月別アーカイブ / 2018年09月

クリエイターズロケット.png

 


 

はちみつロケットの制作の裏側に迫る、「クリエイターズ・ロケット」。

 

3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」のサックスプレイヤー、竹上良成さんに直撃取材!

最高の演奏ができるまで、何回もの演奏を重ね続けるプレイヤーの仕事の裏側を聞いてみました!

 

 

″CHOKKAKUさんのアレンジはすごく丁寧に1個1個作っていく。人間ができるギリギリラインだと思う”


―今回の曲を演奏してみていかがでしたか。


竹上:CHOKKAKUさんでしょ?アレンジ。完璧ですよ!僕一番大好きなアレンジャーさんなので。

最近よくCHOKKAKUさんが(レコーディングに)呼んでくれてるんですが、すごく丁寧に細かい所にこだわりながら1個1個作っていくんですよ。こっち(=プレイヤー側)で本当に固めてから「どうですか?」って返すと、「ちょっとピッチが…」のような感じで笑。本当に全ての音が無駄なく完璧に計算されているんだなと思います。

 

―女の子のアイドルとの相性はどうなんですか?


竹上:アレンジはコードもオーケストレーションもかなりマニアックなことをやっているんですけど・・・最終的に仕上がったものがすごくポップなんですよね。最終的にはちゃんと(女性アイドルの曲)っぽくなるんですよね。

そこにやっぱりすごくCHOKKAKUさんのカラーがあるし、どんな曲も本当良くしちゃう・・・マジックみたいですね笑

 

ー譜面って事前に送られてきたりするんですか?


竹上:いやいや。今日初めてで、初見です笑

 

ー結構ブラスセクションで難しいことやってますよね?


竹上:結構ギリギリなんですよ。人間ができるギリギリラインを攻めてるというか笑

CHOKKAKUさんのアレンジは、毎回人間のできるギリギリのラインを一つ二つちりばめてくるんですよね。

ポップに聴かせつつ、プレイヤーもレコーディングで詰めるんで最終的に「すごいことしてるな」ってことが目立ち過ぎないように絶妙なバランスで仕上げるんですけど、実際ライブでやってみると割と不可能なことが多いという笑

レコーディングではちょっとPro toolsの力を借りて、一拍ずつとったりだとか、ずらしたりとかしながら完成度を高めていく感じですよね。

 

ー今回特に難しかったところはどこですか?


竹上:Dメロ後の間奏で「タタタタタタ」って16音符で細かく切っているところが難しかったですね。トロンボーンが大変そうでした笑

 

ートロンボーンって普段ああいうフレーズは吹かない楽器ですもんね。笑


竹上:でもできるんですよ!楽器的に不可能だったらごまかしたりもするんですけど、ギリギリできるんですよね。

それはもちろんプレイヤーの腕と(曲を)書いている人がどれだけわかっているかというとこのバランスですよね。

あとレコーディングでは何回も成功するまでトライできるし・・・ライブだったらボロボロです笑。

 

 

IMG_5159.JPG

″最高のものができるまで何度もリテイクする。それはすごく体力のいることだと思う”

 

ーレコーディングで一緒に演奏されるメンバーって作品によって考えたりするんですか?


竹上:考えますよ。大体このメンバー(Trp.鈴木正則、Trb.佐藤洋樹)が多いんですけど・・・。あと何度もリテイクに付き合ってくれる人は大切ですね。

やっぱりレコーディングですごい詰めるので、それだけすごい回数を吹くんですけど、金管楽器は特に体力がいるので嫌がる人も多いんですよね。

2時間くらい吹きっぱなしの事もあるので、そこを許容できるメンバー、となるとこの人ってなりますよね。

 

ーライブの時とレコーディングの時で、自分でスイッチの切り替えとかあったりするんですか?


