月別アーカイブ / 2017年06月

今月号のモア連載は、ついつい悩み続けてしまって気持ちの切り替えが苦手な人に読んで欲しい。お仕事名言博物館の第5回です。

#お仕事名言博物館
#MORE #お仕事


仕事から逃げたい時、
人は「共感」を求めて、
同じように仕事から逃げたい人に
相談をもちかけがちなんだけど、

本当に、話を聞くべきなのは、
仕事を楽しそうにやっている人なんじゃないかなーって思ってます。

なんでもそうだけど、
嫌いなもののことは
好きな人に聞くと苦手意識が薄れる。

私は昔コーヒーが嫌いだったのだけど
コーヒー好きの人とお付き合いして
コーヒーの魅力を聞いているうちに
飲めるようになりました。

今は旅先で必ず、その土地のコーヒー屋さんによるほどの
コーヒー好きです。(でも紅茶も好き)





☞前編はこちら:高須クリニックでアートメイクを取ってきた【前編】 - Powered by LINE

さて、そんなわけで施術当日(昨日の午前)。まずは改めて、お医者さんによる
診察をして頂いた後、レーザー治療の同意書にサインしました。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0182.JPG

レーザーは黒い部分に反応するので、
刺青だけではなくて、近くのまつ毛にも反応して、
まつ毛が抜けることなどがあるそうです。
(これレーザー脱毛してる人ならわかるやつ・・・)

最新の機器の「ピコレーザー」というものを
まずは右目、その次に左目のアートメイクに
照射して頂きました。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0187.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0184.JPG

1:まずは目の周りに麻酔注射をする←これが一番怖いし、痛い
2:目を保護するためのコンタクトをいれる
3:レーザーをあてる

という感じのステップで、
カウンセリングも含めて全部で35分くらいで終わっちゃいました。
悩んでた時間のほうが長い…。

一番不安だった「痛み」ですが、思っていたほどではなかったです。
レーザー脱毛の時と同じような痛み。
敏感な目のキワは多少ビリっとしますが痛いより、びっくり、が大きい…。
そしてあっという間なので、さほど。

「アートメイクを麻酔ナシでいれるのを我慢できたんなら
全然我慢できますよ」とスタッフさんに直前に言われましたが
まさに…いれるほうが3倍くらい痛かった。(10年前の私、怖いもの知らずすぎる…)

●ビフォー

u1Yu5Jwikj.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0176.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0175.JPG

●施術直後のアフター

PR35kwAyNZ.jpg

xpQ3L2A6lY.jpg

vY7YSj2TWk.jpg

思ったより全然腫れませんでした。もっと腫れるかと思った。
(でも一応、持参していたサングラスをかけて帰宅しました)

涙で濡れているように見えますが、
これは、傷口が化膿しないために、
目に入っても大丈夫なクリームを塗っています。

正直、昨日の夜には、腫れも全部ひいていて外出可能でした。

翌日(今日)のすっぴん状態での目元はこんな感じ。

QGuyEbSFM8.jpg

だいぶ赤みが引きました。

まだ赤いけど、
赤いアイライン(最近はそんな色もありますよね…)
をひいてるみたいな感じ。たぶん、レーザー治療したってことは、
言わないとわからないと思います。

翌日の今日、普通に外出して友達とも会いましたが
友達は私が自己申告するまで異変に気付かず。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0284.JPG

「実は昨日レーザーの治療して…」と
言うと「え、そういうメイクなのかと思った―!
わからなーい」と言っていました。
私もこんなに腫れないとは思わなかった…。

もっと家にひきこもるつもりだったけど全然大丈夫みたい。
このあとかさぶたになったらまた見た目も変わってくるかもしれないし、
まだまだ油断はできませんが、

術後二日目はこんな感じです…というのを写真付きでレポートしてみました。

まつ毛が抜けたりするのはこの後のことなので、
(まつ毛が抜けると同時にアートメイクも抜ける)

また、変化があったらブログでお知らせします。

あとは、私のアートメイクは10年消えないレベルで
がっつりと深く入っているので、2、3回、
通うことになるかもしれません。そんなことなどもあわせて
レポートしたいと思います。

私と同じく、若気の至りでいれてしまった刺青をなくしたい方は、
高須クリニックに、問い合わせてみてください。
(カウンセリングは無料でした)

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0183.JPG

※腫れ具合は部位にもよるし、個人差があると思いますよ!

