身なりを整えておくことって大事ですね。




過去のつぶやきシリーズ。
ギャラについての連続ツイート。






過去ツイートから発見したエピソードが面白かったので
セルフまとめしておきます。








最近、ネタ探しのために過去のツイートを
掘っているのですが、

過去につぶやいていた広告業界用語が
面白かったのでセルフまとめしておきます。

こんな表現、忘れてたなぁ…!(懐かしい…!)







※こちらの記事は「佐渡汽船」さんのスポンサード記事です。

2019年4月15日から17日まで
2泊3日で人生初の佐渡旅行に行ってきました。

IMG20190417124102.jpg

この旅記録がこれから行く人の役に立つと嬉しいです。
以下は、私が独断と偏見で選んだ

「佐渡に行く方にオススメしたい10のこと」です。

===

【1】特等船室に乗ってみる

東京から新潟へのアクセスは

(1)東京駅から新幹線で新潟駅へ
(2)新潟駅から、バスかタクシーで新潟港・佐渡汽船のりばへ
(3)新潟港から、船で佐渡へ

という感じ。

今回の旅では佐渡汽船さんの
「おけさ丸」(往路)

_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5416.JPG
33056FFF-6B0B-493C-9550-0047FF2C5FB4.jpg
IMG20190415130120.jpg
IMG20190415131210.jpg
IMG20190415131244.jpg

「ときわ丸」(復路)に乗船しました。

IMG20190417122610.jpg
IMG20190417123158.jpg
IMG20190417123204.jpg
IMG20190417123217.jpg

じゅうたん席、イス席など、いろいろなクラスの
席があるのですが、妊娠中で船酔いが心配だった私は
行きも帰りも「特等船室」を予約。(ネット予約可)

_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5394.HEIC

特等…と言っても
片道一人6640円の手が届く贅沢。

プライベートバルコニーもあるので
写真も落ち着いて撮れ、

お子様連れや荷物が多い方にもオススメです。

IMG20190417124229.jpg

【2】佐渡牛乳を飲む

佐渡牛乳はトキをモチーフにした可愛い
パッケージ。船内でも購入可能でした。

IMG20190417122211.jpg


(パッケージはリニューアル予定だそう)

そのまま飲んでも甘くて、ちょっとうれしくなっちゃう美味しさなのですが、

IMG20190417123645.jpg
IMG20190417123418.jpg

「ときわ丸」内で買えるソフトクリームも
佐渡牛乳使用なので、アイス好きは是非そちらも。

IMG20190417124305.jpg

【3】地元の海産物を使った本格フレンチを食べる

1日目の宿泊は「Ryokan浦島」併設の
「ラ・プラージュ(La Plage)」にて。
新鮮な佐渡食材をフレンチで頂きました。

9AA496B9-27CF-4112-85F5-29856813DEBD.jpg

海鮮を味わう、となるといつも和食なので
1食は趣向を変えたものが食べたくてこの宿を選んだとも言える…。

IMG20190415170558.jpg

結果は大満足です。

宿泊者ではなくてもお食事は楽しめるらしいので、
よかったら是非。今回の旅のイチオシご飯。
(朝ごはんも可愛かったです)

IMG20190416085226.jpg


【4】たらい船に乗る

ワカメ、アワビ、さざえなどの漁に
今でも使われているという「たらい船」。

IMG20190416125342.jpg

体験できる箇所はいくつもありますが、
私は、電話での対応がとても優しく親切だった
宿根木の「はんぎり」さんへ。

IMG20190416130306.jpg
IMG20190416125306.jpg

予約ナシで乗れるのですが、
天候の悪い日はお休みのこともあるそうなので、
行く前に確かめてみるのが無難です。

ここから、車で10分の場所にある
「竜王洞」(通称青の洞窟)も
フォトスポットとして最高なのでまとめて回っても良いかと。

cE3uBStjjo.jpg
IMG20190416140831.jpg


【5】絶景カフェでまったりする

ツイッターでオススメしてもらったカフェ「しまふうみ」は
旦那が「人生ベストカフェかも」とつぶやいたほどの
絶景。気持ちの良い天気の時に行ってみてください。

N9vLqpkvqV.jpg

インスタで見た「アフォガード」が美味しそうで
頼もうとしたら、時期的にまだやっていないとのこと。(残念…!)
それから15時すぎに行ったら、デザートは完売していたので
デザート目当ての方はお早めに…!

