クリエイターさんのLINE BLOG各所において
エイプリルフール関連で楽しい事が行われていた中、
完全に乗り遅れた感がある僕ですこんにちは。




■おあずけ確定

4/2は発売をずっと待っていたゲームソフト「ゼノブレイド」の発売日。


予約したお店からの連絡も来てるので
いよいよ受け取りに行くだけの状態なんですけどね……。

New 3DS LL の修理はまだですかーッ!?



「本体が 無いとソフトは ただの板」 
01
パッケージをじっとながめていても仕方ないでしょうし、
しばらくのところは他の積みゲーを崩していきたいと思います。
そうこうしてたら月末には「ゼノブレイドクロス」が出て
また後回しになるけど……!


ちなみにゼノブレイドはWii版でドハマりして2周したクチ。
本当に素敵なRPGですので未経験の方にはぜひオススメしたいです。




■猿人スタンプ申請完了

先日の記事で制作過程をアップしていた「猿人」のスタンプですが、
このたびクリエイターズスタンプの登録申請を完了しましたのでご報告します。


タイトルは「雷印猿人の行動観察記録」
main
突如現代に現れた幻の猿人。
これは発見者でもある動物行動学の権威・矧坂雷印教授の手による、
彼らの習性および生態の記録である。


このスタンプは……テレビなどでよくある、
野生動物の行動を観察しながら

「これは求愛行動の一種です」
「あれは仲間に危険を知らせるサインです」


みたいに解説する記録映像をイメージしたものでして、
言葉を持たない猿人の行動を解説したテロップがそのまま
スタンプのメッセージになっているという作りです。

29


28

03

06

33


「おはよう!」「好き〜」「うんうん」といったセリフ入りスタンプではなく、
かといってジェスチャーのみのサイレントなスタンプでもない
第三の道を模索した結果、
「物言わぬキャラの行動を解説するテロップ」に行き着きました。


ひとつひとつのジェスチャーに対し、
いちいち真面目なテロップをつけることで
醸しだされる微妙なおかしみが上手く伝われば幸いです。



なお、諸事情によりこちらのスタンプは「矧坂甚太郎」名義ではなく、
僕が所属する会社が持つ「3030」という別名義で出すことになっております。
この名義には僕以外のイラストレーターも関わっており、
今後もいくつかリリースしていく予定なので
いずれまたご紹介させていただければと思います。
「矧坂甚太郎」のスタンプともども、どうぞよろしくお願いします。


まぁ、何にせよまた審査待ちですね!

                                    

ブログランキングに参加しております
banner

Newニンテンドー3DS版『ゼノブレイド』の発売が迫る中、
Cスティックが反応しなくなって修理に出している僕のNew3DSLLはいつ戻ってくるのか…。
発売日には間に合いそうにないのでソフトだけ買って眺めながら過ごすことになりそう。
梅干し眺めながら家族8人で白米を食べる話が『おそ松くん』にあったな……。




■花より団子ということで

さてここ広島では、もうあちこちで桜が咲きまくっております。
ですが来週は雨が続くらしいので、今咲いてる花は流れてしまうんでしょうね…。
4月頭に本格的なお花見を目論んでいたらアテが外れた感じです。



そういえば数年前の話なんですが……
春に家族で近所の公園にお花見に行こうという話になった時、
ふだんロクに動かない僕が不意に気まぐれを起こし


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) お団子作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J



と宣言してしまいまして
お花見団子を作ることになったのです。



料理はある程度できるものの、お菓子作りの知識はほとんどない僕。
『まぁ団子の粉買ってきて練って茹でたらできるだろ』くらいのイメージでしたが
ここでもう一段階気まぐれを起こし


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒)
三色団子にするよ!!
  /   o━ヽニニフ))
 しー-J


とさらに宣言してしまいました。絵に描いたような赤・緑・白の三色団子のイメージ。
そのころ長女と見ていた「ぜんまいざむらい」の影響が間違いなくありましたが、
せっかく作るなら白い団子だけってのも寂しいなと思ったのも事実。

さっそく団子の粉とともに、赤と緑の食紅を買ってきて調理を開始しました。



バサーッ(粉入れる)


チョロローッ(水入れる)


クチャクチャクチャ(混ぜる)


ブチー(三色作るために三分割)


ピッピッピッ(食紅投入)


グニュグニュグニュ(練る)



「ん…まだ色が薄い、食紅が少なかったかな」


ピッピッピッ(食紅投入)


グニュグニュグニュ(練る)



「…あんま色変わってないな」


ピッピッピッ(食紅投入)


グニュグニュグニュ(練る)



「んー?どんだけ入れたらそれっぽい色になるんだろう」


ピッピッピッ(食紅投入)


グニュグニュグニュ(練る)


「ようやくイメージに近い色になった!これでよし」


グツグツ(茹でる)


……………。



「えっ」









P1050924
茹でたら色が濃くなるのかーっ!!!!



