月別アーカイブ / 2017年01月

面白い記事を発見しましたのでご紹介します



舞台は大分県日指ダム

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2278.JPG

大分農業文化公園

大分県杵築市山香町の山中に位置します自然豊かな施設

遊具、サイクリング、あひるボート、イベントなど

休日は家族連れで賑わう場所で大変人気があります




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2282.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2284.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2285.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2286.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2287.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2288.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2281.JPG



大分の伝統的な農業を気軽に体験でき、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで



自然に触れ合い、豊かな環境の中で思い出に残るひと時を体験することができます




そしてここは九州随一のメジャーフィールド



ここ最近は数多くのプロアングラーが取材に来てましたね〜
キムケンさん、イヨケンさん、水野さん、ウッチーさん、五十嵐さん、秦さん、村上さんなど


DVDにもなってるフィールドなんです(´;Д;`)


そしてそして、九州陸釣りチャンピオンシップの舞台でもある日指ダム



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2276.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2277.JPG
過去の栄光!!(笑)



僕も過去に3回出場し、マグレの入賞を果たしました(*´∀`*)



が、その時に運を使い果たしたようで、、、
行くたびに、厳しい釣果となってしまいます。







真冬の雪がチラつく極寒の中
カリスマロコアングラーが挑む!!
季節は1月上旬



登場人物はコチラ



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2274.JPG

大分と言えば彼です(*´∀`*)

晩秋の日指ダム〜メガロドーン炸裂〜


年々難しくなっているように感じるこのフィールド



バスは回遊傾向が強く一時期は遠投スタイルで釣っていくのが一つのパターンでした



急なブレイク、段々状になった地形、沖には無数の立木など



目に見えないストラクチャーを探る楽しさがこのフィールドにはあります



彼が今回チョイスしているのが



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2289.JPG

ジャッカル リレンジ130SP
JB TOP50 ジャッカルスタッフ”早野プロ”監修のジャークベイト

アクションはハイピッチロール
キレのいいダートアクションと、食わせの間をしっかり演出できる とのことです




この日は爆風!!
構造上しっかりと遠投出来る優れ物




lEi5BKC1Lf.jpg



ここは堰堤と呼ばれるポイント
通称根がかり地獄。
集中切らしたら最期。。。ガッツリやられます

足場は石積みの堰となっていて、フィーディングのバスがふら〜っとやってくるのが特徴なんですが、、、


簡単じゃねぇ〜


彼言わく日指ダム攻略のキーとして
風を読むことだそうです
鳥人間かと言わせんばかりに彼の頭の中では風を読むことで魚の状態をイメージしているとのこと



この日は読む必要の無いくらいの爆風。。。
僕なら心折れます



12月頃はゆっくり巻く物に反応がよくスコーンリグを多用していたそうです



スコーンリグもレンジが分からないっという難問があります(;´Д`A 
以前、寒い時期にドライブシャッドで連発してたのが彼です
頭おかしい!くらい釣ってきます



そして



5fZji5ccYf.jpg



雄叫び(笑)
この日は九州地方では寒波到来っということで一気に冷え込んだタイミングでもありました



そんな日なのに?
そんな日だから!こそ釣りに行く精神は流石としか言いようがありません




あの日指でこの寒い中釣ってくるというのは彼の努力と感性の賜物でしょう




Zr8Mi7NyDa.jpg


そして、もう1人奥に写っている彼
春から北九州ロッドマンでスタッフとして活躍するそうです(^^)



この動画では彼のヒットシーンもありますょ




それではYouTubeをご覧ください✨

フィッシングショーで盛り上がり、各メディアで様々な発信をされてますね✨



僕も毎日色んな記事をチェックしてました(笑)



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2250.JPG


・2017年新作ルアー
・遂にお披露目!あの商品の全貌が明らかに
・各メーカー新しい試み
・ここでしか見ることが出来ない新作ロッドが公開

などなど



まさかのクローラーベイト!!!


