東京・大阪・名古屋にて開催のHMV Presents “はちロケ春の三大祭”名古屋編が5月13日、名古屋市内某所で行われた。「スタダ名曲カバーてんこ盛り祭」と題されたこの日のライブは、その名の通りスターダストの名曲達をはちロケがカバーしまくるというはちゃめちゃに楽しいライブだった。カバー11曲、オリジナル2曲という天真爛漫過ぎるセットリストに会場は終始笑顔で溢れていた。

会場が暗転し、ももいろクローバーZのライブでお馴染みのSE「OVERTURE」で登場した7人にロケッターも完璧なコールで応え幕開けと同時にロケットスタート!「週末ヒロイン、はちみつクローバーZ!」の掛け声で歓喜と驚きの声で溢れ返るロケッター。スタダの曲をカバーするだけでなく、スタダ愛、ももクロ愛が高じて、もはやももクロになりきっているはちロケの姿はまるでキン肉マンのラジカセキングのよう!(分からない人は調べてください笑)

jE2DxNiCp1.jpg

それが如実に表れたのがももクロの自己紹介をアレンジした「はちロケももクロ風自己紹介」。各メンバーが推しているももクロメンバーの自己紹介をするということでメンバー同士でももクロ愛を競い合うような展開に(笑)。高城れにリスペクトの「ふみふみ体操」、しおりん(玉井詩織)リスペクトの「あいうえお作文」、あーりん(佐々木彩夏)推しが渋滞したことによる「あーりんだよぉ」の連発、百田夏菜子リスペクトの「えくぼは無いけど恋の罠をしかけます」といった名言の誕生など、ハッチャケが真骨頂のはちロケらしい自己紹介で完全にももクロが憑依したところでカバーコーナーに突入。

IeTcfgAsYj.jpg


qEruZNabUr.jpg


「黒い週末」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」とももクロの名曲を披露。のっけから最高潮の盛り上がりを見せるロケッターとメンバー達。MCでは「オリジナル曲よりももクロのカバーのほうがキレがある」と関係者に言われると漏らしていたが、うん、オリジナルよりキレがある!(笑)

1ERIisHlkc.jpg

93ypYXDYxk.jpg

「今日はスタダ名曲てんこ盛り祭ですよ!」と会場を煽り立て続けに披露されたのはチームしゃちほこ「乙女受験戦争」、私立恵比寿中学「仮契約のシンデレラ」、ロッカジャポニカ 「教歌SHOCK!」というスタダの名曲達!こうやってスタダの曲を改めて聴くと色んな物語が頭によぎる。はちロケメンバー達も先輩や仲間の曲をはちロケスタイルで歌えることがとても嬉しそうに感じた。

y9T5P6NCRT.jpg


Id919hqQ6S.jpg

WaUKQR8zq7.jpg


さらに懐かしいナンバーも飛び出してきた。小学2年生からスタダで活動を続けている塚本颯来が当時在籍していたみにちあ☆ベアーズの「みにちあ応援歌」、雨宮かのん、華山志歩が在籍していたチーム大王イカでも歌っていた「ダイビング」にはロケッター達もヒートアップしまくっていた。


KdmYJzt0Hr.jpg

ここで謎の並び変えタイム。スタダに入った順、背の順、ビジュアル順(笑)、センターに相応しい順(笑)と次々と並びが変わっていく中、気付いたら最初のももクロを披露したときと同じ並びに戻っていたはちロケ達。そう、ここから再びももクロカバーゾーンに突入し「今宵、ライブの下で」「きみゆき」「MOON PRIDE」と歌う7人。彼女達が憧れているもの、目指すステージ、そこに向けての鋼の意志をビシビシ感じる素晴らしいカバーだった。そしてスタダといえばこの曲、「また明日」で本編が終了。まるでスタダの歴史をはちロケを通して疑似体験するようなとても貴重なライブだった。アンコールではオリジナル曲「はちみつロケット~黄金の七人~」「おかしなわたしとはちみつのきみ」を強く明るく可愛く歌ってスペシャルなライブは大盛況の中、幕を下ろした。


_kHXSl5Jtv.jpg

スタダという歴史を背負って、でもそこにまったく動じず、猪突猛進真っ向から走るはちみつロケット。彼女達の曲もいつかこうやって誰かにカバーされる日がきっとくるんだろうなと、未来をも想像させる素晴らしいライブだった。いけいけはちみつロケット!

Text 柴山順次


はちみつロケット 2018年8月8日(水)発売3rdシングル予約イベント
■2018年5月19日(土) 16:00~
会場:HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース

3rdシングルリリースイベント
6月2日(土):東京都内
6月10日(日):東京都内
6月17日(日):千葉県内
6月23日(土):愛知県名古屋市内
6月30日(土):東京都内
7月8日(日):埼玉県内
7月15日(日):兵庫県内
7月16日(月・祝):大阪府内
and MORE