竹上:録音はライブみたいに演らないとなと思っていて。アグレッシブさを失わず、守らずに攻めていってる感じを大切に。

逆にライブは録音みたいになるべく丁寧に演らなくちゃなって思いますね。

 

もちろん(レコーディングの時も)きちんと演るんですけど、活きの良さがなくならないように″鮮度”みたいなものを気にしますね。

逆にライブは絶対″鮮度”があるんで!今度はクオリティの方に舵を取るというか。

ライブで演奏する環境って必ずしもベスト・コンディションではないことの方が多いんですけど、どんな環境でもただ″楽しい”だけじゃなくてちゃんとしたクオリティの高い演奏を届けられるように、色んな工夫をしながら楽器と体のコンディション管理はなるべくするようにしています。

 

ー毎回楽器は2本くらい持ってくるんですか?


竹上:そうですね、CHOKKAKUさんはテナーサックスって指定がほとんどなんですけど、今日はソロがあると聞いていて、なおかつ「山下達郎さんみたいに吹いてくれ」っていうCHOKKAKUさんのリクエストもあったので、アルトサックスも用意してきました。

 

 

 

IMG_5279.JPG

″楽曲制作はプラモデル作り。どんな小さな失敗でも絶対にもう一回やり直す。暗黙のルールがあるんです”

 

<その場で演奏して作っていくことについて>


ーアドリブ・ソロのレコーディングの時ってどのように考えながら演奏しているんですか?


竹上:真っ白ですよ!取りあえず吹いて、全体のプロポーションを作ってから整えていくのが僕のやり方ですね。

1回感覚で吹いてみてそれが良ければ、それをどんどん修正していく。その中で、コードと折り合いの悪い音を修正していったり、「ピッチはいいけど勢いが足りない」みたいなところをテイクを重ねながら直していく・・・作曲しながら演奏してレコーディングしているって感じですかね。

プラモデル作ってるみたいな感じですよね。頭から最後まで録るんじゃなくて、「こっちが出来たらあっちをこうして」みたいにパーツパーツで組み上げていくので。


その過程で一緒に演奏してるメンバーの体力だとかが落ちてきたら、とりあえず全体像が見えるところまで録音して、気になるんだったら後で直して先に進みましょう、みたいな。

同じところでつまづいてると進まないじゃないですか。なのでとりあえず「進めてから戻る」。

結局2時間くらいのレコーディングの中で、トランペットが音出なくなっちゃってエンディングが吹けなかったとか、頭の方で詰めすぎて最後の方妥協することになっちゃうというのもマズイので笑。

ディレクターに「もう一回やってくれ」って言われて、そこで要求に答えられないと、こういうレコーディングみたいな仕事はやっぱり向いてなくて。その辺はすごく人を選びますね。


あと、耳がいいメンバーに「俺どうだった?」って聞いたりとか。そこはお互いに助け合ったりして。いいもの作るということを目標にしてみんなで助け合う。

失敗したら、たとえば聴こえないような音の失敗でも絶対にもう一回やる。暗黙のルールみたいなのがあって。

若手のプレイヤーを連れてきても、「間違えたらみんな付き合うから。絶対手を挙げてくれ」って。(自分は)録った後のプレイバックのときはクリックとブラスセクションだけを聴きます。全体のバランスはディレクターやエンジニアに確認してもらって、自分はセクションの音を裸で聴く。

そしてちょっとでも気になる部分があれば必ずやり直す。なぜなら聴き逃しちゃうような細かいミスも、ミックスの段階でコンプをかけると目立ってきちゃうこともあるので。そういった一個一個を潰してく作業の繰り返しですね。

ー魚の小骨を全部取るような気の遠くなる作業ですね笑

 

 

*****CHOKKAKUさんに関して******************************

 

IMG_5265.JPG

″CHOKKAKUさんはすごい。すべて設計図通りに出来上がってくる”

 

<今回のクリエイターのみなさんに対して>


ー駆け出しのアイドルをやってもらうには申し訳ないくらい素晴らしい人たちが集まってくれたと思っていて。

 