フィッシングショーに参加出来なかった人も、参加した気持ちになれるような発信が多く



誰でも簡単に新しい情報をゲット出来るようになりました‼️‼️




中にはYouTubeを使い、生の臨場感を配信したり







SNSと連動したくさんの人がシェアを行なっています(^^)




これらを通して全てが
インターネット配信であることが分かります❗️



目的としてはインターネットを使って【情報を届ける】ことです





情報とはその物の詳細だけではなく
その商品を受け取ったらどんな影響があるだろうかを連想させることです




このルアーをあの場所で使ったら釣れるかもしれないなぁ〜♬
早く発売されないかなぁ〜♬♬
その情報を仲間に教えよう‼️
など

あたかもそのルアーを使っている自分の未来を想像させていること🎈

目の前に無いのに、それが在るように感じるさせてくれる



つまり欲しい!!という感情を多く動かされたということがポイントになります




R5MpqQmlSe.jpg




それがシェアを呼び口コミで拡散され、たくさんの釣り人に
『商品の詳細』
を知れるようになったのです


まだ発売されていないのに知ってるんです← 買わないと分からないコトを既に知ってるってことです( ´∀`)



また、情報にはシェアは付き物で
シェアしたくなる情報しか読まれていません(;´Д`A

(元を辿ればシェアしたくなる商品しか情報発信はされません)



シェアしたくなる情報とは??



動画、写真、記事、インタビュー、などを使った鮮やかな情報ですよね✨
買いたくなるようなワクワクさせる商品がたくさん載っている物です♬



何故それをシェアしたくなるかと言うと
分かりやすいから!!
です╰(*´︶`*)╯♡


動画を例にするとルアーの動きは言葉で表すより、映像の方が分かりやすいですよね



映像で分かりにくい部分は図で表してくれると分かりやすいですよね



誰だか分からない人に紹介してもらうより、有名人に紹介してもらったほうが分かりやすいですよね








またその情報をプロの方がSNS上でプチ解説をし、情報がバージョンアップして拡散されている分けです♪



そして
情報が一人歩きをし、どんどん成長していく。🌱



成長した情報というのは、必ず作り手の元に帰ってきますよね




それが売り上げに繋がるんです💰



5IdtbDDbAo.jpg



売れる商品とは、ルアーの性能やら品質やらだけが、強く関連している分けでは無いということです
(もしかしたらそこまで関係ないのかも。)




言い返れば、購入者の心を動かさない商品は誰も買わないということですm(__)m




最近、流行ってるからといってYouTubeを配信しても、中身がスカスカなら観る価値も無いですよね?



売れる商品を理解している人というのは
情報を理解している人です!



YouTubeを活用することも、活用の仕方をきちんと知っていますし
活用するとどんな影響があるのかも知っているんです



とりあえず撮影し、YouTubeにアップするのはただの絵日記になってしまいますよね。。。




情報を理解している人というのは
情報を正しく認識し、正しく処理できる人のことを指します✨
情報をマネージしきちんと発信している人でもあります✨✨




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2253.JPG



世の中は全て【情報】で出来ています



心から相手に伝えたい、シェアしたいと思えるかどうか
(相手の欲求や悩みにフォーカスを当てられているか)



情報を正しく理解すれば、どんな物であっても売れる商品にできるということです← そんなスゲぇことやれる人もいるんです



それが一番の難関でもあるんですが(´;Д;`)



ただそれに着手すれば売りたい商品を、自由に売ることが出来ます👽



世の中にはそんな宇宙人レベルな方が存在してるんですよね(;´Д`A



そんな自分になれたら可能性が広がると思いませんか??



