クリエイターズロケット.png


はちみつロケットの制作の裏側に迫る、「クリエイターズ・ロケット」。
3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」の衣裳を担当してくれた森 俊輔さんに直撃取材!
今回は前回のインタビューに続き、「公野舞華」の衣裳の制作話からスタート!


IMG_6146.jpg


 
゛公野の衣裳は、お腹出し!彼女はとってもストイックな人だなと思う”

店長:次は公野さん。公野さんはお腹出してましたね!

hrnt_0012.jpg

森:出してましたねって!確信犯じゃないですか笑
そうですね、公野さんに関しては、出せるところは出した!って感じです。


店長:一番最初に衣裳を発注する前に、本人(公野)と話する機会があって、「どんな衣裳を君は着てみたいんだ?」聞いたら・・・「とにかく足が長く見えるようにしたい!」と笑。

森:笑

店長:それで「わたし出せるところは出していいですよ!」って(公野が)言ってたんですよね。それで「おぉ!?」ってなって・・・
「じゃあ、お腹出しちゃう?」って聞いてみたら、「がんばる!!」って言ってて。

森:肩も出てますし、お腹も出してますし、足もガッツリ出してますしね!公野さんもこれに向けて(体を)絞ってきて、鍛えてきてて!「ストイックだなー」って思いましたよ!
でも、肌を見せただけじゃなくて、さっきいってた「レトロ感」は一つのテーマなので、ボタンであったり、ドットの生地であったりを使って、″オシャレ”な方向の衣裳にするようにしました!

店長:そうですね、(肌を見せたことで)健康的な感じになっていたのですごくよかったなと思います。じゃあ、次は塚本さん!

hrnt_0763.jpg


森:彼女の衣裳も華山さんであったりだとか、澪風さんであったりとかと同じなんですけど、ちょっとレトロな感じで
首からの切り返しが″懐かしさ”がある感じで。


店長:髪の毛も少し外にはねさしてかわいい感じでよかったですよね。



hrnt_1551.jpg

森:播磨さんの衣裳もレトロな感じなんですが、播磨さんの鎖骨当たりの切り返しの部分がエナメルの部分を使ってたりするので、森さん、雨宮さん、播磨さんに関しては″強め”ではありましたね。レザーの感じとか。
今までで行くと、ドキュートな感じだったと思うんですけど、″ワンピースでスカートふわふわ”みたいな。
ちょっと″かっこいい”スパイスを足してみたのが播磨さんの衣裳ですね!


゛レトロ×ストリートがなかなか繋がらなかった。そんな時に「ライダース」がしっくりきたなって”

hrnt_1214.jpg


森:森さんに関しては、他の仕事でスタイリングをさせてもらうことも多くて、なんとなく彼女の雰囲気とかは掴んでいました。

店長との話し合いの中で、森さんに関しては″ストリート感”が多少ほしいという意見もあって・・・
でも「レトロ×ストリート」っていうのがなかなか繋がらなくて、じゃあどうしよっかなって考えたときに″ライダース”がしっくり来たんですよね。
かっこいい方向で、「ライダースにスカートが繋がっちゃった!」みたいな。
しかもレトロな時代に居そうだし、こんな子いたら恰好いいなって感じで作らせてもらいました。
 


゛「タレントさんの姿がどうきれいに見えるか」そこが一番のポイント”

店長:衣裳を作っていく中で、こだわりとかあったりするんですか?

