

明後日は海の日🌴なので、ブログでもおさらい美容としてご紹介します👙

私の日焼け止め選び方その①
吸収剤タイプか散乱剤タイプか見極める🌴
➡︎私は散乱剤タイプを選びます💕

最も簡単な見分け方としては、
肌に塗った時に白くなるか透明になるかどうか!
ToukRhRtxj.jpg
左の白くなるのが散乱剤タイプ、右の透明が吸収剤タイプです。

なぜ、散乱剤タイプが良いか
吸収剤は簡単にいうと肌の中に紫外線を吸収して化学反応で熱に変えて外に放出する働きを持つもの。この一連の流れや成分が肌にとっては負担になるので、肌表面でそもそも跳ね飛ばしてくれる散乱剤タイプの方が肌には優しいというわけです。

私の日焼け止め選び方その②
SPFとPAの数値で日常生活に適した日焼け止めを選んでいます。というのも、SPFはUV-Bに働き、PAはUV-Aに働きかけます。それぞれの数値の目安としては、

SPFは、UVBによって肌がヒリヒリ痛くなるまでの時間をどれだけ伸ばせるかどうか。
SPF20の場合・・・
(人の肌が紫外線によって反応を起こし始めるのが20〜30分と言われているので平均をとって)
SPF20×25=500分(約8時間)防いでくれる

PAは、UVAによって肌が黒くなるのをどれだけ伸ばせるかどうか。
PAは++++が最も上で、+が多いほどカットしてくれるパワーも高くなります。目安としては、

PA++日常生活、PA+++軽いレジャー、PA++++炎天下でのレジャー

というわけで、私はSPF20〜30、PA++くらいを日常生活の日焼け止めとして選んでいます✨☀️

もしまだSPFの高いものという基準だけで選んでいる方がいたら、ぜひ参考にしてみてくださいね💕

日焼け止めの話の代わりに台湾で人気なシートパックを貰っちゃった☺️💕
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4147.JPG

まさに日中間の美容シェア会ですね✨企画してくれたもえこちゃん、どうもありがとう❗️

それでは、少し早いですが皆さま素敵な海の日をお過ごし下さい🌴