皆さま、こんばんは
先日LINE@登録者様限定に🍁秋のメイクレッスン🍁を開催しました。
6w7d1aKxYI.jpg
※インスタストーリーで配信したもの(笑)
(LINE@登録者様のみに限定案内しており、さらに限定価格で案内しているので、興味のある方は記事最後のLINE@から登録して見てくださいね)

ブログやレッスンの時に必ずと言っていいほど耳にする「夕方になると顔色がくすむ」というお悩みに合わせて、今回の秋のメイクレッスンでは、ご自身の魅力をUPさせるようなメイクテクをお伝えするとともに、パーソナルカラーに基づいたコスメの色選びを教えています。

前半でお客様の肌色診断を行い、そこからそのお客様に合わせたコスメの色選びをワークショップ形式で一緒に練習していき、後半でご自身の肌色に合う色のコスメでベースメイクからひとつずつメイクをしていく流れです。

なぜ、夕方に顔色がくすむのかというと❗️
理由は2つ👀

1つ目は、

私たちが住んでいる地球には重力があるので朝起きたから夜になるまでに立って活動をしているうちに、どうしてもこの重力に引っ張られて、血液が下に下に流れていってしまいます。その結果、体の中でも上にある顔の血色が悪くなり、顔色がくすむのです。

2つ目は、

ズバリ、自分の肌色と使っているコスメの色が合ってないからです。化粧品とは本来顔色や顔立ちの気になるところをカバーし、魅力を引き立ててくれるもの。しかし、絵の具のように合わない色が2色混ざればよどみくすんでしまいます。

その結果、せっかく朝🌤頑張っておきて綺麗にメイクしたのに時間とともに顔色がくすんでしまうのです。

そこで、重力で血液が下に流れるのは地球に住んでいる限り👽いたしかたないので!

できるだけ化粧品がきちんと綺麗な肌色にカバーしてくれるように、自分の肌色にあった色のコスメを選べるようになりたいところ☺️💓

それに、自分の肌色にあった色のコスメでメイクすることができれば、顔色にツヤ感がでたり、瞳が活き活きと輝き目力がUPしたりできるのです❗️

実際に、今回ご参加いただいたT様からお写真を掲載していいというOKを貰ったので、文章で見るよりもお写真で見るのが一番!と言うわけで、ビフォーアフターがこちら⬇︎
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5664.JPG
左がビフォー/右がアフター

T様は、肌を白く魅せたいという理由から、ブルーベース系のファンデーションを選び、使っているコスメも基本的にブルーベースのコスメ。
もともと綺麗な顔立ちをされていて、さらに以前他のところでメイクレッスンも受けたこともあり、綺麗にメイクをされていました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5665.JPG
しかし、ビフォーアフターで見れば一目瞭然。
実はT様はイエローベースのオータムさん。つまり、魅せたい自分のために買っていたコスメは自分の肌色とは真反対だったのです。その結果、せっかくもともと綺麗な顔立ちが活かされず、どこか元気のないような表情に。ということでレッスンでは似合う色のコスメと、より魅力的にするメイクテクをレクチャーし、実際にメイクアップ。たったそれだけで、肌のトーンが上がり、さらに目力もアップし、内側から自信に溢れる活き活きとした表情になったのがお分かりでしょうか?💕

T様からいただいた感想がこちら⬇︎
qTSIFl9jIC.jpg
さらに次の日にインスタ経由で嬉しいメッセージまで😭💕
ef4d8VSYHP.jpg
いかがですか?
肌色に合わせたコスメの色選びがこんなにも日メイクの仕上がりに影響するということを分かって頂けたでしょうか💕

今まで、「夕方になると顔色がくすむ」と悩んでいる方がいたら、もしかしたら今使っているコスメの色が肌色に合ってないのかもしれません。

近いうちに、今回と同じ秋のメイクレッスン💄の募集をこちらのブログでも行いますので、ぜひこの機会に一生もののコスメ選びとメイクテクを手に入れてみてくださいね💕

その前にLINE@登録者様限定に先行価格でご案内しているので、ご興味のある方は登録の上、メッセージを下さい。
※公式アカウントとは異なるアカウントになります。

そして、遠方の方で、レッスンに参加できそうにないという方は、ananWEBで『色とお化粧美人』というテーマでコスメをパーソナルカラー別に仕分けているので、是非チェックされてみてくださいね。
それではまた更新します💕

濱田文恵



皆さま、こんにちは💕😊
先日は秋のメイクレッスンをLINE@登録者様限定に先行告知し、開催させていただきました。
(週末中に開催レポートを書きたいな)

さて、今日は皆さまにもメイクテクをひとつ❗️お伝えしたいと思います。
トレンドや季節に関わらず、私たちが欲しいのは、シミひとつないハリ感と透明感のある素肌感ですよね。でも、現実には、シミやクマやたるみなど問題がたくさん肌には点在しています、、

今回はその中でもよく肌悩みにも挙げられる『毛穴』問題に合わせたコンシーラーの使い分けです。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5745.JPG
毛穴タイプ別にコンシーラーの使い方

まず、毛穴といっても種類があるわけですが、今回は❶黒ずみ毛穴と❷たるみ毛穴のそれぞれに合わせてコンシーラーの使い分けをオススメします。

❶黒ずみ毛穴とは
毛穴に詰まった角栓が紫外線にあたり酸化し、黒ずんだ状態で、多くあることで清潔感に影響が✖︎

➡︎ スティックタイプまたはペンシルタイプののコンシーラーがおすすめ。
2lAiWcfy9N.jpg
硬めのテクスチャーが多いのが、この二つのタイプのコンシーラー。そのためカバー力が強く、メイク崩れしにくいのが特徴です。