【6】夕日をゆっくり見る

2日目は、「夕陽に一番近い宿」
を掲げる「ホテル吾妻」さんにお世話になりました。

IMG20190416182221.jpg

ここはインスタにアップしたら、仲良しの男友達から
「そこ修学旅行で行ったんだけど!」と連絡が来た…笑。
宴会場などもある、大勢でも行ける宿です。

露天風呂つきの個室にしたので、
ゆったりと海と夕陽を見ながらお風呂に入れました。

IMG20190416172119.jpg
IMG20190416182221.jpg

【7】金山に行く

島の2大観光スポットは
「佐渡金銀山」、「トキの森公園」。

この2つは、真逆の場所に位置するので、
限られた旅程だと、回り切るのが難しいかも…!

(私も行ってみてびっくりしたけれど
実は佐渡は東京23区よりも、広く、
「一日あれば車で一周出来るでしょ」とか
思っていくと、回りきれずに悔しい思いをすることになります)

私達は「金山」を選びましたが、ちょうど桜の時期だったので
道中、満開の桜を見ることが出来て、ラッキーでした。
夜は夜桜ライトアップもしているとのこと。

9213B543-E162-4681-AF3D-83A68850049E.jpg

約30分で回れる「宗太夫坑コース」を選びましたが、
人形がリアルすぎてかなり楽しめました。

_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5645.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5648.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5649.HEIC

【8】ブリカツ丼を食べる

「佐渡名物なので是非食べてください」と言われて、
食べる気満々だったのに、ランチタイムの14時までで終わってしまうお店が多くて、
食べそびれてしまった…

と思いきや、両津港の食堂「よろこんで」で、帰宅日に出会えました。

IMG20190417110941.jpg

めちゃくちゃ美味しいです。

KUHSHE2IR9.jpg

あと、ここ、海も山も見えて、
入港してくる船も見えて、大正解スポットでした。

IMG20190417114659.jpg

【9】地元のスーパーに行く

旅先では地元のスーパーやドラッグストアを覗きたい派なのですが
「フレッシュ・マツヤ」というスーパーで、地元の暮らしを垣間見ることが出来ました。

_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5405.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5403.HEIC

魚コーナーはとにかく地物の魚が多い!

P5VR8Xjwkz.jpg
Nm0Fkqrmlz.jpg


【10】「インスタ映え」を見つける

島内の観光所などでもらえるパンフレットで
予めいくつか目星をつけておいて、
「これの写真が撮りたい!」ってものはスタンプラリー的に
回っていきました。私が撮ったのは

●ときわソフト(青いソフトクリーム)、

IMG_5852.jpg

●トキたま(バニラクリームパン@パン屋カフェクレアーレ)

UEBGc9HMsl.jpg

●たらい船カフェ(茶房やました)

EJTN1526.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_175APPLE_IMG_5633.JPG

など。これから行かれる方は
ぜひ、ご自身の「インスタ映え」を見つけてみてください😃

というわけで、以上が私の「佐渡でのオススメ10のこと」でした。

★インスタグラム、ツイッターで
#はあちゅう佐渡 と検索すると
時系列で旅程などがわかると思うので
これから旅行に行かれる方は参考にしてください。




久々に韓国に行ってきました。

どこに行ったかよく聞かれるので
行った場所、今回の行程まとめておきます!

