月別アーカイブ / 2017年02月

僕の地元佐賀県は田園風景広がる
ハイパー田舎です(о´∀`о)


ここ最近はYouTubeの人気で佐賀の知名度はかなり上がってきてますね



そのおかげなのか
『佐賀の釣れるところ教えて下さい!』
『クリークで釣りしたいんですけど、どこが釣れますか!?』



っと質問を受けることが多くなりました




しかし
逆にこっちが知りてぇわ!!ってのが正直な感想です。





ずっと佐賀に住んでるのでクリークってあんまり魅力感じないんです。



ごめんなさい:(;゙゚'ω゚'):



以前、めちゃくちゃ釣れていた場所は人が多くなって釣り出来なくなったり

あとはスレた。。笑笑



タフった状況でも釣ってくる人は釣ってきます
僕もタイミングが良かったり、人がやらない釣りをやって釣れてることがあるだけで






再現性が無いってのが正直な所です



言えることはただ一つ
そのフィールドのことをよく知ってる人が釣れるってだけで、どこが釣れるかどうかは本当は分からない



僕からしたら釣れる場所でも、他の人がやったら釣れないってことがよくありますね



この前は四国のスーパー高校生と話しをしていて、彼も同じような回答でした



人に釣らせる時ってのは、相手も同じ釣りをしてくれなきゃ教えようが無いんです



場所を教えてもみんな自分の釣りをやりたいから、釣れ方も全く違ってきますよね!



だからある程度のことは言えても後はあなた次第ですってのがドンピシャな回答かなと思ってます


釣りを知ってる人はどこに居ても釣ってくる!!


具体的なことは今度書きますが



いつも同じような場所で同じような釣りをしてる人はだいたい釣れます



ただ、限定的です
その場所以外ではほぼほぼ運。


めちゃくちゃ釣るなぁ〜って常に感じるカリスマ大学生は



様々な場所で、様々な釣りをするってのがあります



そんな人はたくさんいると思うんですが、他の人とカリスマ大学生の決定的に違うのは




どんな人に出会ってるか?
ってのがめちゃくちゃ大きな要因になってます



釣りに限定せず、仕事もスポーツも共通してることです




何をするのか?
では無く
誰と出会うのか!!


だから僕はガイドって素晴らしい仕組みだなぁと以前ブログで紹介しました




四国のスーパー高校生はバス釣り界の神様に影響を受け、実際に琵琶湖で釣りをしてから釣りの考え方・感じ方が人とは全く違うんです



これ以上書いてくと超大作になるのでこの辺にしますが笑笑




釣りが上手くなりたかったら
積極的に人に会うこと
しかも、
釣りが上手い人だけでは無く
自分が影響受けた人に!!


続きはまた今度♬


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2431.JPG



ガラガラの新幹線に乗って名古屋に出撃しました笑笑



これはちょっと寂しい




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2458.JPG



会場に到着すると。。。
人多っ💦
太宰府天満宮の初詣と変わらんくらいの人の多さ



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2459.JPG
写真はイメージです。




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2439.JPG



並木さんと村上さんのトークショー
僕にはにしか見えなかった。。。


並木さんと急接近したときにビビって話しかけられなかったのはここだけの話し:(;゙゚'ω゚'):



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2442.JPG


shimanoブース
Bantamトークショーではスーパーマンが三人います



イヨケンさんみっけ(о´∀`о)



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2444.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2438.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2437.JPG



Facebookで繋がってる人もちらほら


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2455.JPG



久々に会った方もいれば
初めましての方もいたんですが


初めての感じがしない。。。

これがインターネットの力なんですね



人と人とが繋がっていく
人と商品が繋がっていく
人と思いやりが繋がっていく


いい人いっぱい(o^^o)



スーパー高校生に案内してもらいながら、各ブースで商品を見回ってたんですが



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2446.JPG



やっぱ会いたい人に会っていこう!!
ってことで、プロの方にお話しを聞いていくことに♬


釣りが上手いとか
高成績を残しているとか


そんなんじゃなく



【人間力】の高い人が活躍している


その事実を確認してくと、バスプロがなんでカッコいいか分かってきます


だから物を見るより、人にフォーカスした方が釣りの楽しさが違ってきます



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2449.JPG


エネルギーに溢れ、会えばみんなが元気になっていく


バス釣りというジャンルを超えて


人と人とが繋がっていく


【人間力】がある人は環境を創ります
人々に影響を与え、人を変えていくエネルギーがあります


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2440.JPG


与える者は与えられる


自分に矢印が向けば、周囲にどんな価値があるのか全く気づけないけど


他者のために自分が出来ること【使命】を果たしていけば、世の中はどんどん良くなっていきます



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2447.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2456.JPG



そんな【在り方】を築いていける人になりたいですね(^^)



バスプロにはバスプロの在り方が存在します



僕らが認識しているバスプロと実際に会って得たバスプロの認識は大きく変わっているでしょう


それを受け取ったときに


バス釣りがめちゃくちゃ好きになりませんか??