竹上:いやいや・・・

CHOKKAKUさんは基本「仕事を断らない」んですよ。

この前も「俺が二人いてもできない」っていうので、どーしても断らなくちゃいけない案件が重なって・・・泣く泣く断ったというくらいで。

 

竹上:僕がここ2、3年レコーディングに参加させてもらうようになってからは、一切はずれがないですよね。あと、ブラスの譜面を直したこともないですね。

 

ーすごく精度が高いというか、「どうしてこんな複雑なコード進行やフレーズを思いつくのか」と思ったんですよね。

でも、その上に乗っかるメロディーとの相性は抜群で・・・ちゃんとこちらが思い描いてる「夏曲」に見事にヒットしてくるんです。

 

竹上:さすがですよね!もうみんなプレイヤーで「さすがだね!」って言いあってるんですよ。

 

ーでも結構キツイものもありますよね?笑

 

竹上:そうですね。笑ギリギリなんですけど・・・

昔はもっとマニアックなことやってたらしくて、それを嫌がる人もいたみたいで。

CHOKKAKUさんもどこかで「演奏可能なアレンジをしなくてはいけない」と思っていたみたいなんですけど、

そこに、我々みたいに「僕、打ち込みみたいに吹けますよ?プログラミングしたみたいに吹くのが大好きです!」っていう感じの人達の歯車があって。

それからすごく(CHOKKAKUさんが)声をかけてくれるようになりました。

 

ーCHOKKAKUさんの思い描くサウンドにスタジオミュージシャンの技量がついてきたっていう感じなんですかね?

 

竹上:昔はテープだったのが、Pro toolsに変わって、融通が利くようになって…例えば「これ全部通して、この精度で吹け」って言われたら相当大変ですよね。

もっとラフにしてそれがいい時もあるんですよ。いい感じのライブ感だったり。

昔のアース・ウィンド・アンド・ファイアーとか聴いてもそんな丁寧じゃないじゃないですか。上手いんだけど、いい意味で揺れているような感じの。


今はもうクリック聴いてジャストで吹かないと、みんなの精度が点になってきてるんで、ただずれているように聴こえちゃうんですよね。

昔は本当に幅があったというか、そんなできないし、書く人もそんなに細かく書かないんですよ。

経験でここまでやらせちゃうとクオリティー落ちちゃうなって。できる限りの分量だったし。

 

あとは、全部CHOKKAKUさんがフレーズも考えてるんですよね。

これがギターが別の人がやっていたりすると、ブラスとぶつかるフレーズにいっちゃったりとか、ピアノのパッキングでもオブリガード入れちゃってブラスとぶつかったりとか・・・全部自分で設計しているから、そういうよどみがなくなって、設計図通りに出来上がってくるんですよね。


これが例えばミュージシャンに丸投げで、ブレスアレンジやって、オケが出来ましたって言ったら、もう色んなことをみんながやっていてぶつかって「フレーズ変えなきゃいけないじゃん!」っていうところがないんですよね。

そこはやっぱり強いですよね。

 

一回すごいださいメロディーをCHOKKAKUさんにアレンジしてもらったらどうなるかやってもらいたいですよね!笑

 

 

限界まで挑戦し続けることで、最高の演奏を作っていく。さらにひとりひとりの最高の演奏ができるまで挑戦し続ける。そんな″プロの最高の演奏を詰め合わせた“はちみつロケットの楽曲、「花火と漫画とチョコと雨」。

ワンマンライブ前にもう一度聞いて、プロの技を今一度感じてみてくださいね!

 

竹上良成さん、ありがとうございました!