▼行きの飛行機で見えた富士山

_var_mobile_Media_DCIM_166APPLE_IMG_6973.HEIC

_var_mobile_Media_DCIM_166APPLE_IMG_6970.HEIC


===

●1日目:夕方に到着し、ホテルに到着してから夜ご飯をこちらで。
シメのとびっこチャーハンがプチプチした食感で美味しすぎた…。

・この日の夜は東大門(トンデムン)でお買い物を。
寒かったので帽子を買いました。

XwCfjPCGK0.jpg


●2日目

・朝ごはん:ソルロンタンとプルコギをオーダー。


・その後、SMTOWNシアターにショーめあてで行ったものの、
その日、特別イベントがあるとかで、ショーがおやすみで…(T_T)

隣のCOEXでアイスクリームだけ食べ、

_var_mobile_Media_DCIM_167APPLE_IMG_7062.HEIC

YGHM9fGVLL.jpg


南大門(ナンデムン)に移動し、屋台ご飯。(←ランチ)

_var_mobile_Media_DCIM_167APPLE_IMG_7068.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_167APPLE_IMG_7069.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_167APPLE_IMG_7070.HEIC

ちょっと寒すぎて、頭が痛くなってしまったので
いったんホテルに戻って休み(2時間位寝た)、
夜ご飯は鍋ものを二軒はしごしました。


タッカンマリの場所の近くから
東大門(トンデムン)にまた行って、
お買い物を。

タッカンマリは前にも行ったことのある場所だった!

3日目:

チェックアウトした後、タクシーで空港へ。
朝ご飯はParis Baguettedeで。
その後飛行機に搭乗して、東京に帰ってきましたー。
帰りのフライトは2時間もかからずあっという間だったなぁ…。

寒くてあんまり写真を撮っていないので、
ブログがちょっとさみしくなっちゃいましたが、
とても楽しかったので
次回はあたたかい時期に行きたいなぁ😂

==

▼旦那観察日記の韓国編はこちらから。

▼韓国情報をくれた皆さん、ありがとうございました!!
(次回も使えそう…!)


▼今回の旅はYouTubeでも公開予定です。
よかったらチャンネル登録よろしくお願いします。

==

▼今回もWi-Fiは仲良しのレミちゃんが運営している
LOVETABIさんの紹介で
イモトWi-Fiを借りていきました。

↓以下のLOVETABIさんのリンクからサイトに飛ぶと
10%オフになるそうです。


D87XHCREyi.jpg


※この記事はイモトWi-FiのPR記事ではありません。


※この記事はPR記事ではありません。

L_1lGybnkf.jpg


今朝と昨日、インスタにも載せたのですが、
最近初代バチェラーの久保さんが始めた
家具レンタルサービス「CLAS」を使い始めました。

これがとっても良いの!

今うちで借りてる家具は
テーブル、椅子(2脚)、
ikwPMT4aG8.jpg

私の部屋の本棚の3種類。

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6055.JPG

Xw3znwI7Fd.jpg


家具って「長いお付き合いになるぞ…!」と思って、
その都度熟考して買うものの、

なんだかんだで使っているうちに
「お店で見ていたときとは違うなー」
って使用感に不満が出たり、

気分の変化で
部屋のテイスト変えたくもなるし…

とはいえ
大きいものがどんとあると
それが部屋のテイスト決めちゃうから
大幅な変更はお金がかかったりで…

だから、家具の買い物って
プレッシャーが大きかったのだけど。

レンタルなら、
「気に入らなかったら、あるいは
飽きたら返せばいいもんね!」っていう
気軽さがありますね。

CLASはまだまだ始まったばかりの
サービスなので、品揃えが豊富というわけでは
なくて、

コンパクトな暮らしの家具…

学生の一人暮らしや
お試し同棲生活には
ぴったりな家具が揃ってるって感じ。

でもシンプルなテイストがタイプで、めちゃ気に入っています!
ファミリー向けの家具も増えたらいいなぁ。

というわけで、オススメでした。


※家具を持ってきてくれる時に、
もともとの家具を引き取ってくれるサービスもついてるよ。



昨日こんなニュースを読みました。
本は(特に小説は)、売れていないのです。「映像化」の帯がついて、
初めて一般の方に「お?」と気づいていただける本の何と多いことか。