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2453.JPG



価値を受け取り、価値を共有する


それがシェアの力だと思います


プロの方に会えたことで価値を受け取り


同じファンの人と共有すること


それが出来たのがキープキャストでした(o^^o)


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2460.JPG



さて、電車遅れまくりでやっと佐賀に到着しました💦


今から勉強会です(;´Д`A



頑張ろ!

この記事は僕が運用しているLINE@の内容です(о´∀`о)



こんなこと書いてますょシリーズ




LINE@ YUME LABO



EO90teqvUK.JPG





【進化論】


夢を叶える思考レシピ♬

結構、濃い〜中身をお届けしてます(o^^o)

今回はポケモンから学ぶ進化について考えていきます

人もゲームも共通していて、経験値があれば、進化もあります

ではスタートします♬

僕らをヒトカゲとします

オーキド博士から貰ったヒトカゲのレベルは5

まだ『ひっかく』『なきごえ』しか覚えていません

トレーナーが草むらに行き、コラッタやポッポを倒して行くと

【経験値】が貰えます
そしてひのこ(スキル)を身につけていきます

闘わずしてレベルを上げる方法はふしぎのアメくらいですよね

ほとんどがバトル(闘い)できるフィールドに行き
ポケモンに出会う、またはトレーナー(ライバル)と出会いバトルをすることで経験値を貰います

経験とはフィールドに出向き(行動)
バトルをすること(体験)で得ることが出来ます

そして一定のレベル(Lv.16)になるとヒトカゲはリザードに進化します

僕ら人も【成長】という名の進化をするんです

リザードンになりたいと願っているヒトカゲも経験値を積み、たくさんの技を覚えて行く中でレベルを上げ

一定の条件化で【進化】します

このポケモンの世界にバトルも無ければ、ライバルもいないとしたら

果たしてリザードンになれるでしょうか?

人は成長する生き物です
言い方を変えれば
【成長したがってる生き物】
なんです

身長も伸びるし、筋肉もつくし、知識も増えれば、感情も動く

その中で常に成長しています

僕らに不満がある世界なのであれば、それはその世界が窮屈になっているのかも知れません

それは本当の自分からのメッセージなのです

【進化】するタイミングもポケモンと同じで、経験を積みレベルを上げて一定の条件をクリアしています

不満が解消されないのであれば

あなたは【進化】するタイミングで必ず『Bボタン』を押しているのでしょう

『Bボタン』は進化キャンセルです

それを無意識に押していることで、窮屈さを感じ

進化したくても進化出来ない本当の自分から

『もう進化しようよ〜』

っと不満というメッセージに変えて伝えてくれているんです

僕らにとっての『Bボタン』とは一体何なのでしょうか

『・・・・。』

それは中々気づくことは出来ません

自分の姿とは自分では見れないからです

では、ポケモンは常に誰と過ごすでしょうか?

もちろん【トレーナー】ですよね

僕らが成長していくには欠かせないのが、実はトレーナーの存在なんです

トレーナーが優秀であればあるほどに進化までの時間っというのは最適化されます

今、不満の在り方に悩んでいるのならそれは

『あなた1人の力でやろうとしているから』です

それに気づいた時、僕らはトレーナーを探しに行くでしょう

レベル5では危うくキャタピーに負けるかもしれないからです

あなたというヒトカゲが傷を追ったとき、ポケモンセンターに連れていくトレーナーが必要なのです

さぁ〜トレーナーを探しましょう

そして【進化】した自分を想像しましょう

そうすればあなたの未来や今は大きな変化を迎えるでしょう(o^^o)

ポケモンも奥が深いですね✨

以上。




この内容は前回分の【行動】について、もう少し分かりやすい視点でお送りしてます



その前は【行動】と【衝動】について



行動出来ない人の思考や感情の仕組みについてお送りしました



何かを達成するには必ず必要になってくる考え方



何をやるかより、自分をマネージするのが一番難しいんです



それらを達成していくと、今までの自分とは違う【進化した自分の姿】がそこにはあるんじゃないでしょうか♬


毎日が勉強ですね(o^^o)

↑このページのトップへ