※PRのための記事ではなく、
あくまでモニターとしての体験談です。
謝礼などは発生していません。

※施術を推奨する記事ではなく、あくまで判断材料のための記事です。
アートメイクで後悔している人の役に立ったら嬉しいです。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0178.JPG

昨日、高須クリニックで、
アートメイクの除去手術を受けてきました。

アートメイク…男性はあまり知らないかもしれませんが、
要するに刺青ですね。

これ、私の完全すっぴんの目元なのですが
化粧は全部取ってるのに、
アイラインががっつりと入っているのが、おわかりでしょうか…。

u1Yu5Jwikj.jpg

上下ともに入っているのですが、気になっているのは下のラインです。
上はこのまま残しておこうと思っているのですが、
下のラインは顔の印象をちょっと変えてしまう気がして。

斜め上からの写真だとさらにわかりやすいかも。下のライン、がっつり。
(↓こちらのほうの写真はまつエクが少し残っている状態)

YQZyXk6NtU.jpg

大学時代、2008年(もうほぼ10年前かぁ…)
世界一周中に、タイのバックパッカーストリートで
アートメイクをいれるという危なっかしいことをしました。

当時は「日本より安いしお得!」
「これで激務になってもメイク時間が短縮できる!起きてすぐ会社行ける!」と
嬉しがっていましたが、「自然に消える」と言われていた
2年を超しても、全然消えないので
「んー…」と心のどこかでずっと気になっていました。

メイクの流行って変わるもので、
最近は、薄めのメイクにしたいと自分でも思っていて、
この目元だと性格もきつく見えるし

きつく見えるくらいならいいけど、
下手すると顔が古臭く見えるし、
(がっつりアイラインってどこかギャルっぽい印象を与えてしまう…)

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8437.JPG

(↑写真にとっても、アップだと割としっかりうつるのです。)

テレビに出た時に、エゴサーチをしていると
目元のアイランがきつすぎて怖いという意見もちらほらあって。

タイ人スタッフさんの美的感覚で入っているので、
むこうでははっきりした目元になるのでいいんでしょうけど、

日本に住んでるわけだし、ちょっと
自分でも、「目元、濃いなー…(というか怖いなー)」
と気にかけていました。

そして先日、「こんなに長い間、悩むくらいなら
思い切って消そう!」と決意して
いろいろ調べて高須クリニックに
自主的に行ったのですが、

その時に目が一時的に腫れることや
まつ毛が抜けたりすることをご説明頂き、

(ちょっと怖い…めっちゃ腫れたらどうしよう…)等と迷ってしまい、
「迷ってるんです~」という話をいろんなところでしていました。

そうしたら、とある編集者さんが、
高須クリニックの広報の方を紹介してくださったんです。

そして、モニターとしてアートメイク除去を
していただけることに。

アートメイク除去(レーザー) : その他診療 : 美容整形の高須クリニック

アートメイクの除去については
私もいろいろネットを見て回りましたが、
眉毛のアートメイク除去はあっても
アイラインの除去をしている方の
体験談があんまり出てこず…。
不安が大きくなったのは、そのせいでもあります。

ただ私も、最終的には
他の人の体験談で背中を押されたので、
迷っている人のためにも、
ブログで写真付きで過程を公開していこうと思います。

ビフォー、アフター、
施術の痛み、腫れ具合、
まつ毛の抜け方など、
随時、ブログで記事にしますね。

長くなったので施術の直前、直後のことは
次の記事に書きます。

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0181.JPG

(アイラインのアートメイク除去を扱っているクリニックは
そもそも、結構少ないです。
目のキワというかなりデリケートな部位なので、技術が必要とのこと。

紹介者がいたというだけではなく、高須クリニックは高須先生がメディアでしっかり
顔出ししているので、安心して体を預けられると思いました。こういう時、やっぱり責任者が
顔出ししているって安心感につながりますね…。)

後編はこちら☞高須クリニックでアートメイクを取ってきた【後編】 - Powered by LINE

※カウンセリングを受けたのは
赤坂院ですが、横浜院に最新の機械があるということで、
施術は横浜で受けました。赤坂院の先生が横浜にも
出勤されているとのことで、カウンセリングをしてくださった
先生と同じ先生が施術もしてくれました。

※PRのための記事ではなく、
あくまでモニターとしての体験談です。
謝礼などは発生していません。

※施術を推奨する記事ではなく、あくまで判断材料のための記事です。
アートメイクで後悔している人の役に立ったら嬉しいです。

渋谷・スペイン坂の真ん中にあるGALLERY X BY PARCOで開催中の「ボタニカル蚤の市」でボタニカルな雑貨とアクセサリーを見てきた☺️ケイクスで連載中のコピーライター、古橋あや香さんが代表をしている「SHY FLOWER PROJECT」の商品が気になって見に行ったの✨パーティやコンサートで捨てられる花を再生するアートプロジェクトなのだって。(7月2日まで、入場無料、撮影OK)
#ボタニカル蚤の市
#ボタニカル #shyflowerproject
#古橋あや香


おお~、イケハヤさん、おめでとうございます。爽快ですね。




↑これですよ、これ。

以前に「月刊はあちゅう」に書いたのですが、
私がnoteを教えてあげた友人のひとりは、
今は社会人の初任給より
ちょっと多めの額を、毎月稼いでいるそうです。
私も、noteのおかげで、好きだけれどお金にはならないお仕事に
日々取り組めています。