    ∧,,∧    ショボーン
    ( ´・ω・)
  c(,_U_U     -○- 
     ━ヽニニフ




まぁ味には影響ないんでそのまま持ってって食べましたけれども。
家族ウケはさんざんでしたねー。
特には評判が悪くて



『マリモ?』

『コケ玉?』

『毒団子?』


などなど大変個性的なコメントを拝領しました。
お菓子作りの経験がない人がヘタに食紅を使うとこうなる、という
モデルケースだと言えるのではないでしょうか。


みなさんも食紅の扱いにはお気をつけください!
ちょっぴりでいいんですちょっぴりで!十分きれいな色がつきます!
もう同じような悲劇を繰り返さないで……!




以上、数年前にやってしまった失敗のお話でした。
次にお花見団子を作ることがあったら、
今度こそはほんのりきれいな色づきのお団子を作りたいと思います。

                                    

ブログランキングに参加しております
banner

 ディスる  英語の"disrespect"から派生した「けなす、侮辱する」という意味の俗語。
もともとHIP-HOPなどで多用されていたが、
最近は一般的な言葉として広く使われている。


ツイッターでたくさんのスタンプ作家さんをフォローしていると、
毎日スタンプについてのさまざまな発言を目にすることができます。

「売れ行き好調!」といった喜ばしい声もある一方で、
あまり売れなくて嘆く声も当然あるわけですが……今回はそのへんのお話。




■自嘲癖がついてないか?

スタンプ作家さんのほとんどは、自分のスタンプが大好きだと思います。
たくさん売れている人はなおさら可愛く思えるでしょう。


ですが、売れ行きが良くない場合に
「自分のはクオリティが低いから…」
「こんなドヘタなスタンプじゃダメだよね…」

みたいな感じで
自分のスタンプをことさら悪く言ったりしていないでしょうか。


僕もそうでした。いくつかのスタンプを販売していて
中には比較的よく売れるものもありますが、全体を見渡せば
ひと月に1個売れるか売れないか、というものの方が多いですから。
もともと理屈っぽい性格なので、売上を分析しては日々反省の繰り返し。


そういう時はついネガティブになってしまって、そのはけ口として
「自分にはセンスが無い」「自分のキャラには魅力がない」などなど
自虐気味のツイートをしてしまいがちですが、冷静に考えれば
こんなツイートをしたところで
見た人に負の感情が伝わって不快にさせるだけなんですよね。




■ひとつでも売れたらもうディスらない

そのスタンプがただの1つも売れてない場合はこうした発言も仕方ないのですが、
もしひとつでも売れたならもう言わないほうがいいと思います。

作者が自分の作品にネガティブになってる姿を晒すのは、
せっかく買ってくれたお客さんからすれば失礼な話です。
「自分はこんなに作者から失望されてるスタンプを買っちゃったのか……」となります。
そのお客さんは自分のスタンプに対して共感できる何かを感じ取り、
気に入ってくれて、使いたいと思ってくれて、
わざわざお金まで出してくれてるんですから。
お客さんの向けてくれたその好意を裏切るわけにはいきません。


僕はスタンプに限らず、
自分が買った or 買おうとしている商品の作者やメーカーには
その商品に確固たる自信や愛情を持っていてほしいと思っています。
なので最近では僕自身も、
ひとつでも売れてお客さんのもとに渡った時点で
もうそのスタンプを決して悪く言わない方針に切り替えました。



「はっはっは、君たちは十分魅力的だけどなかなかみんなに伝わらないねー何でだろうねーはっはっは」
01
「あんまり売れない」とかはOKでしょう。
それは機会損失についての話であって
スタンプやキャラ自体の資質を貶める話ではないので。
「売れないスタンプ」という表現が悪ければ、
「SS級の超レアスタンプ」とでも言い換えれば
多少は前向きな話になるかもしれません。


自作への批判精神は次の創作のために必要ですが、
それを「わざわざネットで言わない」のが大事だと思います。
今の御時世、発言はいつかどこかできっと特定の誰かに伝わってしまいますからね。
そのつもりで言ったのではなくても、曲解される可能性は否めないのです。

                                    

ブログランキングに参加しております
banner

↑このページのトップへ