森:色々な方のスタイリングをやらせていただく上で、よく言われるのは「森くんのスタイリングってシルエットがとてもきれいだね」って言われることが多くて。
タレントさんの姿をどうきれいに見せようかというところが、一つ僕の重要視しているところで、ウエストの位置だったり、
「どうやったらこの子の足を今以上に細くきれいに見せられるんだろう」とか、そういうところを意識したパターンニングだったりだとかを大切にしています。

店長:ちょっとした裾の長さだったりだとか、シルエットで見方って全然変わるんですよね。


店長:一つ聞いてもいいですか?本人に会って、(実際に)採寸しながら衣裳を作っているわけではないわけじゃないですか。なのにどうして平面図からちゃんと立体にできるのか、不思議で笑

森:大変なんですよ笑 2次元を3次元にする作業なので・・・
僕といつも仕事してくれる「衣裳制作チーム」がいるんですけど、彼らとすごい、話込むんですよ!
それこそ、夜23時ごろに事務所に行ってそこから、3~4時間は一つの衣裳について話すんですけど、写真とか実際のものをみせて理解してもらって話さないと、まったく別のものが上がってきたりするんで・・・
たまに思ってたものと違うという時もありますよ。笑
時間がタイトな時に、フィッティングなしで進めるっていうのも多くて・・・取りに行ってみたら「おぉ・・・違うなぁ・・・」って笑 
どうしようもないですよね!笑
でもそれはそれでよかったりして。持って行ってみたら、自分が意図したものではないんですけど、それとは違う良さがあったりして・・・


゛ボタンは遠くのお客さんにも見えるようにに大きく。ヒールは踊りやすいように7cmにこだわった”

店長:今回大きなボタンがついてるじゃないですか。あれってどういう風な意図でつけたんですか?

森:年代をさかのぼれば、さかのぼる程ああいう大きなボタンがあったのでつけました。
今回店長と話してた時に、ステージに上がった時、″遠くの観客席のお客さんにも届く衣裳”と言われていたんですよ。だからまず生地はキラキラしていた方がいいねっていうのは大前提だったんですけれども・・・
そこに加えて、「ボタン小さかったら遠くまで見えないかな・・・」と思った、ただそれだけです。笑
ボタンを大きくすれば遠くの人も「なんかついてるな」ってわかるかなと思ったんですよ。
これが小さかったらなんもない、金と柄だけの衣裳になっちゃうんですよ。


店長:はちみつロケットって1st,2ndもなんですけど、(靴を)ヒールにしてるんですよ。それぞれがブーツじゃなくてパンプスの子もいるじゃないですか。


森:基本的には衣裳に対して「どんなものが合うか」で選んでるんですけど、森さんと雨宮さんに関してはロングブーツ、華山さんとか播磨さんとか澪風さんに関しては、パンプスタイプのヒール、公野さん、塚本さんに関してはくるぶしまでのミドルブーツにしています。
ただ、ヒールに関しては(全員)7cmくらいにしています!ヒールは高ければ高いほど、スラッとは見えるんですけど、ただ踊っていく中で、彼女たちのいままでの「ヒール経験」というところを考えると、あまり高くしすぎると、ステージ上で事故になってしまう可能性もあるし、なおかつ低すぎるとスラッと見えなくなるし・・・(そう考えると)5cm~7cmくらいって程よいなって。
ヒールもステージで踏ん張ったときに、踏み込めるようにピンヒールとかの細いものでなくて、極力太めのタイプを全部選ばせてもらいました。


店長:頭の髪飾りはどういったイメージで作ったんですか?

森:夏感ですよね。肌露出も肩とか出してますしやっぱりテーマってところを考えると「夏」だったり花火だったりというところがあったので、お花はお花なんですけど、ちょっと蝶々つけてみたりだとか、にぎやかにしてみました。



IMG_6120.jpg


゛「仕事をしてて報われた瞬間」を正解にしてくれるのはお客さんとメンバー”

店長:お客さんにどういった気持ちで衣裳をみてもらいたいですか?

森:自分自身やっぱり彼女たちが衣裳を着て、ステージに上がっているのを見るのが好きなんですよ。
それを見て「おぉ!僕が作ったのを着てくれている!!!」ってなっている自分がいるんですけど笑
お客さんからさらにそこに「かわいー!」とか「すごーい!」とかいう声があると純粋に(気分が)上がっています。
そのためにやっているようなもんです!笑
それが仕事をしてて報われた瞬間ですよね。その″報われた瞬間”を正解にしてくれるのはお客さんですね。
メンバーに関しては、テンションが上がっているのが今日の撮影で目に見えてわかったので、あとはお客さんの反応ですね。


店長:メンバーがパフォーマンスをしたときに、何かきれいに見えたりするこだわりはあるんですか?