と書いてある。

先日、出版関係の方と会った時も全く同じことを聞きました。
「小説、特に純文学は恐ろしく売れてないです」と。

月刊はあちゅうはエッセイを書く場所をつくるために始めた、
としつこいほどにいろいろな場所で書いていますが、


エッセイも、小説と並んで
最も売れないジャンルの本です。

先週会った編集者さんは
「今はビジネス書ばかりが売れて、純文学やエッセイは、
アマゾンの30位以下にいかないと見つけられない」とも言っていました。

それくらい、エッセイと小説って
今、売るのも出すのも厳しいです。

書店でも小説やエッセイは棚が縮小していて、
一番良い棚は、
(まだ売れる可能性がある)ビジネス書に
割かれる
という嘆きも現場の方から聞きました。

小説もエッセイも大好きな私にとってもこれはさみしい…。

ビジネス書は、即効性コンテンツです。
すぐにがつんとききます。

なぜなら本には著者が出した、著者なりの答えが、たぶん、書いてあります。
だからそこに書いてある知識やテクニックを人生にすぐ取り入れられる。

そして、小説やエッセイは遅効性コンテンツなんですね。
最初は「効いてんのかな、これ?」と疑いたくなる。

たぶん、本の中に明確な答えはなくて、良い小説やエッセイほど
心に多くの問いかけを残し、読者はその答えを自分で見つけなくてはいけないと思うのです。

(私がエッセイにコメント欄はいらない、っていうのも、私は書くまでで役割を終えていて、
読んで何を感じるは人それぞれでいいや~と思うからでもあります)

cf:コメントの質が媒体の質になる時代。(私がnoteにコメント欄はいらないと思う理由)

即効性も、遅効性もそれぞれに良いところがあります。
でも即効性コンテンツの消費だけでは、
感受性は磨かれないと思うんですよね。

ビジネス書を読むと、知識が増えた気になりますが
逆に小説を読むといかに自分が世界に対していかに無知であったかを知る気がします。

忙しい現代人のこと。

同じ時間を割くなら、
知識をとにかく増やすほうがお得に思えるのも、分かる…。

でも、「だからエッセイや小説は無駄」とは思ってほしくないのです。

もちろんビジネス書の中にも
骨太で、消化するのに時間と体力が必要なものもたくさんありますが

一般的に比較すると、
小説やエッセイのほうは、得るものがあるかどうかが自分次第なので、
すごく、効果がわかりづらいと思います。

これを知り合いの編集者さんは
「小説はじわじわ効いてくるものです」と表現していました。
今はその「じわじわ」が待てない人が多いんだろうなぁ…!

でも、柔らかいものばかり食べて歯が退化してしまうみたいに、
噛み砕き、単純にしたコンテンツの消費体験しかなかったら、
単純なものしか咀嚼できない体になってしまうと思う。
それってすごくさみしいことな気がします。

たまには知識を得ることを目的とせずに
じわじわ効く読書もしてほしいなあと
本に関わる人間の一人として、願っています。

これに関連した、「楽しい無駄」をテーマにしたエッセイも、
近日中に月刊はあちゅうに書くつもりです。
よかったら読んでみてください。

あとエッセイも好評発売中です。
気が向いたら買ってほしいよ!

これが売れないと続編は出せないんだよーーー…!(´;ω;`)(切実)


真夜中にシュークリーム
はあちゅう
毎日新聞出版
2016-02-27


(感想ツイート、ありがとうございますー(´;ω;`)










=======

【note】
月刊はあちゅう

↑このページのトップへ