皆さま、こんにちは☺︎

まずは少しばかりお知らせを

先月ひそかに受講していた『毛髪診断士』に無事認定されました。



これで、スキンケア、メイク、カラー、女性ホルモンバランス、ヘアケアと一通りの美容に関することを理論から学んだかなという感じです。内外美容という言葉もあるように、美容は決して部分的なものではなくて、けっきょくは全部が繋がっていて、全てにおいて自分に合ったベストな方法でケアができたらいいなと思っています。


というわけで、やっと本当のスタートにたったのかなと。これからは一つ一つしっかり理解を深めて行き、私なりの綺麗でいるために必要な定義をみつけていきたいと思っています☺︎


さて、そんな今日は毛髪診断士として認定された私からひとつ。


さまがご自身で、"今どれくらい髪が傷んでいる"のかを確認する方法を教えしたいと思います。


髪が傷んでいる状態とは、一般的に髪の毛を外の刺激から守ってくれているキューティクルが剥がれている状態を言います。


キューティクルが剥がれることで、髪がパサパサ乾燥したように見えたり切れ毛や枝毛が発生したりします。


そこで、自分でこのキューティクル状態を把握することができれば、ヘアケアをする時にもより効果的なケアができると思いませんか?


自分の髪のキューティクル状態を確認する方法はとっても簡単です。


自然に抜け落ちた髪の毛を一本用意して下さい。(髪は1日70〜100本抜けるのが一般的)


髪の毛イメージ▼

左側が根本で、右側が毛先。

毛先の右側に向かうにつれて、枝毛が増えている状態です。

(=キューティクルが剥がれている状態)



そしたら、親指と人差し指の指の腹で、根本をつまんで毛先に向かって手を滑らせていきます。特に強い力を入れる必要はありません!


そうすると、すーーーっと滑っていっていたのが、途中からギギギと音がしだすところがあると思います。


そのギギギとするのが、まさにキューティクルが剥がれている部分というわけです。



これはとっても簡単な理論で、例えばある平らな道で自転車をのっても、スイスイ焦げますよね。でも、もし、でこぼこの道で自転車に乗っていたら、やっぱりでこぼこしますよね。


これが髪の表面に起きているというわけです。


ちなみに、根元の方が新しい毛なので、キューティクルが傷ついていないことが多いのですが、もし根元からギギギと音がするなら、つまりは髪全体が傷んでいることになりますので、それだけ日頃から髪に負担をかけているということになります( ;  ; )


自分のキューティクル状態が分かれば、ギギギとしている部分またはしだした部分から先には、しっかりトリートメントをしたり、トリートメントを揉み込んであげたり、出かける時にはヘアオイルをつけてあげたりするなど、効果的なアプローチが出来るので、是非是非一度、今日紹介した確認方法でチェックしてみて下さいね。


それでは、また更新します。


日中美容研究家
(毛髪診断士)
濱田文恵
 
image                  

宜しければ、お友達登録していただけると嬉しいです。 

友だち追加数 

LINEアカウントでお友達方にはプライベート記事の配信や、
個別メッセージでのお悩みやご質問などを受付いたします。

その他、インスタのフォロー大歓迎