皆さま、こんばんは💕

今日はラインの公式アカウントを使って、皆さまの生の声を集めています
※9日までなので、是非ご協力頂けると今後の活動の励みになります

早速、アンケートに答えてくれた皆さまありがとうございます🙇💓

さて、このあいだは中医薬膳師の資格が取れたと報告させて頂きましたので、これからは薬膳美容系の更新を増やしていきたいと思います

(今開催中のアンケートでも、すでに皆さま薬膳美容系の更新を希望する方が多数で、嬉しい)
というわけで、今日は薬膳と普通のご飯の違いについて

皆さま、薬膳と聞くと、漢方だとか生薬だとかを取り入れた料理のイメージを持っていませんか?

もちろん、それは立派な薬膳なのですが、
正直なところ日本で暮らしていると、なつめとかクコの実など以外は、なかなか手に入りにくいです。

例えば、この間作ったこのスープ⬇︎
4hvJVzJyPE.jpg
中国では、入っている材料の通りなのですが(笑)『蓮子百合竹笙汤(スープ)』と言います。

入っているのは、蜜棗、無花果、山薬、蓮子、百合、竹笙という名前の漢方。

蜜棗  肺や胃腸を潤わせ、さらに血液の流れにも◎
無花果 肺の乾燥を取り去り潤わせてくれる
山薬 益肺養陰(肺を元気にし陰を養生する)
蓮子 健脾止瀉(脾を補い下痢を止める)
百合 養陽潤肺(陽を養生し肺を潤わせる)
竹笙 中国でも珍しい漢方で、枯れた竹の根の部分にできる菌のようなもの。

ざっと効能を見ると、秋は肺が不調になり肌を乾燥させる季節なので、まさにこの時期にぴったりのスープ

中国では食卓には必ず1種類はスープがあるという感覚なので、こういった漢方が事前にキットとなって売っているのです。
GfUDMQrSMg.jpg
私は中国に行った時にまとめ買いしています

じゃあ、日本に住んでいるから「薬膳はできないの?」と思う方がいるかもしれませんが、不安にならないでくださいね。

なんだって、薬膳というのは何も漢方を入れたものとは限らないのです

「薬食同源」という言葉があるように、昔は今のように薬と食べ物の区別はなく、食べ物も薬のように、体を温めたり血や気の流れを巡らせたりする働きがあると考えられていました

薬膳とは、その考えを今日まで受け継ぎ、薬膳の元になっている中医学の理論に基づいて、季節やその人の体質や体調に合わせた食事を作ることを指します

↑やや難しい説明になりましたが、すっごく簡単に言うと、なんとなく料理を作るのではなくて、目的をもって、食材の持つ効果を期待して料理を作ると言うことです

そのためには、食材の持つ効果を知る必要があり、結果的に中医学理論を理解する必要があるわけですが、それはこのブログで少しずつ美容記事を読むようなイメージで理解してもらえるように、私がこれから色々な切り口でお伝えしていきたいと思っています

と言うわけで、例えばこれまた先日即席で作ったナスの甘辛味噌丼
uKs_DuOaVS.jpg
中医学では、★茄子は体の熱とむくみを取り去ってくれるもの。

★豚肉は、体力が付くだけでなく、体を潤わせてくれるので、便秘に悩む方にも◎

★卵黄は体に潤いを与えてくれて、さらに★卵白は熱を冷ましてくれます。

つまり、このナスの甘辛味噌丼は、

基本的に暑がりだったり、身体が火照ったり、体内に熱を与える食べ物を連日食べてしまった時なんかにおすすめ。
また冷え性でない人がこの時期に食べるのも乾燥する肺を潤わせることができるかと思います

と、こんな風に食材の効能を理解しつつ、じぶんがその料理に求める効果を頭に入れ、メニューを考えたり、料理をすることが出来れば薬膳美容を取り入れているこたになるのです

普通のご飯の違いと分かっていただけましたでしょうか?

今回は初めて薬膳というものをきちんとお話したので、ややお堅い話になりましたが、

次回からはより日頃感じる美容悩みにあてて、さまざまな薬膳美容をお伝えしていきますね

それでは、また更新します。

日中美容研究家
中医薬膳師
濱田文恵



皆さま、こんにちは
今日は来月あたりに向けた新規事業の会議でした。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8728.JPG
アシスタントのお二人も混ぜて、あーでもこーでもないと討論(笑)

いつも思うのですが、やっぱり1人でできることも、思いつくアイデアにも限界って絶対あるから、

より大きいことをするためにも、より良いものを作り出すためにも、

こんな風にみんなで一つのことについて、意見をしあったり、討論をかわしたりすることってすごく大事だと思う

そして、そんな風に一緒に取り組んでくれるアシスタントやパートナーに感謝

夜は、毎月恒例のシルコットスキンケアレッスン🍁
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8748.JPG
今日の夜にでもくわしくレポートしますね







先日、通っていた北京中医薬大学の薬膳専科を無事卒業し『中医薬膳師』に認定いただきました♡

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8725.JPG
仕事と学校の両立はなかなか大変でしだが、なんせ同級生の皆様が優秀かつ優しすぎて😭
お世話になりながら、無事一年間を終わらせた感じです。


中医学の世界では、『40年学んで一人前』という言葉があります。➡︎つまり、私はやっとスタート地点に立ったという訳なのですが😂


ずっと掲げている東洋と西洋を合わせた美養法で女性の内外美容をサポートしていけるように、改めて気を引き締めて頑張っていきたいと思います💓😊


これからはブログでも本格的に中医学のことや東洋美容のことについて、いろいろなお話をしていきたいと思っています。

どうぞ、宜しくお願い致します♡

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8571.JPG
日中美容研究家
濱田文恵

↑このページのトップへ