 

 

IMG_5155.JPG

IMG_5304.JPG



 

 

******************

 

サックスプレイヤー
竹上良成

17歳からサックスを独学で始め、その後、宮本大路氏に師事。19歳でスタジオでの初レコーディング、20歳で初ツアーを経験。
Norman Connors(モータウンプロデューサー)のバンドでロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイトツアーを体験。以降、国内外問わず
多くのアーティストのサポート、作曲・アレンジ・ブラスアレンジと多忙を極める演奏家。

 

******************

 

はちみつロケット3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」

 

○初回限定盤A CD+Blu-ray

PCCA-04694 ¥1,667+税(税込¥1,800)

M1. 花火と漫画とチョコと雨

作詞:いしわたり淳治 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU

M2. 夜空にきらめく花

作詞:奥華子 作曲:川村結花 編曲:湯浅篤

M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)

M4. 夜空にきらめく花(off vocal)

特典Blu-ray

花火と漫画とチョコと雨 Music Video

 

○初回限定盤B CD+Blu-ray

PCCA-04695 ¥1,667+税(税込¥1,800)

M1. 花火と漫画とチョコと雨

作詞:いしわたり淳治 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU

M2. 陰陽 -Yin Yang-

作詞:中村彼方 作曲・編曲:ゆよゆっぺ

M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)

M4. 陰陽 -Yin Yang-(off vocal)

特典Blu-ray

「花火と漫画とチョコと雨」

ジャケット撮影&MV撮影Making映像

 

   

○通常盤 CD Only

PCCA-70530 ¥1,111+税(税込¥1,200)

 

M1. 花火と漫画とチョコと雨

作詞:いしわたり淳治 作曲:林田健司 編曲:CHOKKAKU

M2. MOTTO MOTTO!!

作詞:児玉雨子 作曲・編曲:michitomo

M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)

M4. MOTTO MOTTO!!(off vocal)M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)

M4. MOTTO MOTTO!! (off vocal)

・封入:トレーディングカード(全7種の内ランダムで1種)

 

<INFORMATION>

■LIVE

▼はちみつロケットワンマンライブ▼

2018年11月26日(月)・27日(火) open 18:30 / start 19:00

Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

 

指定席 ¥3,700 (税込・入場時1DRINK代600円別途)

※お一人様2枚まで

※小学生以下入場不可、小学生以下のお客様は保護者とファミリー席をお求めください。

 

ファミリー席¥3,200 (税込・入場時1DRINK代600円別途)

※ファミリー席は、2F席となります。

※お一人様4枚まで / 1枚でのご購入はできません。

※大人のみ、子供のみでのグループでの購入はできません。大人(中学生以上) / 子供(3歳~小学6年生以下)

※全員着席でのご観覧になります。

※3歳未満入場無料(ただし保護者1名に対しお子様1名まで膝上観覧可能、お席が必要な場合は有料)

 

************

養蜂情報先行受付【無料会員先行】<抽選>

2018年9月23日(日・祝)18:00〜9月30日(日)23:59

 

★下記ページより、会員ログイン後お申込みください★

無料会員「はちロケ養蜂情報センター」

https://www.stardust-member.jp/hachimitsurocket/

※お申込み期間中に無料会員登録いただけば、お申込み可能です。

※既に会員の方は再登録の必要はございません。

************

 

▼スタプラ東京Vol.2.5▼

【出演】

ロッカジャポニカ / はちみつロケット / 桜エビ~ず / CROWN POP

【日時】

2018年10月10日(水) open 18:00 / start 18:30

【会場】

新宿BLAZE

 

【チケット】

スタンディング¥3,000 (税込・入場時別途ドリンク代)

※整理番号付き

※お一人様4枚まで

※未就学児入場不可

※酒類の持込禁止/酒気帯での入場不可。発見した場合、即退場。

※女性観覧エリア・お子様観覧エリアを設置予定です。

※おかえりの際、公式Human lined streetがあります。

※今回オープニングアクトの予定はございません。

 

【チケット発売詳細】

プレイガイド一般発売日(先着)9月26日(水)18:00~ イープラス

http://eplus.jp/sp-tokyo/

 

■LINK

公式HP http://www.hachimitsu-rocket.com/

公式ツイッター https://twitter.com/8rocketofficial

公式LINE https://lineblog.me/hachimitsurocket/

いよいよ、明後日に開催されるワンマンライブ!8月8日に3rdシングル『花火と漫画とチョコと雨』をリリースし、オリコン週間シングルランキングで8位を獲得した“はちみつロケット”。この夏、彼女たちは数々のリリースイベント、アイドルフェスに出演。その集大成こそが『はちみつロケット ワンマンライブ』なのだ! インタビューでは彼女たち1人1人に夏の思い出を聞きつつ、これからのはちロケについても語ってもらいました。ラストは雨宮かのんちゃんの登場です!
かのんちゃん、どう最近?