森:動いたときに柄がまずキラキラして、光の当たり具合で変わりますよっていうのは先ほど、説明したんですが、実はスカートもタイトスカートにしてるんですけど、斜めにスリット入れていて、足を動かしやすいようにしてあったりします。
結構ガッツリ踊っているので、踊りやすい仕様にしています。
あと、短いパニエスカートを中に入れています。クルっと回ったときに裏側まできれいに見えるようになっています!


店長:回ったときにきれいに見えるってとてもいいですよね!
たぶんこれから彼女たちが年齢を重ねていくにつれて、それぞれ衣裳も印象も変わってくるだろうし、女性らしさというものを(衣裳の視点から)表現したいときが出てくると思うので、これからもわれわれはちみつロケットに力を貸していただきたいです。今後もよろしくお願いします!今日はありがとうございました!

「ヒール」、「女性らしさにこだわった肌見せ衣裳」への挑戦。
進化し続けるはちみつロケットの衣裳の裏側には、きれいに見せるためだけじゃなく、機能性・メンバーの個性に合わせた工夫が隠されていました。これぞ、プロの技ですね!森 俊輔さん・店長ありがとうございました!




===============

森 俊輔
スタイリスト

▼ホームページ
https://hifumi-inc.co.jp/mori-shunsuke/
===============

はちみつロケット3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」

【発売日】2018年8月8日(水)


○初回限定盤A
・品番:PCCA.04694
・価格:税抜1,667円(税込1,800)
・収録内容
M1. 花火と漫画とチョコと雨
M2. 夜空にきらめく花
M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)
M4. 夜空にきらめく花 (off vocal)
・特典:「花火と漫画とチョコと雨」Music Video(Blu-ray)


○初回限定盤B
・品番:PCCA.04695
・価格:税抜1,667円(税込1,800)
・収録内容
M1. 花火と漫画とチョコと雨
M2. 陰陽 -Yin Yang-
M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)
M4. 陰陽 -Yin Yang- (off vocal)
・特典:「花火と漫画とチョコと雨」ジャケット撮影&MV撮影Making映像(Blu-ray)


○通常盤
・品番:PCCA.70530
・価格:税抜1,112円(税込1,200)
・収録内容
M1. 花火と漫画とチョコと雨
M2. MOTTO MOTTO!!
M3. 花火と漫画とチョコと雨(off vocal)
M4. MOTTO MOTTO!! (off vocal)
・封入:トレーディングカード(全7種の内ランダムで1種)


■□■■【8/8(水)発売!】3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」リリースイベント開催中!■□■
3rdシングルリリースイベント「はちロケと平成最後の夏優勝しようツアー」
8月7日(火):東京ドームシティ ラクーア ガーデンステージ
8月8日(水):お台場パレットタウン “うるのん”ステージ(パレットプラザステージ)
8月9日(木):ポニーキャニオン 1Fイベントスペース
8月10日(金):タワーレコード渋谷8月11日(土・祝):お台場パレットタウン“うるのん”ステージ(パレットプラザ ステージ)
8月12日(日):ダイバーシティ東京プラザ 2Fフェスティバル広場 FINAL!



3rdシングル「花火と漫画とチョコと雨」特設サイト
http://www.hachimitsu-rocket.com/3rdsingle_special/


★☆★3rdシングルリリースイベントにて無料会員スタンプラリー開催!★☆★

3rdシングルリリースイベント開催を記念して・・・
無料会員「はちロケ養蜂情報センター」の会員様向けにスタンプラリーを開催しちゃいます★

開催会場は・・・6/2~7/16、8/11・12の全10会場!!
ぜひ、この機会にスタンプを集めて、豪華賞品をゲットしてみてください!\サイッ/

▼詳細はこちら!
http://www.hachimitsu-rocket.com/news/2018/053102.html

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★