先日、気密検査をしたんです。
まず結論から。
計測の仕方でC値はごまかせれる👍
それとC値がめちゃいいからって暖かい家とは限りません!
目安程度に見てくださいw

ズルい方法ですがウチはしないですよ!
そんなズルい事はしないです。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6001.JPG
今回は自分でしました。
だって業者に依頼すると高いんですよ😭
機械はレンタルできますし便利です。
ちなみにこの機械って70万〜100万するんです😅買えません‼️

さて測定方法ですが、簡単です。
まず出入り口は全て閉めて鍵をかけます。
そしてこの機会をセットするだけ。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5991.HEIC
延床面積を入力すれば自動計算してくれる優れもの。
(延べ床面積でも、断熱機密の施工の仕方で違ってきます。)

今回は0.18c㎡/㎡
かなりいい数字です🙌

さて、これは戸締りしただけで出た数字です。

すこーしズルい事をすればこの数字を出すことができます。
ちなみにズルをする事は悪い事じゃないです。
それを推奨している会社もあるので、その会社から言えばズルではないですね🤔

気密を出来るだけ良くする方法って単純に壁や屋根や基礎の穴を塞ぐだけ。
基礎断熱の場合、ウチの場合は基礎断熱なのでほぼ隙間はない状態。
屋根もウチは屋根断熱なので、隙間はほぼない状態。

問題は壁にあり。
そうなんです。
窓です🙌

しかも引き違いの窓が多い家ほど気密が悪くなりやすいです。
窓が多過ぎるのも良くないですね。
なので。。。
窓を全て気密シートとテープで塞いじゃうんです。
実際にこのレンタルした機械の取説に、開口部は全て気密シートとテープで塞いでくださいというマニュアルがありました😅

写真がないかググッて見たんですが見当たりませんでした😅
YouTubeでもわからなかったですが、窓を塞いでまでいい数字を出したところで意味はないです😆

まぁそうやってC値を低くして性能があるみたいな事を言ってる会社さんもあるので気をつけてください。

ただはじめに言いましたが、C値がいいからと言って良い家かと言えばそうでもないです。
気密だけ良くても意味ないです。
性能が〜。。。みたいな事は言いませんが、もう当たり前なので、YouTubeでもそんな知識は簡単に得られます。

C値やUA値など数字がいいから快適かといえば違います。
無いよりは全然いいのですが、換気や空気の循環、湿度対策などもしっかり計画して考えないと、数字がいくら良かったところで寒くて暑い家です。

C値0.2以下でも乾燥しまくる家はいっぱいあります。逆に湿度が高過ぎる場合も。

全てはバランスなので、C値など数字で判断するのもいいですが、目安程度にした方がいいです。
数字だけの家なんて簡単に作れます。
ファースだろうがスーパーウォールだろうが、なんでも。
逆に僕が考えてる建て方の方が数字はいいじゃない⁉️って思ってますが😆

数字も大事ですが、できるだけ住み心地を重視した方がいいかなと思います。

あなたがどんな暮らしをしたいかによって、家は決まります。

参考になれば幸いです🙌

次回の測定でズルい方法でもやって比べてみようかな🤔😆

◆◆◆お知らせ◆◆◆
4.17お知らせ情報更新📢

【【イベント情報】】

●6月初旬に構造見学会予定
目で見える性能を体感してください😆
場所:上富田町岩田

●コーヒー屋さん
5/30-31でオープン予定☕️
once a month of coffee
新感覚のコーヒーを開発中!
ヒントはコーヒーゼリーと泡😁
夜もやりますよ〜😆
テイクアウトもOK🙆‍♂️

その他、イベント決定次第ご報告します😊

【【2020年 建築のご予約】】
●新築のご依頼、ちょっとストップ🤚
お話しだけなら大丈夫👌。
プランニングの場合はいっぱい時間ください!
●小規模リフォーム随時受付可能。
●大規模リフォームは要相談。
●ご相談はラインかメールでお願いします。
https://line.me/R/ti/p/%40hachimura
hachimura.fch@gmail.com
0739-20-5745

◀︎●■ーお問い合わせー■●▶︎
質問など些細なことでも大丈夫👌
住宅、新築、リフォームでお悩みの方。
わからないことがあればご連絡ください!
連絡先:各SNSにDM
メール、ラインでもOK👌
[LINE]https://line.me/R/ti/p/%40hachimura