2016-01-11-13-17-40

●有料noteの適正価格について考える(「月刊はあちゅう」の値付けについて)

先ほど、以下のようなつぶやきをしたところ、
コンテンツ作成の大変さを知っている方々から
多くRTを頂き、嬉しく思いました。


また、これに対して
以下のようなご意見もありましたが、


新米ライターは金をとるべきではないという考えではなく、

何の読まれる工夫も、お金を払う側へのサービス精神、敬意、感謝も無く、
ただ表面的な部分を真似して棚ぼたラッキーを待ってる
中途半端なヤツのコンテンツが売れるはずない、という話です。

人からお金を取ることを軽く考える人は、自然淘汰されると思いますが、
私は「コンテンツでお金を稼ぐ」ことに敬意を払うからこそ、
大した工夫もなく、自分のコンテンツに高値をつけられる人の
厚かましさにイラっときます。

ところで、では、有料noteは
いくらくらいが適正価格なのかというと
これはもう、個々人の価値判断だと思うのですが…

続きはこちらをご覧ください。



=======
プロフィール ●書籍一覧
●ほぼ毎日エッセイが届く「月刊はあちゅう」(初月無料・月額500円)
キンドル版も発売中

●プロデュース商品
オイル美容液「チコラ」/週末野心手帳/ジュエリー

お仕事・講演依頼は、
hachu.officeあっとまーくgmail.comにメールください。
(スタッフが目を通しますので日時、拘束時間、ギャラ、依頼先など、
分かる範囲でなるべく詳細をご記載くださいませ)

有料オンラインサロン(月1でメンバー募集中)

学校的な…「ちゅうつねカレッジ」リンク先に一年分のカリキュラムがあります
サークル的な…「ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい」日本最大の有料オンラインサロンです。