S__10469382.jpg


——夏の思い出を教えてください。

雨宮:今年の夏は、富山のおじいちゃん家へ帰りました。自然に囲まれててすごく楽しめました。

——何をして過ごしたの?

雨宮:おじいちゃんが近所の人に「アイドルが来たよー!」って紹介して。私も「……あぁ、こんにちは」って挨拶回りをしてました。

——孫を自慢したかったんだろうね(笑)。富山は毎年帰ってるの?

雨宮:4年ぶりくらい。最後に行ったのは、はちロケになったばかりの頃。従姉妹もめっちゃ背が伸びてて「え! 誰!?」っていう(笑)。

——おじいちゃんは?

雨宮:おじいちゃんは何も変わってなかったです。ただ、めっちゃ焼けてました。

——ハハハハハ。他には金沢にも行ったんだよね。

雨宮:お母さんと二人で金沢へ旅行に行きました! 山とか川とか橋とか、そういうの見るのが好きなんですよ。だからとても癒されてきました。

——富山と金沢は別で出かけたの?

雨宮:1日目は金沢に泊まって、2日目から富山に泊まりました。すっごいゆっくりできて、ひたすら楽しかったです。

——はちロケで印象に残っていることは?

雨宮:やっぱりリリースイベントですかね。いろんな場所へ行けたし、たくさんのファンの方と会うこともできて、本当に楽しかったです。

——特に覚えているステージは?

雨宮:TIF(『TOKYO IDOL PROJECT』)とか『アイドル横丁』は他のアイドルさんのライブも観れるじゃないですか。だから、個人的に得をしたイベントでした。

——誰のステージを見たの?

雨宮:横丁はクラポ(CROWN POP)、夢みるアドレセンス、GANG PARADE、EMPiREの順番で観て、自分たちのステージに臨みました。

——WACKは好きなの?

雨宮:好きですね! ライブも行ったりします。最後に観たのはnotall主催イベント「宴<notage> -第四夜-」で、BiS1st / BiS2nd、こぶしファクトリーが出てました。


——スタダのイベントだと『夏S』に出て、百田夏菜子さんと写真を撮ってたね。

雨宮:撮りました! そしたらクラポのりなてぃ(里菜)に「そんなに楽しそうな笑顔を初めてみた!」って言われて。『夏S』はスタダのアイドルさんと会えるじゃないですか。私は人見知りだし、窮屈だからそういうの苦手だったんですよ。だけど、今回の『夏S』はそういう壁がなく他のグループの子と仲良くなれて良い夏の思い出です。

——あと、今年の夏はソロライブもあって。

雨宮:毎年『GIRLS' FACTORY NEXT』は追い込まれるんですけど、今年も大変でしたね。ただ、追い込まれることってそうそうないじゃないですか。だからこそ「こんな経験はないな」と思って楽しめました。

——曲先で作詞をしたのは初めてだったとか。

雨宮:そうですね。作詞は「この日まで作ろう」じゃなくて「このフレーズ良いなぁ」と電車の中で曲を聴きながらメモをしながら作りました。

——はちロケでも作詞できたら良いよね。

雨宮:そうですね! もう2曲は書き始めているので、いつか作詞で参加したいです。

——ちなみにマイブームってある?

雨宮:最近はいろんな物件の見取り図を見てます。

——アハハハハ! なんで?

雨宮:オシャレな物件だけを紹介してくれるアプリがあるんですよ。それをずっと見てます。

——近々引っ越すとか?

