完全に放置してましたね。。。


申し訳ないです。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2899.JPG

バス釣りというのは基本的に『待つ』ことが多いと思います。
そして、釣れない時間が圧倒的に多いですよね。



例えば

回遊ルートにいるけど、無駄にキャストして場が荒れるのも悪いから、タイミングを見計らう。



その姿勢は『待つ』です。




ランガンしながら、岩盤エリアやシェード、インレットなど、様々なエリアを見て回るときは、釣りをしていませんよね?


だから『待つ』です。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2929.JPG

釣れる人と釣れない人の差は『待つ』時間にどう脳みそを使うかなんです。



人間の行動というのは、思考が関係しています。



ランガンするにも、ルアーをセレクトするにも、待つにしても『判断』や『識別』なんかが、必要なワケですね。




人間は飽きる生き物ですから、
集中力がない人は単に飽きているだけなんです。


また思考というのは、その人の行動を作り
作った行動で現実を作ります。



釣れない時間に『今日は釣れない』と考えてしまうと、釣れない行動を取るわけです。


釣れない理由を無意識に探し、釣れない原因を探るからモチベーションが下がって、アイデアやインスピレーションを遮断してしまうんです。



釣れる理由を意識的に探すと、釣れる理由や条件が必要だと気づくことが出来ます。



すると、天候や風向き、ここ最近の釣れた情報やルアーセレクト、ベイトの状態や水の色、前日比や気温、水温を判断材料にしていきます。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2948.JPG



プロの脳内というのは、『イメージ』がパッパパッパッと切り替わっていて、常に、脳みそを働かせているワケです。



釣れない状況なら、どうするのか。
魚が口を使わないなら、どうするのか。
魚を探すには、どうするのか。



常に経験とデータをもとに、魚の状態をイメージしているので、集中力が高いんです。


よく言われるパターンにはまったというのは、



状況判断とイメージが現実と重なったときに起きる『再現性』のことです。



バス釣りに必要なのは圧倒的な『再現性』です。




上記でも話したように、データとイメージが現実と重なったときにパターンを認識するんです。


データやイメージはアタマの中にある想像の出来事です。
現実は、今ここで起きている事実のことです。



だから常に再現性を求めてる人は、アタマの中にデータや仮設を立てて、現実とイメージが重なるように釣りするワケです。



それが出来てる人が、毎回釣るってことですね〜



大事なのが、アタマの中にイメージ出来ているか、状況判断の中でイメージが切り替わっているか



これです。



上手くなりたかったら、バスプロの解説や釣れる秘訣をこと細かく聞いて、アタマの中でイメージを作って、現実と重ねるテストをひたすら繰り返すと




たくさん釣れるようになります!!



釣りに限らず、全ての物事に共通することですね。


プロの真似をするのは、何も道具や行動だけじゃないんです。



『考え方』と『イメージ力』



これが理解できると、道具や行動の本当の意味が分かるようになりますょ!