詳細はこちらまで!

なんとな~く、育児について放任主義が流行っている様子。

「うちはのびのび育てる」
「おもちゃの取り合いは本人同士で解決」
などなど

一見、おおらかな、子どもを理解している様なお母さん。

そのうらに、ちゃんと考えがあっての事なら素晴らしいと思います。

でも、小さい頃に、放任しすぎて何も教えて貰っていなければ、

おもちゃのお片付けもできない
食事のマナーもなっていない
おもちゃを順番で貸し借りできない
身の回りの事ができない

そして、年中さんくらいになったら、

「そろそろ、お姉さんなんだから、そろそろ、自分でやろうね」

と言っても、お母さん、それは酷です。
今までの育児方針をぐるっと180度かえる様なもので、子どもは混乱します。

理想は、これとは、真逆です。

小さいうちから、子どもには、コツコツと身の回りの事が出来たり、ルールを守れる様に教える。
そして、年中さんになったら、意思表示が出来るようになっているので、そこを尊重してあげる。


与えすぎもダメ。与えなさすぎもダメ。
難しいですね。

↓アメブロやってます
53410617.jpeg



親がそばにいるのに遊んであげないなんて、罪悪感が…
お友達が周りにいるのに、一緒に遊ばせたい…
とか。

気づいたら親目線で考えてますね!!


子ども目線はどうでしょうか??

一人遊びは、自分の内面と向き合う、良い機会でもあります。
例えば、ビーズ通しや、絵を描く、折り紙、粘土、並べて遊ぶなど、自分自身の頭の中で想像通りになるように手や指を使って試行錯誤しています。

創造力や自信を身につけることが出来ます!
自分自身と向き合うことで情緒も安定してくるそうです!

皆とわちゃわちゃと楽しい時間も良いですが、
一人遊びの時間は子どもなりに目標をもって取り組む素敵な時間なのです!

↓アメブロもやってます!
IMG_20171022_094440.jpg

↑このページのトップへ