雨宮:今は予定ないんですけど「引っ越すなら、こういう家が良いな」と妄想してます。

——どんなお家が良いの?

雨宮:シンプルなのが良いです。特にコンクリート打ちっぱなしの家に憧れる。あとはお風呂とトイレは別が良い!

——住むなら場所はどの辺が良い?

雨宮:井の頭線沿いで、各停しか止まらない駅が良いですね。もっと具体的に言えば新代田に住めたら嬉しい。

——新代田は落ち着いてるし、下北も近いから便利だよね。

雨宮:1回だけ遊びに行ったんですけど、すごくオシャレな印象だったんですよ! 住むならそこですね!

——ちなみに料理にもハマってるとか。

雨宮:そうです。特にカレー作りが多くて、スープカレー、欧風カレーも作ったので、次はキーマカレーに挑戦しようと思ってます。

——雨宮さんはカレーが好物なんだよね。お店で食べることもある?

雨宮:行きます、行きます! 原宿にある『みのりんご』はキーマカレーの上にチーズがかかってて、本当に美味しい。この前は『珊瑚礁 本店』のカレーを食べたくて七里ヶ浜まで行ってきました。

——カレーを食べるためだけに七里ヶ浜へ?

雨宮:そうです! カレーを食べるためなら労力もいとわないです。

——たしかスニーカーも好きで集めているんだよね。

雨宮:そうですね。特にナイキ、プーマ、アディダスを集めてます。よく見たらちょっと変わってるデザインが好きで、この前は淡い紫色のエアフォースを買いました。あと、モアテンは2足持ってます。

——何足ぐらいあるの?

雨宮:それくらいだろう⁉ 20足くらいはあると思います。自分の誕生日プレゼントにもう1足買おうかな!

——ちなみに昨日は雨宮さんの誕生日だったよね。そして明後日はついにワンマンライブもあって。

雨宮:19歳になりました! わーい! まだ1日しか経ってないから全然実感も湧いてないんですが、最初に実感するのはやっぱりライブの時の自己紹介なので23日のワンマンで19歳になったことを感じたいと思います(笑)。19歳最初のライブがメジャーデビュー後初のワンマンライブなので、年齢とともに進化した私を見てほしいです!

——気合十分だね。

雨宮:あ、ちゃんと他の子も見てください……恥ずかしいので(笑)。そんな感じで19歳の最初から飛ばしていきます! よろしくお願いします!

——メンバーもみんなもお祝いメッセージをくれたそうだね。最後は雨宮さんからはちロケの7人へメッセージをお願いします。

雨宮:志歩ちゃんのLINEブログちゃんと読んだよ! 嬉しかった! 他のメンバーもLINEありがとう(播磨以外)! ……播磨! まだ待ってるよw




INTERVIEW=真貝聡
フォトグラファー=雨宮かのん


<INFORMATION>
【LIVE】
9月23日はちみつロケット1stワンマンライブ
H.R.HONEY♪~明日何してる?渋谷に行こうよ!~
http://www.hachimitsu-rocket.com/shibuya_vision/
※ニコニコ生放送生中継
視聴URL:
http://live.nicovideo.jp/watch/lv315597214

公式HP http://www.hachimitsu-rocket.com/
公式ツイッター https://twitter.com/8rocketofficial
公式ブログ https://ameblo.jp/hachimitsu-rocket/


■はちみつロケット「花火と漫画とチョコと雨」MV Full Ver.(3rdシングル)

いよいよ、ワンマンライブまで残り3日! 8月8日に3rdシングル『花火と漫画とチョコと雨』をリリースし、オリコン週間シングルランキングで8位を獲得した“はちみつロケット”。この夏、彼女たちは数々のリリースイベント、アイドルフェスに出演。その集大成こそが9月23日の『はちみつロケット ワンマンライブ』なのです! インタビューでは彼女たち1人1人に夏の思い出を聞きつつ、これからのはちロケについても語ってもらいました。今回は華山志歩ちゃんの登場です!
志歩ちゃん、どう最近?