オンラインサロンについては
いろんな会社や芸能人の方に
意見を聞かれる側になりました。

サロンという名前を使うにしろ、使わないにしろ
月額課金のコミュニティビジネスは
NewsPicksさんなども始めていて、大成功だそうですね。

NewsPicksアカデミア

後ろ向きな意見を信じる人たちは
今日も誰かを叩いているんだろうな。

私も、そのうち失敗をするかもしれませんが、
失敗も含めて全て経験になるので、
失敗談も、ネタにして生きていこうと思います。

一円にもならない叩きに人生を費やしている人は
幸せなんでしょうか。

私はイケハヤさんと違ってまともに傷つきますが





こちら側…新しいものをどんどん取り入れて、自分の力で人生を変えていく側
の人とだけ、仲良くして生きていきたいと思っています。


↑こういう考えの人のほうが、世の中で結果を出していることに
気づけない人たち、本当に残念ですね。

箕輪さん、手掛ける本全部ベストセラーで
発売前重版を連発しているもんなぁ・・・。

これを「成功」や「結果を出している」と言わずして、
雑魚キャラたちは何を成功や結果と呼ぶのか逆に知りたいです。

あなたたちは、どうせ誰が何をしてても、どんなにお金を稼ごうと、
人望を得ようと、相手を「生まれつきの勝ち組」「いつか失敗する人」
「信者を騙す詐欺師」として、足を引っ張ることだけが仕事なんでしょ?

その惨めな人生から抜け出すためにも、
早くこっち側にくればいいのに。


●1日1エッセイの取り組みを続けているnoteもよろしくお願いします。
はあちゅう | note




ビジネス本ですが小説のような一冊でした。

8歳で両親を失い、生きるために路上ライブを行って、
その経験を今のビジネス「SHOWROOM」に生かしている
前田さんの密度の濃い人生が、
余すことなく載っています。

前田さんには以前から興味があったので、
インタビュー記事なども何度も目にしていますが
それらの記事の中ではおそらく文字数などの都合上抜けている
「なぜ」「どうやって」
が全部この本に書かれていて、スッキリしました。

世の中的に「頑張らなくていい」「無理しなくていい」
という意見が重んじられる流れになってきていますが
この本の中ではコツコツと努力を重ねることの
大切さが丁寧に描かれているので、
今ちょっと頑張れていないという人は
お尻を叩かれるだろうし、
今頑張っている人は、勇気をもらうと思います。

SHOWROOMのコーポレートサイトにも書かれているという
インドでのエピソード。

インドの寝台列車で
足が不自由な子のパフォーマンスを目の当たりにして、
「世界には二種類の逆境がある」と気づくシーンが心に深く残りました。

努力や熱量で乗り越えていける逆境と
本人の努力だけではどうしようもない逆境。

自分が前者側にいるのなら、
後者の人も生きやすい仕組みや構造を
社会に作らなくては、という内容です。

ここで読めるのでよかったら読んでください。

社長メッセージ - SHOWROOM株式会社

現代人の多くは、
「自分の物語」を消費していて、
何か完璧な「他人の物語」を消費することには、
飽き飽きしているのです。
コンテンツと観客の間に会話が生まれると、
元のコンテンツの持つ価値が拡張され、
同じ空間にいる人同士の関係性や動き、
発言など、あらゆる要素が相互に影響し合って、
それ自体がコンテンツになっていきます。

などなど、現代のコンテンツへのヒントが
散りばめられているので、コンテンツに関わっている人も
読むと必ずヒントになるフレーズを見つけらえると思います。

エピローグの

"情熱と努力次第で、
人はどんなに高みにだって上っていける。
自分の人生を通じて、これを証明してみせます。"

という部分がしみました。

頑張っている同世代の人みんなに対して同じことを思いますが
これから前田さんが作る伝説をリアルタイムで見れることが嬉しいです。
人生に楽しみがまた一つ増えました。


朝からこんな連続ツイートをしました。




逆に宣伝を依頼する立場の人に知ってもらいたいのは
SNSは信頼の蓄積だから、それを使ってくれるって
すごく有難いことだし、気軽に頼まないでほしいということ。

SNSパワーを使わせてもらう時は
相手のお金や長年の努力を使わせてもらっているのと同じだと思ってください。

(前にもどこかに書いたけど、知らない人から宣伝ブログを気軽に頼まれるの、
好きじゃないです。お仕事として頼んでください)

そして、前田さんみたいに、
友人が自ら俺のSNSを使ってくれ~!って集まる人って
人望ありますよね。

本は今日届くらしい。嬉しいな。
30日の発売日まで待ちきれないもの(´;ω;`)

仲良しの編集者、箕輪さん@幻冬舎が担当している本です。

▼6月30日発売です。

↑このページのトップへ