以上!!売れる商品とは?でしたm(__)m








前回の質問に対する考え方を自分の解釈を通して、もう少し踏み込んでみようかなと思います



僕はスポーツ指導を通してコーチングというのを意識するようになりました



コーチというのは指導者です
間違えやすいのは先生とは少し異なる所です



先生 →  teaching (教育)
指示や助言によって相手に答えを与えること

コーチ →  coaching (指導)
相手から答えを引き出し、自己解決を支持すること

そんなニュアンスで僕は解釈しています



質問者の背景(コンテクスト)を質問から読み解くと、ほとんどの場合 teaching によって教育を受けてきたため




答えを与えられるのを待つ
っというのが見えてきます
言い方を変えるとteachingというのは、相手をそういう思考にさせるとも言えます




これは世代関係なくみんなそういった機械性を持っています



若者に偏ってるという印象をお持ちの方が多いと思いますが、実はそうでは無いようです




社会に出ると【自分で考えよう】という指導を多用されると思いますが

その【自分で考えよう】という相手への伝え方も細分化して考えてみます




人に理解してもらうための自分の伝え方・考え方を知らずに相手に指導をすると

必ず自己責任や精神論を問うようになるのです





知識を与えること というのは、すでに人の力は必要無くなってる
今の時代となっているのではないでしょうか?




インターネットを使えば世の中の必要な情報というのは、ほとんど手に入るからです
僕のcoachingもネットや本などを通して学んできました




今、必要になっているのは
知識を身につけることではなく
技術を覚えることだけではなく
精神論を厳しく訴えるわけでもなく




得た知識・技術・精神力をどう使うのか?


っということが重要になってきます
目的が無いと人は原因を探します
出来ない理由を並べてしまうのです




よく目にするビジネスマンの投稿で

結局、最後は本人のやる気が一番大切で自分の人生を変えたいと思うなら行動に移すべきです


すると

【まず何をやったらいいのか分からない】
 
という人が多く現れます



この文章はかなり多くの方が投稿される内容ですが原因を追求してるようにも見えますし




重要なことが【行動】であるにも関わらず、その行動の意図する表現がかなり薄いように感じます




この表現の仕方をすると抵抗する人を大量生産することになるのではないか?




・自分が表現してるのに周りは耳を貸さない
・説明してるのに行動に移さない
・〇〇すべきなのに全く変わらない




相手には理解力がないんだ。
っと独り遊びに没頭することになります




結局、最期。という解釈も
やる気が大切。という解釈も
行動に移すべき。という解釈も
have to 〜... になっているんです




人が行動する理由として好奇心】 want to 〜...が重要となるのではないか?



〇〇したい などのように可能性に触れ、それを手にした先のゴールを設定すること





他人の意識を変えることは出来ません
ですが人の意識は変わるものでもあります




意識を変える
とは、本人にしか出来ないことであって指導する側は



意識が変わるお手伝いをすること
それしか本当は出来ないのです




答えを与える在り方でいれば、意識を変わらなくするトレーニングにもなるかも知れません



相手に行動を起こして欲しい
そう願うのであれば、相手を変える言葉に支配されるのではなく、未来を創造することに意味があると思っています




今何をやるのか
今何が起きているのか
今何が必要なのか
今何が欲しいのか



必要なのはWHYではなく
【WHAT】であること


WHY は なぜ です
これは過去を遡り様々な原因を無限に集めることになるでしょう



それらは今を判断するための材料であって、今を解決させる全てではないのです




・目的を達成させるために、妨げられていることをピックアッする
・実現可能性な小さなステップを踏み出しこと



他人の行動や思考をストップさせてしまうのは、伝える側の発信によって結果が紐付けられる
そういう【因果】も存在しています




やはり伝え方が重要になるんです
人には解釈のシステムがあるということを念頭に置くことがポイントになり、イメージさせるのはどんな世界なのか



悪いイメージに導くのも
良いイメージに導くのも
全てはcoaching次第なのです



世の中はどちらのイメージも存在しています
それをどんな解釈をし、背景を捉えるとはどういう事なのか




方法を提示し、相手に発見してもらう




teaching も coaching も目的は人が育つお手伝いをすること



その人が自分で解決し、他人に影響をもたらす存在であることを指導すれば社会は素晴らしいことで溢れていると、また学べるのではないでしょうか

↑このページのトップへ