写真1.jpg


——今年の夏、印象的な出来事はあった?

華山:プライベートですよね? 携帯のスマホロールを見ても、食べ物の写真しかないんですよ(笑)。

——お盆休みはマシュマロパンケーキを食べたとか。

華山:あれは本当に美味しかったです! ブログで紹介したら3B juniorの中村優ちゃんが「私も一緒に行きたい!」って連絡をくれて、2人で食べに行きました。

——そもそもマシュマロパンケーキって?


華山:パンケーキの上にマシュマロが乗っているんです。正直、見た目からして甘そうじゃないですか? だけどバターの塩っ気がいい感じになっていて、絶妙なバランスで飽きないんです。さらに外側がサクサクしているので、食感も楽しめる!


——華山さん、食レポすごいね!


華山:アハハハハ! 確かに喋りだしたら止まらなくなっちゃった(笑)。それが夏休みに一番感動した食べ物です。とにかくスイーツが好きなんですよね。

写真2.jpg

——ちなみにオススメのお店はある?


華山:かき氷屋さんなんですけど、武蔵小山にある『はいむる珈琲』が好きです。どのかき氷にもエスプーマという泡状のムースがかかっていて、それが目玉ですね。


——お店は自分で調べたの?


華山:調べましたね。インスタで「#かきごおりすと」と打ったら、いろんな写真が上がっているので、良いなと
思ったらスクショしてます。


——すごい女子力高いよね。


華山:いやいや、ただの食いしん坊ですよ(笑)。


——最近のマイブームってある?


華山:私、電車に乗ったら目の前にいる人の名前を考えちゃうんです。


——ハハハハハ! 当たっているか確かめようがないけど(笑)。


華山:勝手に考えて、勝手に満足してます(笑)。


——じゃあ、さきほど写真撮影をしたカメラマンの名前はなんでしょう。(※正解は佐賀章広さん)


華山:えっと……待って……アレっぽいな。地方にしかいなそうな、珍しい名前だと思う。


——あ! 近いよ!


華山:えっと、沖縄っぽい苗字だと思うんですよ……ヒガさん!


森:めっちゃ近い! 1文字変えるだけ!


マネージャー:沖縄からもう少し離れて!


森:ヒントは九州、九州!


華山:え! 1文字違うの? カゴさん?


森:……バカだな。


一同:(笑)。


森:ヒガさんだよ? ヒガさん。


華山:ヒガさん、ヒガさん、日傘?


森:なんでだよ! 九州寄りの名前。


華山:ヒガサワ!


森:2文字増えてんじゃん! ヒガさんから1文字変えればいいの!


華山:ヒワ?


森:九州だって言ってんじゃん! 


マネージャー:福岡の隣に何があるの?


華山:……大分。


マネージャー:逆側いってみようよ。


華山:佐賀さん!? 


一同:(拍手)。


華山:えっ! 佐賀出身なんですか?


森:それは知らないよ(笑)!

写真3.jpg

——意外とこのゲーム盛り上がるんじゃない(笑)。是非ファンの方にも挑戦してよ。


華山:ハハハハハ! じゃあ、リクエストをいただけたらフルネームを考えます。


——では、これからマイブームにしたいことはある?


華山:読書をしたいですね。私、小説を読むのにすごい時間がかかるんです。だから沢山読めるようになりたい! あと電車で小説を読んでる人ってカッコイイじゃないですか。時間を有意義に使っている感じがして。


——その時、華山さんは本を読んでる人の名前を考えたりして?


華山:あっ、してます!


——してんのかい(笑)。


華山:だから私も本を読む側にまわりたいんですよ。


——ハハハハ。この夏、はちロケの活動で印象に残っていることは?