特に私がおすすめなのは、こちら!
ef6E435Brp.jpg
BOBBI BROWN のフェイスタッチアップスティック 3 BEIGE

黒ずみが気になる毛穴の部分に塗り、肌との境目をぼかせばOK
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5747.JPG
❷たるみ毛穴とは
肌のたるみやニキビ跡によって毛穴が大きく開いた状態で、肌のキメに影響が✖︎

➡︎ リキッドタイプのコンシーラーがおすすめ。
isY2O20gwO.jpg
スティックタイプに比べて柔らかいテクスチャーが多いのがリキッドタイプのコンシーラー。柔らかいので、開きがちな毛穴をしっかり埋めてくれるので、フラッとな肌になります⭐️

特に私がおすすめなのは、こちら!
5xFLNdXMav.jpg
イブサンローラン ラディアントタッチ 2.5

塗り方としては、直塗りではなく、一度手の甲にとって、
cOjsE_PRsY.jpg
指で毛穴を埋めるように下から上に向かって叩き込むようにして塗るのがおすすめです。

以上、今日は毛穴のタイプ別!コンシーラーの使い分けをご紹介しました
コンシーラーっていまいち使い方が分からないと思ったり、毛穴が目立つなぁ〜と悩んでいる方は、是非ともチェックして見てください。

早速明日のメイクから試して見てくださいね

それではまた更新します








皆さま、こんにちは
お盆ですね〜お盆ですね〜✨
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5485.JPG
皆さまはどんなお盆をお過ごしですか?
私は今年は受験も控えているので、お家でゆっくり過ごしています。あいにく雨模様ですが、天気に左右されずに皆さまはお休みを満喫して下さいね✨

さて、今日はこの時期に特に注意してほしい夏の間違いメイクをご紹介したいと思います。

夏の間違いメイクとは、

「本当はツヤと透明感のある素肌に魅せるためのベースメイクをしているのに・・・」

➡︎気付けば汗や皮脂が目立つベタベタ肌❌

「伏し目になった時にクールビューティーな目元になりたい」

➡︎重そう&厚ぼったそうで印象の悪い目元

「夏の空の下でジューシーなぷるるん唇💋が気分」

➡︎ぼってり油物を食べたあとのような品のない口元に

せっかく頑張ってメイクしているのに、なぜこんなことが起こるのか。

それは、自分が思っている以上に「厚塗り」をしてしまっているからなんです。
特に夏は季節が季節なだけに、この厚塗りには注意しなければいけません❌

厚塗りは見た目を勘違いメイクにするだけでなく、メイク崩れの原因にもなりますよ。

では、厚塗りにならないためのメイク方法とお勧めのコスメをご紹介しますね。

まずは、ベースメイク!
夏のベースメイクは皮脂を吸着してくれる下地や油分が少なめのアイテムを選ぶのがポイント。

例えば、私が気に入って使っているアイテムの組み合わせはこちら
qmwSpZp5Z9.jpg
(左) ディオールスキンヌードエアー020 Dior
(右)皮脂崩れ防止 化粧下地 ソフィーナプリマヴィスタ

ディオールスキンヌードエアーは、油分が少なめでほぼ液体状のリキッドファンデーション。肌に伸びてくると同時にピタッと素肌に密着してさらっとします。

プリマヴィスタの下地は、夏場には絶対欠かせないアイテム。この下地を塗った日は皮脂は吸着してくれるし、汗をかいても汗だけを弾いてくれるんです。

肌に塗るときは、とにかく薄く薄く伸ばすようにしてつけていくのがポイントです。ファンデーションまで塗ったら一度ティッシュ一枚を顔にのせて余分な油分をさらにオフするとより長持ちしますよ⭐️👀

次にアイメイク!
DbqIVEygbE.jpg
左はアイシャドウの存在感をあえて強くして重めにした間違いメイク。確かにメイクしている感はありますが、肌との馴染み感はゼロ。ただでさえ熱苦しい夏のアイシャドウは、色を強調するよりもニュアンスを付け加えるくらいがちょうどいいのです。

ポイントは、パレットの締め色は二重幅を超えないこと。締め色はあくまで目のキワに入れるもの。二重幅を超えていいのはベースカラーと中間色のみ。

ちなみに特別なメイクテクがなくても誰でも自然にグラデーションが作れるアイテムを選ぶのもおすすめですよ。たとえば肌馴染みがよいブラウンやパステル系のアイシャドウパレット💕
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5468.JPG
(左)スキンモデリングアイズ02 Beige Orange ルナソル
(右)エアリータッチシャドウ05 スミレブラウン セザンヌ 9月23日発売予定

寒色系でもパウダー時代がパステル系だったら透明感があるものを選べば、厚塗り感は防げますよ💕
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5486.JPG
最後に、リップメイク!
左がぷるるん唇💋をしたいがために間違いがちなお下品リップ。
AcG9jgISIa.jpg
ぷるるん唇💋にするために、グロスをつけるのはいいのですが全体につけてしまうのはやり過ぎ。ポイントは、唇がもつカーブのトップを中心にトントンとスタンプ付けがちょうど良い立体感をプラスしてナチュラルなぷるるん唇になりますよ✨
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5483.JPG
グロズのおすすめはこちら
名前の通り、唇に厚みをプラスして色っぽく仕上げてくれるアイテム。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5470.JPG
ボリュームアップレディグロス キャンメイク

以上、夏にやってしまいがちな間違いメイクをご紹介しました✨
いかがでしたか?是非ともいつもの自分のメイクがいつのまにか厚塗りになっていないかチェックしてみてくださいね。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5484.JPG
夏はいつ見ても、「なんかあの子って涼しそう」と思ってもらえるような透明感のあるメイクが心地よいかなと思います⭐️それでは、また更新しますね💕

↑このページのトップへ