華山:リリースイベントは全部が印象に残っているし、1stと2ndよりも達成感を感じました。最終日は初日よりもお客さんが増えていたのが嬉しかったです。あと、今回はグッズを作れたので「あの方、はちロケのファンなんだな」というのが目に見えてわかるのが本当にありがたくて。なんと言っても『花火と漫画とチョコと雨』はオリコン週間ランキングで8位を目標にしていたから、それを達成できたことも嬉しかったです。


——話を聞いてると本当に濃い夏だったんだな、と。


華山:濃縮されてました。夏だけとは思えないくらい、いろんなことを経験させてもらえたので「メジャーデビューってすごいな!」と思います。


——お客さんから言われて励みになった言葉あるかな?


華山:女の子のお客さんから「志歩ちゃんみたいになりたくて、私もこの服を買いました」と言われて「私もお手本にされているんだ」って嬉しくなりました。小さい頃からモデルさんが好きで、私も真似している側だったのですごく嬉しかったです。


——どんな雑誌を読んでたの?

華山:小学生の頃は『ニコラ』『ピチレモン』『Hana* chu→』『LOVEberry』とかめっちゃ買ってました。ティーン誌を全部買ってたくらい、雑誌にはお金をかけてましたね。


——憧れの世界なんだね。

華山:そうですね、最初はモデルさんになりたくて事務所に入りました。

——じゃあ、最終目標はモデルなの?

華山:きっかけはモデルさんなんですけど、アイドルの方が私はやりたいって気持ちになりました。アイドルというお仕事に出会えてよかった。だからこそ、いつか誰かのお手本になれるようなアイドルになりたいです。

——最後に『はちみつロケット ワンマンライブ』の意気込みを聞かせてください。

華山:メジャーデビューして初めてのワンマンライブだから、いろんな方に期待していただけてると思うんです。それを上回るように頑張らなきゃなって思います。楽しいだけじゃない、本当に充実した時間にします!

写真4.jpg

———————————————————————————————————
<本日9月20日は、雨宮かのんちゃん19歳の誕生日ということで。志歩ちゃんから、かのんちゃんへのバースデーメッセージを紹介します>

まずはお誕生日おめでとう!かのんちゃんの誕生日を祝うのは今回で6回目です!今年も祝えて光栄です!!

雨宮かのんがいるからはちロケが誕生したので、この世に存在してくれて本当にありがとうの気待ちでいっぱいです!

正直、出会った当初は全然仲良くなくて(笑)

第一印象がすごく怖かったんです!

この子とは絶対に仲良くなれないって思って過ごしてました(笑)

でも少しずつかのんちゃんの意外とお茶目なところだったり、泣き虫だったり、人間っぽい一面を知って、この子、顔によらず怖くないって思って!怖い印象が消えました(笑)

私とかのんちゃんは付かず離れずな関係っていうか(笑)

ベタベタくっついたりすることは滅多にないけど、常に近くにいるというか、今では何かあると1番に打ち明けたくなる存在です!

最近だと思いつきでやったインスタライブがすごく楽しかったです!

ただ2人でお喋りしてるだけなんだけど、ファンの人からも普段の私達の日常がみえて面白かったーって言われたのでまたやりたいと思ってます!なので雨さんご検討のほどよろしくお願いします!

こういうので言えば実現すると思ってるやつです(笑)

普段は照れくさくて言えないけど、雨宮かのんが本当に大好きです!!

2018年9月20日 華山志歩より

写真5.jpg

INTERVIEW=真貝聡
フォトグラファー=雨宮かのん


<INFORMATION>
【LIVE】
9月23日はちみつロケット1stワンマンライブ
H.R.HONEY♪~明日何してる?渋谷に行こうよ!~
http://www.hachimitsu-rocket.com/shibuya_vision/
※ニコニコ生放送生中継
視聴URL:
http://live.nicovideo.jp/watch/lv315597214

公式HP http://www.hachimitsu-rocket.com/
公式ツイッター https://twitter.com/8rocketofficial
公式ブログ https://ameblo.jp/hachimitsu-rocket/


■はちみつロケット「花火と漫画とチョコと雨」MV Full Ver.(3rdシングル)

↑このページのトップへ